4233 Movies

ラム・ダイアリー The Rum Diary (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1998年に発表された、アメリカ人ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説”The Rum Diary”を基に製作された作品。
プエルトリコに渡った作家が、地元民の考えを無視して開発計画を進める、アメリカ人の私利私欲のための謀略を知りジャーナリスト精神でそれに対抗しようとする姿を描く、ジョニー・デップ製作、主演のコメディ・ドラマ。
出演アンバー・ハードアーロン・エッカートマイケル・リスポリリチャード・ジェンキンスジョヴァンニ・リビシ他、監督、脚本ブルース・ロビンソン


ドラマ(コメディ)

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ブルース・ロビンソン
製作総指揮
パトリック・マコーミック

ジョージ・トビアJr.
ウィリアム・シヴリー
A・J・ディックス
グレッグ・シャピロ
コリン・ヴェインズ
製作
グレアム・キング

ジョニー・デップ
アンソニー・ルーエン
クリスティ・デンブロウスキー
ロバート・クラヴィス
ティム・ヘディントン
原作:ハンター・S・トンプソンThe Rum Diary
脚本:ブルース・ロビンソン

撮影:ダリウス・ウォルスキー
編集:キャロル・リトルトン
音楽:クリストファー・ヤング

出演
ポール・ケンプ:ジョニー・デップ

シュノー:アンバー・ハード
ハル・サンダーソン:アーロン・エッカート
ボブ・サーラ:マイケル・リスポリ
エドワード・J・ロッターマン:リチャード・ジェンキンス
モバーグ:ジョヴァンニ・リビシ
セグーラ:アマウリー・ノラスコ
アート・ジンバーガー:ビル・スミトロヴィッチ
ジンバーガー夫人:カレン・オースティン
ウルズリー:ジュリアン・ホロウェイ
クライヴ・ドノヴァン:マーシャル・ベル
ヒューバート:ハイメ”ジミー”ナヴァロ
ウェイトレス – サーシャ・マーセド

アメリカ 映画
配給 フィルム・ディストリクト

2011年製作 120分
公開
北米:2011年10月28日
日本:2012年6月30日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $13,100,040
世界 $23,947,540


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1960年、プエルトリコサンフアン
アメリカ人作家のポール・ケンプ(ジョニー・デップ)は、地元紙”サンフアン・スター”に向かい、カメラマンのボブ・サーラ(マイケル・リスポリ)に歓迎される。

気難しい編集長エドワード・J・ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)と対面したケンプは一応採用され、サーラと夜の街に向かう。

売れない作家のケンプは、食べて行くために記者になることを考え、この地にやって来たのだった。

しかしケンプは、自社が長くはもたないことをサーラから知らされる。

その後ケンプは、その場に現れた変わり者の記者モバーグ(ジョヴァンニ・リビシ)は、避けた方がいいとも言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

原作執筆は1961年だったが、1998年まで発刊されなかった。

*(簡略ストー リー)
1960年、プエルトリコサンフアン
アメリカ人作家ポール・ケンプは、地元新聞社”サンフアン・スター”の編集長ロッターマンに採用されて記者となる。
同僚サーラに歓迎されたケンプは、出会った美女シュノーに魅了され、彼女が、自分に興味を示した企業家サンダーソンの婚約者だと知る。
街の現状を取材したケンプは、私利私欲のために開発攻勢をかけるサンダーソンらの行動で、地元民が虐げられている現状を知る。
それを記事にすることを、ロッターマンに認められないケンプは、サンダーソンに開発計画に参加するよう誘われる。
気乗りしないケンプは、サンダーソンに、ある事件で借りを作ってしまい、協力せざるを得なくなってしまう。
ケンプは、シュノーに近づけることもあり、その話に乗ることになるのだが・・・。
__________

ジョニー・デップは、プライベートでも親交があったという、伝説的ジャーナリストのハンター・S・トンプソンへの想いを込めた作品として主人公を演じ、彼らしいウィットに富んだ演技を見せる。

カリブの美しい映像や、その雰囲気も満喫できる楽しい作品には仕上がっている。

自治的・未編入領域ではあるが、プエルトリコの地元民の考えを無視して、侵略者のように振舞うアメリカ人の横暴ぶりを強調し、後半は、それに立ち向かおうとする、主人公達の正義感を描くドラマとなっている。

しかし、ジャーナリスト精神を訴えるドラマなのか、ロマンスを描きたいのか、やや焦点がぶれている内容、意外なほど呆気ない幕切れに消化不良気味という感じは否めない。

個性溢れるな共演陣は実に魅力的で、悪役や美女の登場など、どこか古風な作風に好感が持てるのだが、全体的にパンチが足りない。

ジョニー・デップ作品として、興行的にも失敗に終わった。
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $13,100,040
世界 $23,947,540

親子ほど年齢差があるジョニー・デップは、共演のアンバー・ハードと交際が噂されている。

拝金主義者の企業家アーロン・エッカートの美しい婚約者アンバー・ハード、主人公の同僚でいい味を出して好演するマイケル・リスポリと、同じく怪演が見もののジョヴァンニ・リビシ、気難しい編集長リチャード・ジェンキンス、悪徳不動産業者アマウリー・ノラスコ、彼らに協力する元軍人のビル・スミトロヴィッチと妻カレン・オースティン、名優スタンリー・ホロウェイの息子で、記者仲間のジュリアン・ホロウェイマーシャル・ベル、ハイメ”ジミー”ナヴァロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020