4551 Movies

ヘンリー八世の私生活 The Private Life of Henry VIII (1933)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

6人を王妃としたイングランド国王ヘンリー8世の私生活を描く、製作、監督アレクサンダー・コルダ、主演チャールズ・ロートンロバート・ドーナットエルザ・ランチェスタービニー・バーンズマール・オベロン他共演の歴史劇。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト ■
監督:アレクサンダー・コルダ
製作
アレクサンダー・コルダ

ルドヴィコ・トープリツ
脚本
ラホス・ビロ

アーサー・ウィンペリス
撮影:ジョルジュ・ペリナール
編集:スティーブン・ハリソン
音楽:クルト・シュレーダー

出演
ヘンリー8世チャールズ・ロートン

トマス・カルペパーロバート・ドーナット
トマス・クロムウェルフランクリン・ダイオール
アン・オブ・クレーヴズエルザ・ランチェスター
アン・ブーリンマール・オベロン
キャサリン・ハワードビニー・バーンズ
ライアススリーマイルズ・マンダー
ジェーン・シーモアウェンディ・バリー
トマス・ペイネル:ジョン・ローダー
トマス・クランマー大司教:ローレンス・ハンレイ
キャサリン・パーエヴァーレイ・グレッグ

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1933年製作 97分
公開
イギリス:1933年8月17日
北米:1933年9月21日
日本:未公開
製作費 £65,000


アカデミー賞 ■
第6回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(チャールズ・ロートン
・ノミネート
作品賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イングランド国王ヘンリー8世は、6人の妻を娶った。
最初の妻キャサリン・オブ・アラゴンは、ごく普通の女性であったため離婚したのだが、2番目の妻アン・ブーリンは、その理由が一度目とは違っていた。
____________

1536年5月19日。
ヘンリー8世チャールズ・ロートン)は、2番目の妻アン・ブーリンマール・オベロン)を国王暗殺の容疑及び不義密通の罪で反逆罪に問い、幽閉中のロンドン塔で斬首刑にされるのを待っていた。

侍女キャサリン・ハワードビニー・バーンズ)が自分の噂をしていることに気づいたヘンリーは、その内容を聞き彼女が気に入る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1536年。
イングランド国王ヘンリー8世は、普通の女性キャサリン・オブ・アラゴンと離婚までして王妃に迎えたアン・ブーリンを、国王暗殺の容疑及び不義密通の罪で反逆罪に問い処刑する。
直後にジェーン・シーモアを王妃にしたヘンリーは、翌年、待望の王子が生まれたため喜ぶ。
しかし、ジェーンは難産のため数日後に亡くなり、ヘンリーは周囲の再婚の期待に苛立つ。
侍女のキャサリン・ハワードに接近したヘンリーだったが、側近のクロムウェルに勧められ、アン・オブ・クレーヴズを仕方なく王妃に迎える。
本意でない結婚はたちまち解消され、再び再婚を期待する周囲の声を都合よく聞き入れ、ヘンリーキャサリンと結婚するのだが・・・。
__________

6人の妻を娶ったイングランド国王ヘンリー8世が、2番目の妻アン・ブーリンを処刑し、6番目の妻キャサリン・パーと晩年を過ごすまでを描く作品。

ヘンリー8世の女性遍歴を描くドラマは、周囲にいる臣下などが彼女らと関係を持ってしまい、それをうまく切り受ける者と容赦なく処刑される者の運命なども描かれ、大筋で歴史的背景に基づ居ている。

自身の威厳を示すため、その印象を強調しようとしたと言われるヘンリー8世の言動は愉快に描かれ、強さを誇示するために格闘家と戦うシーンなどは興味深い。

愛嬌ある表情や人間味も窺える主人公を演ずるチャールズ・ロートンの個性を生かす、アレクサンダー・コルダの職人芸的な演出は見ものだ。

第6回アカデミー賞では、主人公のヘンリー8世を見事に演じたチャールズ・ロートンが、主演男優賞した。
・ノミネート
作品賞

肖像画などによると、その雰囲気がヘンリー8世によく似ているチャールズ・ロートンが、国王の4番目の王妃アン・オブ・クレーヴズ演ずるエルザ・ランチェスターと、実生活では夫婦でありながら、互いを拒み合う姿が実に面白い。

国王の廷臣であるトマス・カルペパーロバート・ドーナット、同じく側近トマス・クロムウェルフランクリン・ダイオール、国王の2番目の王妃アン・ブーリンマール・オベロン、5番目の王妃で、トマス・カルペパーとの関係で処刑されるキャサリン・ハワードビニー・バーンズ、3番目の王妃ジェーン・シーモアウェンディ・バリー、6番目のキャサリン・パーエヴァーレイ・グレッグ、4番目の王妃アン・オブ・クレーヴズと関係する国王の臣下ジョン・ローダー、国王の側近ライアススリーマイルズ・マンダートマス・クランマー大司教のローレンス・ハンレイなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021