That's Movie Talk!     4034 Movies

ベロニカとの記憶 The Sense of an Ending (2017) 3.82/5 (33)

  •  
  • 10
  • 2
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2011年に発表された、ジュリアン・バーンズの小説”The Sense of an Ending”を基に製作された作品。
学生時代の初恋の女性の母親の遺品である親友の日記を受け取ることになった男性の複雑な心境と過去を描く、監督リテーシュ・バトラ、主演ジム・ブロードベントシャーロット・ランプリングハリエット・ウォルタービリー・ハウルフレイア・メイヴァージョー・アルウィンエミリー・モーティマーマシュー・グッド他共演のミステリー・ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:リテーシュ・バトラ
製作
デヴィッド・M・トンプソン
エド・ルービン
製作総指揮
ベン・ブラウニング
アーロン・ライダー
グレン・バスナー
ミラン・ポペルカ
ノーマン・メリー
クリスティーン・ランガン
エド・ウェザレッド
原作:ジュリアン・バーンズThe Sense of an Ending
脚本:ニック・ペイン
撮影:クリストファー・ロス
編集:ジョン・F・ライオンズ
音楽:マックス・リヒター

出演
アンソニー”トニー”ウェブスター:ジム・ブロードベント
アンソニー”トニー”ウェブスター(若年期):ビリー・ハウル
ベロニカ・フォード:シャーロット・ランプリング
ベロニカ・フォード(若年期):フレイア・メイヴァー
マーガレット・ウェブスター:ハリエット・ウォルター
セーラ・フォード:エミリー・モーティマー
スージー・ウェブスター:ミシェル・ドッカリー
エイドリアン・フィンSr.:ジョー・アルウィン
エイドリアン・フィンJr.:アンドリュー・バックリー
コリン・シンプソン:ピーター・ライト
コリン・シンプソン(若年期):ジャック・ロクストン
アレックス・スチュワート: ヒルトン・マクレー
アレックス・スチュワート(若年期):ティモシー・アイネス
ジョー・ハント:マシュー・グッド
ジャック・フォード:エドワード・ホルクロフト
デヴィッド・フォード:ジェームズ・ウィルビー

イギリス/アメリカ 映画
配給
CBS Films
Lionsgate Films
StudioCanal
2017年製作 108分
公開
イギリス:2017年4月14日
北米:2017年3月10日
日本:2018年1月20日
北米興行収入 $1,274,400
世界 $4,842,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
アンソニー”トニー”ウェブスター(ジム・ブロードベント)は、”ライカ”の中古カメラ店を経営する年金生活者だった。

ある朝、家を出る際に郵便配達人のダニーから手紙を受け取ったトニーは、店に向かい仕事を始める。

ランチの際、脚を怪我している元妻マーガレット(ハリエット・ウォルター)からの電話を受けたトニーは、シングルマザーとして出産しようとする娘スージー(ミシェル・ドッカリー)の妊婦教室の付き添いを代わってほしいと言われる。

朝受け取った手紙のことを気にしながら、車でスージーを迎えに行ったトニーは妊婦教室に向かい、参加者と交流して楽しむ。

スージーを家に送ったトニーは、プレゼントがあると言われて車で待ち、法律事務所から届いた手紙を確認する。

手紙の内容を見て動揺するトニーは、スージーから”iPhone”を受け取る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン
ライカ”の中古カメラ店を経営する年金生活者のアンソニー”トニー”ウェブスターは、弁護士事務からの手紙を受け取る。
学生時代の初恋の人ベロニカの母セーラが亡くなったことを知ったトニーは、彼女が自分に遺した日記を受け取ることになる。
様々なことを思い出したトニーは、その日記が自殺した親友エイドリアンのものだと知り、引き渡しを拒むベロニカに連絡して会うことを考えるのだが・・・。
__________

ブッカー賞”を受賞したジュリアン・バーンズの小説”The Sense of an Ending”の映画化。

学生時代の初恋の女性の母親の遺品である親友の日記を受け取ることになり、困惑しながら過去を思い出す男性の複雑な心境を描くドラマ。

年金生活者が、ある出来事をきっかけに過去を想いながら過ごす日々を描く人間ドラマと思いきや、複雑な人間関係などが絡むミステリー・タッチで展開する内容に引き込まれる。

自殺した親友の日記を、彼と付き合っていた恋人の母親が主人公に遺品として遺していることを知る観客は戸惑うだろう。
過去の回想と、主人公が直面する事態と共にその真実が解明され、一連の騒動により、離れ離れになっていた家族の気持ちが一つになるという、心地よい雰囲気で終わるラストもなかなかよろしい。

やや偏屈にも思える年金生活者の老人を、実力派らしく実に自然に演ずる主演のジム・ブロードベントと、過去を背負って生きた女性をクールに演ずるシャーロット・ランプリングの深い演技は注目だ。

主人公の学生時代を演ずるビリー・ハウル、ヒロインの若年期フレイア・メイヴァー、彼女と付き合うようになるものの自殺する主人公の親友ジョー・アルウィン、その息子アンドリュー・バックリー、主人公の妻をいい雰囲気で演ずるハリエット・ウォルター、主人公の親友ピーター・ライト、その若年期ジャック・ロクストン、同じくヒルトン・マクレー、その若年期ティモシー・アイネス、ヒロインの母親エミリー・モーティマー、主人公の娘ミシェル・ドッカリー、歴史の教師マシュー・グッド、ヒロインの兄エドワード・ホルクロフト、その父親ジェームズ・ウィルビーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up