4907 Movies

かもめ The Seagull (2018)

1896年に発表された、アントン・チェーホフの戯曲”かもめ”を基に製作された作品。
監督マイケル・メイヤー、主演アネット・ベニングシアーシャ・ローナンコリー・ストールエリザベス・モスメア・ウィニンガムジョン・テニーグレン・フレシュラー他共演のドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ

シアーシャ・ローナン / Saoirse Ronan / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マイケル・メイヤー
製作
ジェイ・フランク
デヴィッド・ヘロー
トム・ハルス
ロバート・サレルノ
レスリー・アーダング
原作:アントン・チェーホフかもめ
脚本:スティーヴン・カラム
撮影:マシュー・J・ロイド
編集:アネット・デイヴィー
音楽
ニコ・マーリー
アントン・サンコー

出演
イリーナ・アルカディナ:アネット・ベニング
ニーナ・ザレチナヤ:シアーシャ・ローナン
ボリス・トリゴリン:コリー・ストール
マーシャ:エリザベス・モス
ポリーナ:メア・ウィニンガム
セルゲイヴィッチ・ドールン医師:ジョン・テニー
シャムラーエフ:グレン・フレシュラー
ミハイル・メドヴェジェンコ:マイケル・ゼゲン
コンスタンチン・トレプリョフ:ビリー・ハウル
ピョートル・ニコラエヴィッチ・ソーリン:ブライアン・デネヒー

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ クラシックス
2018年製作 98分
公開
北米:2018年5月11日
日本:未公開
北米興行収入 $1,252,960
世界 $1,820,461


ストーリー
1904年、ロシアモスクワ
ベテラン女優イリーナ・アルカディナ(アネット・ベニング)は、兄ピョートル・ニコラエヴィッチ・ソーリン(ブライアン・デネヒー)の健康悪化を知らされる。
イリーナは、愛人で人気作家のボリス・トリゴリン(コリー・ストール)と共に湖畔のソーリンの屋敷に向かう。
屋敷の管理人シャムラーエフ(グレン・フレシュラー)、妻ポリーナ(マーレ・ウィニンガム)、2人の娘マーシャ(エリザベス・モス)に迎えられたアルカディナは、ソーリンの状態が落ち着いていることを知り安心する。
イリーナの息子で作家志望だったコンスタンチン・トレプリョフ(ビリー・ハウル)は、作品が雑誌に掲載され注目されていた。
コンスタンチンは、かつての恋人ニーナ・ザレチナヤ(シアーシャ・ローナン)が現れたことに気づく・・・。
2年前の夏、イリーナは、ボリスと共に湖畔の屋敷を訪れていた。
作家志望のコンスタンチンは、隣りの領地に住む恋人ニーナを主役にした芝居の準備をしていた。
貧しい教師のミハイル・メドヴェジェンコ(マイケル・ゼゲン)は、惹かれているマーシャに毎日のように会いに来るものの、彼女に相手にされなかった。
その夜、森の中に設置された舞台で芝居が始まり、コンスタンチンの創作が理解できないアルカディナは、その内容を揶揄する。
激怒したコンスタンチンは芝居を中断し、姿を消してしまう。
一方、ニーナの演技は称賛され、アルカディナは、都会に出て舞台に立つことを彼女に勧める。
有名な作家である魅力的なボリスと話をしたニーナは、彼に惹かれてしまう。
コンスタンチンを見つけたソーリンの主治医セルゲイヴィッチ・ドールン医師(ジョン・テニー)は、心に響くものを感じた芝居だったと言って、才能を活かして続けるべきだと助言して彼を励ます。
そこにマーシャが現れるが、コンスタンチンは、自分の力になりたいという彼女を迷惑に思いその場を去る。
動揺するマーシャの話を聞いたドールンは、彼女がコンスタンチンに惹かれていることを知る・・・。


解説 評価 感想

劇作家アントン・チェーホフの代表作”かもめ”を基に、舞台監督しても知られるマイケル・メイヤーが監督し、アネット・ベニングシアーシャ・ローナンコリー・ストールエリザベス・モスメア・ウィニンガムジョン・テニーグレン・フレシュラーなどが共演した作品。

原作の第4幕から始まり、第1幕の湖畔の領地での避暑に戻り、終盤で再び2年後の第4幕が描かれる構成となっている。

内容的には他の舞台化などと同じような展開で進行するが、実力派スターの共演は注目であり、アネット・ベニングシアーシャ・ローナンエリザベス・モスの演技は特に素晴らしい。

オリジナリティを追及する必要はないとは思うが、上記のように、新たな発想に欠ける内容自体は評価は低かった。

有名女優イリーナ・アルカディナを変幻自在に演ずるアネット・ベニング、女優として夢を抱くものの、厳しい現実を知るニーナ・ザレチナヤのシアーシャ・ローナン、彼女と惹かれ合い関係を持つ、アルカディナの愛人せある人気作家ボリス・トリゴリンノのコリー・ストール、湖畔の屋敷の管理人の娘マーシャのエリザベス・モス、その母ポリーナのメア・ウィニンガム、その夫シャムラーエフのグレン・フレシュラー、シャムラエフの妻、アルカディナの兄ピョートル・ニコラエヴィッチ・ソーリンのブライアン・デネヒー、その主治医セルゲイヴィッチ・ドールンのジョン・テニー、マーシャに惹かれる教師ミハイル・メドヴェジェンコのマイケル・ゼゲン、アルカディナの息子コンスタンチン・トレプリョフのビリー・ハウルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022