4234 Movies

恋のページェント The Scarlet Empress (1934)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

18世紀のロシア皇帝として啓蒙専制君主の代表的女帝となり、領土を拡大した伝説的な存在の、エカチェリーナ2世の日記をマヌエル・コムロフが脚色した作品。
プロイセンの領邦君主の娘ゾフィー・アウグスタ・フレデリーケが、後のロシア皇帝である皇太子時代のピョートル3世に嫁ぎ、クーデターを起して夫を廃帝させて、女帝エカチェリーナ2世となるまでを描く、監督、編集ジョセフ・フォン・スタンバーグ、主演マレーネ・ディートリッヒジョン・ロッジサム・ジャッフェルイーズ・ドレッサーC・オーブリー・スミス共演による歴史ドラマの秀作。


ドラマ

マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督/製作:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
製作総指揮:エマヌエル・コーエン

原作
エカチェリーナ2世(日記)
マヌエル・コムロフ(日記の編集)
脚本:マヌエル・コムロフ

撮影:バート・グレノン
編集
ジョセフ・フォン・スタンバーグ

サム・ウィンストン
音楽:W・フランク・ハーリング

出演
ゾフィー・アウグスタ・フレデリーケ/エカチェリーナ2世マレーネ・ディートリッヒ

アレクセイ伯爵:ジョン・ロッジ
ピョートル3世サム・ジャッフェ
エリザヴェータルイーズ・ドレッサー
クリスティアン・アウグストC・オーブリー・スミス
ヨハンナ・エリーザベトオリーヴ・テル
グリゴリー・オルロフギャヴィン・ゴードン
カーデル:ジェーン・ダーウェル

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1934年製作 105分
公開
北米:1934年9月15日
日本:1935年5月
製作費 $900,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
18世紀、プロイセン
小領邦君主のクリスティアン・アウグスト(C・オーブリー・スミス)と妻ヨハンナ・エリーザベト(オリーヴ・テル)の間に、娘ゾフィー・アウグスタ・フレデリーケがいた。

ゾフィー(マレーネ・ディートリッヒ)は、母ヨハンナに王室に嫁ぐよう育てられ、美しく成長する。

そんなゾフィーは、ロシア皇帝の継承権を持つ、皇太子ピョートルの妻として迎えられることになる。

やがて、ロシアから使節が到着し、ゾフィーは、近衛長官アレクセイ伯爵(ジョン・ロッジ)と対面する。

アレクセイはゾフィーの美しさに驚き、彼女は、皇太子の容姿をまず気にして、全てが完璧なことを知らされて安心する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
18世紀、プロイセン
小領邦君主の娘ゾフィー・アウグスタ・フレデリーケは、王家に嫁ぐよう教育され、美しく成長する。
やがてゾフィーは、ロシア皇帝の継承者、皇太子ピョートルの妻として迎えられることになる。
ロシア皇帝の使者で、近衛長官のアレクセイと共に、サンクトペテルブルグに着いたゾフィーは、女帝エリザヴェータに迎えられる。
希望を胸に、完璧な容姿で、人々の憧れでもある言われたピョートルと対面したゾフィーは、彼が、理想とかけ離れた人物だと知りショックを受ける。
エリザヴェータには、何を置いても男子の世継ぎを産むよう強要され、結婚式を終えたゾフィーは、無能なピョートルとの空虚な時間も忘れ、宮廷内の生活を楽しむ。
さらにゾフィーは、当初から気になる存在であったアレクセイに言い寄られ、それを受け入れようともするのだが・・・。
__________

名コンビとなったジョセフ・フォン・スタンバーグマレーネ・ディートリッヒが組んだ快心作。

王家に嫁ぐための、英才教育を受けた少女の恋心や、陰謀渦巻くロシア皇帝周辺の秘話など、時にユーモアも交え、絢爛豪華な映像美に加えた、クライマックスに向けてのスタンバーグの力強い演出も光る見応えある作品。

10代半ばのあどけなさが残る少女から、終盤は魔性の女のように変貌する、様々な美しさを表現して楽しませてくれる、30代前半にして、既に貫禄の粋に達している、マレーネ・ディートリッヒの変幻自在の演技は見ものだ。

個人的に注目したのは、温厚な学者や賢者役の似あうサム・ジャッフェが、ピョートル3世を滑稽に演じ、40歳過ぎにしてスクリーン・デビューしていることだ。

ピョートル3世が、無能な人物だったというのは、エカチェリーナ2世側の策略だったという意見が多い。

主人公を誘惑する近衛長官ジョン・ロッジ、女帝エリザヴェータルイーズ・ドレッサー、主人公の両親クリスティアン・アウグストC・オーブリー・スミスヨハンナ・エリーザベトオリーヴ・テル、兵舎隊長グリゴリー・オルロフギャヴィン・ゴードン、そしてジェーン・ダーウェルが、主人公の看護師兼乳母役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020