4216 Movies

ザ・ライト The Rite (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪魔祓いを必要とする人々が増え、エクソシストの不足を懸念したことで実際に起きたバチカンの動きを基に製作された作品。
主演アンソニー・ホプキンスコリン・オドナヒューアリシー・ブラガキーラン・ハインズトビー・ジョーンズルトガー・ハウアー他共演、監督ミカエル・ハフストロームによるホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ミカエル・ハフストローム
製作総指揮:ロバート・ベルナッキ他
製作
トリップ・ヴィンソン

ボー・フリン
原作:マット・バグリオ
脚本:マイケル・ペトローニ
撮影:ベン・デイヴィス
編集
ピーター・ボイル

デヴィッド・ローゼンブルーム
音楽:アレックス・ヘッフェス

出演
ルーカス・トレヴァント神父:アンソニー・ホプキンス

マイケル・コヴァック:コリン・オドナヒュー
アンジェリーナ:アリシー・ブラガ
ザヴィエル神父:キーラン・ハインズ
マシュー神父:トビー・ジョーンズ
イシュトヴァン・コヴァック:ルトガー・ハウアー
ロザリア:マルタ・ガスティーニ
アンドリア:マリア・グラツィア・クチノッタ
エディ:クリス・マークエット

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 113分
公開
北米:2011年1月28日
日本:2011年4月9日
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $33,037,750
世界 $96,047,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
父親イシュトヴァン・コヴァック(ルトガー・ハウアー)の営む葬儀社を手伝うマイケル(コリン・オドナヒュー)は、その生活に幻滅し神学校に入学する。

4年後。
マイケルは、成績優秀ではあるが、信仰に疑いを感じ司祭になる道を辞退しようと、その考えをマシュー神父(トビー・ジョーンズ)にメールで伝える。

その後、夜道で自転車に乗った女性が車に轢かれる事故に遭遇したマイケルは、瀕死の彼女に頼まれ祈りを捧げる。

その様子を見ていたマシュー神父は、マイケルには、信仰についての迷いがあると考える。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
家業の葬儀社の仕事に幻滅した青年マイケルは、父を残し神学校に入学し、優秀な成績で卒業しようとしていた。
しかし、マイケルは信仰に疑問を持ち、司祭への道を辞退することを考える。
それを知ったマシュー神父はマイケルに、不足しているエクソシストの養成講座を受けるよう説得する。
バチカンに着いたマイケルは、講座の講師であるザヴィエル神父の講義を受け、彼からエクソシストのルーカス・トレヴァント神父を紹介される。
ルーカス神父に会ったマイケルは、いきなり悪魔に憑かれてるという、妊娠した少女ロザリアの儀式に立ち会わされる。
その現場を見たマイケルは、ロザリアが精神異常者だとしか思えず、起きた現実を受け止めることが出来ない。
そんな時マイケルは、弟が悪魔に憑かれた経験があるという、同じ講義を受けるジャーナリストのアンジェリーナと親交を深めるのだが・・・。
__________

近代化が進む現在で、悪魔に憑かれる事例が急増しているということに驚くが、それに対応するためにバチカンが、エクソシスト養成プログラムを実行したという現実も興味深い。

悪魔祓いが身近にいる存在として描かれているが、おぞましい悪魔に憑かれた者の様子などは意外に控え目で、激しい”戦い”を期待していると、やや満足できないかもしれない。

あくまで、信仰に疑問を持つ聖職者の自分との闘いを描いた作品なので、悪魔との戦いは付属として考えた方がいいようだ。

アンソニー・ホプキンスエクソシストを演ずるというだけで魅力を感じてしまう作品であり、70歳を過ぎた、円熟というよりは、極めた演技、その怪演はさすがにうならされる。

家業の葬儀社から逃れ聖職者の道を歩むものの、信仰に疑問を持つ青年を好演するコリン・オドナヒュー、彼に協力するジャーナリスト、アリシー・ブラガエクソシスト養成講座の講師である神父キーラン・ハインズ、主人公の恩師の神父トビー・ジョーンズ、主人公の父親ルトガー・ハウアー、悪魔に憑かれる少女マルタ・ガスティーニ、少女のおばマリア・グラツィア・クチノッタ、主人公の友人クリス・マークエットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020