4478 Movies

コードネーム: プリンス The Prince (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

消息を絶った娘を捜す元殺し屋が、誤って妻子を殺してしまった裏社会を支配する男に追われながら娘を救い出すまでを描く、監督ブライアン・A・ミラー、主演ジェイソン・パトリックブルース・ウィリスジョン・キューザック他共演の犯罪アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ブライアン・A・ミラー
製作
ジョージ・ファーラ
ランドール・エミット
アダム・ゴールドワーム
パク・ホスン
フレッド・ソン
脚本
アンドレ・ファブリツィオ
ジェレミー・パスモア
撮影:ヤロン・レヴィ
編集:リック・シャイン
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ

出演
ポール・ブレナン:ジェイソン・パトリック
オマー・カイザー:ブルース・ウィリス
サム:ジョン・キューザック
アンジェラ:ジェシカ・ロウンズ
ベス・ブレナン:ジーア・マンテーニャ
ファーマシー:50セント
マーク:RAIN/ピ
ライリー:ドン・ハーヴェイ
ウィルソン:ジェッセ・プルエット
レイチェル:ディディ・コスティン
スーザン:ボニー・サマーヴィル
ジミー:ティム・フィールズ
フランク:ジョナサン・シェック
ジャニーン:アンドレア・バーンズ
エディ:タイラー・ジョン・オルソン
キャンディス:タラ・ホルト
ミッチ:ジョナサン・カーキーク

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2014年製作 91分
公開
北米:2014年8月22日
日本:2015年1月12日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $1,398,980


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューオーリンズ
裏社会を牛耳るオマー・カイザー(ブルース・ウィリス)は、車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、妻と娘を殺される
__________

20年後、ミシシッピ州。
自動車整備工のポール・ブレナン(ジェイソン・パトリック)は、大学生の娘ベス(ジーア・マンテーニャ)とビデオ・チャットで話す。

疲れているようなベスの様子が気になるポールは、大学から学費滞納通知を受け取る。

ベスに電話をしたポールは、見知らぬ男が出たために不審に思い、家にも電話をしてメッセージを残す。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ミシシッピ州。
元殺し屋である自動車整備工のポール・ブレナンな、大学生の娘ベスと連絡がとれなくなり、彼女を捜し始める。
ベスの友人アンジェラに協力を求めたポールは、ドラッグに溺れたというベスの居場所の手掛かりを探すために、故郷ニューオーリンズに向かう。
かつて凄腕の殺し屋だったポールは、裏社会を牛耳るオマーの抹殺を計画したが、誤って彼の妻子を爆殺してしまった過去があった。
ポールが街に戻ったことを知ったオマーは、復讐を果たすために彼を捕えようとするのだが・・・。
__________

ジェイソン・パトリックブルース・ウィリスジョン・キューザック他豪華スター競演、テレビ・プロデューサーのブライアン・A・ミラーが監督した犯罪アクション。

実力派スター競演はファンには嬉しいのだが、「96時間」(2008)時間を意識したようなストーリーは新鮮味に欠ける内容で、サスペンス・タッチの緊迫感も物足りない平凡な作品に終わっている。

元凄腕の殺し屋ジェイソン・パトリックと、彼に妻子を殺された裏社会を牛耳る男ブルース・ウィリスはまずまずの存在感で、その対決に向けてクライマックスは盛り上がると思いきや、呆気ない幕切れとなる。

主人公の友人役である期待のジョン・キューザックの役柄もいまいちで、裏社会のボスの右腕であるRAIN/ピに至っては、アイドル歌手に拳銃を持たせて演技させたような、作品にそぐわないキャラクターは完全なミスキャストと言える。

魅力的な主要キャストではあるが、興行的にも大失敗に終わった作品でもある。

姿を消した主人公の娘(ジーア・マンテーニャ)の友人で、彼女を捜すために協力する大学生のジェシカ・ロウンズ、ドラッグ・ディーラーの50セント、殺し屋としての主人公の恐ろしさを知る男ドン・ハーヴェイ、主人公に協力する銃砲店の店主ジョナサン・シェック、オマー(ブルース・ウィリス)の妻ボニー・サマーヴィルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021