4219 Movies

ポゼッション The Possession (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪霊にとり憑かれた娘を救おうとする父親と家族を襲う恐怖を描く、製作サム・ライミ、主演ジェフリー・ディーン・モーガンキーラ・セジウィック他共演、監督オーレ・ボールネダルによる実話を基にしたホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:オーレ・ボールネダル
製作
サム・ライミ

ロバート・タパート
J・R・ヤング
製作総指揮
スタン・ワートリーブ

ピーター・シュレッセル
ジョン・サッキ他
脚本
ジュリエット・スノードン

スタイルズ・ホワイト
撮影:ダン・ローストセン
編集:エリック・L・ビーソン
音楽:アントン・サンコー

出演
クライド・ブレニク:ジェフリー・ディーン・モーガン

ステファニー・ブレニク:キーラ・セジウィック
エミリー”エム”ブレニク:ナターシャ・カリス
ハンナ・ブレニク:マディソン・ダヴェンポート
ザデック:マティスヤフ
ブレット:グラント・ショウ
マクマニス教授:ジェイ・ブラゾー

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2012年製作 92分
公開
北米:2012年8月31日
日本:2013年5月25日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $49,130,150
世界 $85,446,080


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
あるアンティークの木箱から不気味な声を聞いた老婦人は、髪の毛が抜けたことに気づく。

木箱を金槌で壊そうとした婦人だったが、何かにとり憑かれたようになり暴れ始めて傷を負い倒れこむ。

大学のバスケットボール・コーチであるクライド・ブレニク(ジェフリー・ディーン・モーガン)は、妻ステファニー(キーラ・セジウィック)と3カ月前に離婚していた。

そんなクライドは、週末ごとに二人の娘ハンナ(マディソン・ダヴェンポート)とエミリー”エム”(ナターシャ・カリス)と過ごす日々を送っていた。

娘達を迎えに行き新しい家に連れて行ったクライドは、翌日、彼女らとドライブに出かける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
大学のバスケット・ボールのコーチ、クライド・ブレニクは、3カ月前に妻ステファニーと離婚し、週末を娘達と過ごす日々を送っていた。
ある週末、クライドは娘達を連れて出かけた際にガレージセールに寄り、次女エミリーがアンティークの木箱を気に入る。
箱を家に持ち帰ったエミリーは、その中に蛾の死骸や指輪、抜けた歯などが入っていることを確認する。
その後、エミリーは箱を異常に気にするようになり、体調に異変を感じる。
クライドは、娘が別人のようになってしまったことを心配するが、ステファニーは、離婚によりエミリーが混乱しているだけだと考える。
その後、クライドは大学教授の助言により、箱が悪霊を閉じ込めるユダヤ人が作った物だということを知る・・・。
__________

ファンから絶大な支持を受けるスプラッター・ホラー「死霊のはらわた」(1981)シリーズのサム・ライミが製作に参加している。

アメリカでマニアがオークション・サイトに出品して話題になった出来事を基にしている物語で、監督オーレ・ボールネダルの、悪魔祓いを描いた名作「エクソシスト」(1973)を意識した演出も見逃せない。

ショッキングなシーンや恐ろしい描写はどぎつくなく、それよりも、ドラマのキーポイントとなる、死者の霊を閉じ込めるという開けてはならない”ディブック・ボックス”の存在の他、ユダヤ教の儀式による除霊が実に興味深い。

娘を救おうとして命を懸ける父親を熱演するジェフリー・ディーン・モーガン、その妻キーラ・セジウィック、悪霊にとり憑かれる主人公の次女役ナターシャ・カリス、長女のマディソン・ダヴェンポート、家族を救うハシド派ユダヤ人役で、レゲエ・ミュージシャンのマティスヤフ、ステファニー(K・セジウィック)の恋人グラント・ショウ、大学教授ジェイ・ブラゾーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020