4504 Movies

剃刀の刃 The Razor’s Edge (1984)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1944年に発表された、ウィリアム・サマセット・モームの小説”The Razor’s Edge”を基に製作された作品。
戦争で心に傷を負った青年が様々な経験を得て人生を見つめ直す姿を描く、監督、脚本ジョン・バイラム、脚本、主演ビル・マーレイテレサ・ラッセルキャサリン・ヒックスデンホルム・エリオットジェームズ・キーチ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・バイラム

製作
ハリー・ベン
ロバート・P・マルクッチ
製作総指揮:ロブ・コーエン
原作:ウィリアム・サマセット・モームThe Razor’s Edge
脚本
ジョン・バイラム
ビル・マーレイ
撮影:ピーター・ハンナン
編集:ピーター・ボイル
音楽:ジャック・ニッチェ

出演
ラリー・ダレル:ビル・マーレイ
ソフィー・マクドナルド:テレサ・ラッセル
イザベル・ブラッドリー:キャサリン・ヒックス
エリオット・テンプルトン:デンホルム・エリオット
グレイ・マチューリン:ジェームズ・キーチ
マッケンジー:ピーター・ヴォーン
ピードモント:ブライアン・ドイル=マレー
ルイーザ・ブラッドリー:フェイス・ブルック
ラーズ:サイード・ジャフリー
ダグ・ヴァン・アレン:リチャード・オールドフィールド
ジョセフ:アンドレ・マランヌ
マチューリン:ブルース・ボア

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1984年製作 129分
公開
北米:1984年10月19日
日本:未公開
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $6,551,990


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1917年、イリノイ州、シカゴ近郊、レイクフォレスト
アメリカは第一次世界大戦に参戦していなかったものの、医療奉仕団は戦地に向かうことになり、フェアが開催される。

グレイ・マチューリン(ジェームズ・キーチ)とラリー・ダレル(ビル・マーレイ)は、救急医療車の運転手に志願しする。

ラリーは、キスして1ドルの寄付を集めていた恋人イザベル・ブラッドリー(キャサリン・ヒックス)に襲いかかり、強引にキスしてしまう。

母ルイーザ(フェイス・ブルック)と伯父のエリオット・テンプルトン(デンホルム・エリオット)の話に加わったイザベルとラリーは、親友のソフィー・マクドナルド(テレサ・ラッセル)と夫のボブが現れたために喜ぶ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1917年、イリノイ州、シカゴ近郊、レイクフォレスト
アメリカは第一次世界大戦に参戦していなかったものの、ラリー・ダレルと親友のグレイは、医療奉仕団として戦地に向かうことになる。
恋人イザベルや、かつて惹かれ合っていたソフィーらとの時間を過ごし、ラリーとグレイは戦地に向かう。
終戦で帰国したラリーは、生存者としての罪悪感に苦しみ、イザベルとの結婚を延期して、人生を見つめ直すために1人でパリに向かうのだが・・・。
__________

ウィリアム・サマセット・モームの小説”The Razor’s Edge”を基に製作された作品で、1946年公開の「剃刀の刃」に続く二度目の映画化。

脚本家として活躍していたジョン・バイラムが、「ボーイ・ワンダーの孤独」(1975)、”Heart Beat”(1980)に続き監督した。

ジョン・バイラムは、本作でも主演のビル・マーレイと共同で脚本を担当しているが、撮影スタジオ探しに苦労し、ダン・エイクロイドが手を貸しコロンビア・ピクチャーズの協力を得られ、それと引き換えにビル・マーレイが、亡くなった主演を演じる予定だったジョン・ベルーシの代役として「ゴーストバスターズ」(1984)の出演を受けたという経緯がある。

第一次大戦大恐慌時代を舞台にしたドラマなのだが、主人公を演ずるビル・マーレイのコメディアンとしての才能を活かし、彼自身の脚本により随所に挿入される、ユーモラスなシーンなどが注目だ。

主演のビル・マーレイは、戦争体験により心に傷を負い、人生を見つめ直すために様々な体験をする青年を熱演している。

かつて主人公と愛し合い、他の男性との結婚後も彼に思いを寄せるテレサ・ラッセル、彼女の友人でもある主人公の婚約者キャサリン・ヒックス、別人となった主人公を諦めた彼女と結婚するジェームズ・キーチ、イザベル(キャサリン・ヒックス)の伯父でパリ在住の富豪デンホルム・エリオット、主人公にインド行きを勧める炭鉱夫のピーター・ヴォーン、戦場で主人公を助けて死亡する医療班の指揮官ブライアン・ドイル=マレービル・マーレイの実兄)、イザベルの母親フェイス・ブルック、主人公がインドで出会う男性サイード・ジャフリー、主人公と共に医療班として行動し戦死するリチャード・オールドフィールド、エリオット(デンホルム・エリオット)の執事アンドレ・マランヌ、グレイ(ジェームズ・キーチ)の父親ブルース・ボアなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021