4298 Movies

イグジステンズ eXistenZ (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

最新ヴァーチャル・リアリティ・ゲームに関連する陰謀に巻き込まれる者達を描く、製作、監督、脚本デヴィッド・クローネンバーグ、主演ジェニファー・ジェイソン・リージュード・ロウイアン・ホルムサラ・ポーリーウィレム・デフォー他共演のSFホラー。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
製作
デヴィッド・クローネンバーグ

ロバート・ラントス
アンドラス・ハモリ
脚本:デヴィッド・クローネンバーグ

撮影:ピーター・サシツキー
編集:ロナルド・サンダース
音楽:ハワード・ショア

出演
アレグラ・ゲラー:ジェニファー・ジェイソン・リー

テッド・パイクル:ジュード・ロウ
キリ・ヴィヌカー:イアン・ホルム
イェフゲニー・ノリッシュ:ドン・マッケラー
ヒューゴ・カーロー:カラム・キース・レニー
メルル:サラ・ポーリー
ガス:ウィレム・デフォー
ノエル・ディクター:クリス・レムシュ
ウィトルド・レヴィ:クリストファー・エクルストン
ダーシー・ネイダー:ロバート・A・シルヴァーマン
中国人ウエイター:オスカー・スー

イギリス/カナダ 映画
配給
ミラマックス(北米)
Momentum Pictures(イギリス)
1999年製作 97分
公開
イギリス:1999年4月30日
北米:1999年4月23日
日本:2000年4月29日
製作費 $CAD 31,000,000
北米興行収入 $2,856,710


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
近未来。
”アンテナ・リサーチ”社の最新ヴァーチャル・リアリティ・ゲーム”イグジステンズ”のテストについて説明するウィトルド・レヴィ(クリストファー・エクルストン)は、特別ゲストとして、天才ゲーム・デザイナーのアレグラ・ゲラー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を紹介する。

会場に詰めかけた人々は、カリスマ的存在のアレグラのスピーチに聞き入る。

そして、”イグジステンズ”を体験できる12人が選ばれることになる。

社員のテッド・パイクル(ジュード・ロウ)は、遅れて来た参加者のノエル・ディクター(クリス・レムシュ)の所持品などをチェックする。

脊髄にバイオポートという穴を開けてケーブルを繫ぎ、ゲームをダウンロードすることを伝えたアレグラは、参加者に心の準備をさせる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
近未来。
”アンテナ・リサーチ”社の最新ヴァーチャル・リアリティ・ゲーム”イグジステンズ”のテストが行われる会場で、カリスマ・ゲーム・デザイナーのアレグラ・ゲラーが銃撃される。
宣伝部の見習いだったパイクルは、無事だったアレグラを連れてその場から退避する。
ゲームが汚染されていないかを調べるためには、プレイするしかないことをパイクルはアレグラから知らされる。
ポッドと脊髄を繫ぐバイオポートがないパイクルは、その処置を闇で行うガスの元に向かいバイオポートをつけられてポッドに繫がれ、アレグラと共にゲームの世界を体験するのだが・・・。
__________

製作、監督、脚本を担当するデヴィッド・クローネンバーグ自身の作品「ヴィデオドローム」(1983)に似たテーマを、ヴァーチャル・リアリティ・ゲームの世界に置き換えて描いた作品。

観客に刺激を与えるグロテスクな映像などを多用したボディ・ホラーとして、デヴィッド・クローネンバーグの独得の世界観が堪能できる作品でもある。

ヴァーチャル・ゲームの世界を心理学的な見地から描く複雑に入り組んだ物語ではあるが、驚きとも言えるクライマックスから結末に向けた展開などを含め、全体的な構成もまとまりがあり非常に分かり易い。

カリスマ・ゲーム・デザイナーとして登場し、実は現実主義者としての役目を果たすジェニファー・ジェイソン・リー、ゲームに翻弄される青年から、主人公の恋人として行動を共にするジュード・ロウ、ゲームの参加者だったイアン・ホルム、その開発者ドン・マッケラー、そのアシスタントのサラ・ポーリー、参加者カラム・キース・レニーウィレム・デフォークリス・レムシュクリストファー・エクルストンロバート・A・シルヴァーマン、オスカー・スーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020