4213 Movies

ペーパーボーイ The Paperboy (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ある殺人事件の冤罪疑惑を調べる記者に協力する弟と、獄中の犯人と婚約した女性との関係などを描く、製作、監督、脚本リー・ダニエルズ、主演ザック・エフロンマシュー・マコノヒーニコール・キッドマンジョン・キューザック他共演のドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:リー・ダニエルズ
製作
リー・ダニエルズ

エド・カゼル3世
カシアン・エルウィズ
ヒラリー・ショー
製作総指揮:マイケル・ベナローヤ
原作:ピート・デクスターThe Paperboy
脚本
ピート・デクスター

リー・ダニエルズ
撮影:ロベルト・シェイファー
編集:ジョー・クロッツ
音楽:マリオ・グリゴロフ

出演
ジャック・ジェンセン:ザック・エフロン

ウォード・ジェンセン:マシュー・マコノヒー
シャーロット・ブレス:ニコール・キッドマン
ヒラリー・ヴァン・ウェッター:ジョン・キューザック
ヤードリー・ エイクマン:デヴィッド・オイェロウォ
W・W・ジェンセン:スコット・グレン
タイリー・ヴァン・ウェッター:ネッド・ベラミー
エレン・ガスリー:ニーラ・ゴードン
アニタ・チェスター:メイシー・グレイ

アメリカ 映画
配給 ミレニアム・フィルムズ

2012年製作 106分
公開
北米:2012年10月5日
日本:2013年7月27日
製作費 $12,500,000
北米興行収入 $693,290
世界 $1,353,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1969年8月12日、フロリダ州モート郡。
4年前に起きた、憎まれていた保安官が刺殺される事件を調べていたジャンセン家の兄弟を知る、家の使用人だったアニタ・チェスター(メイシー・グレイ)は記者に語る。

大学を中退したジャック・ジェンセン(ザック・エフロン)は、得意の水泳も諦め、父親W・W(スコット・グレン)の経営する新聞社で働いていた。

保安官殺人事件の犯人として服役中のヒラリー・ヴァン・ウェッター(ジョン・キューザック)と文通をするシャーロット・ブレス(ニコール・キッドマン)は、会いもせずに彼と恋に落ちる。

ジャックの兄でマイアミの新聞記者であるウォード(マシュー・マコノヒー)は、ヒラリーの冤罪疑惑を調べるために同僚であるロンドン出身の黒人ヤードリー・ エイクマン(デヴィッド・オイェロウォ)と共に故郷に戻る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1995年に発表された、ピート・デクスターの小説”The Paperboy”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1969年、フロリダ州モート郡。
大学を中退し父親の新聞社を手伝う青年ジャック・ジェンセンは、恋人もいない悶々とした日々を送っていた。
マイアミの新聞記者であるジャックの兄ウォードと同僚のヤードリーが、4年前に起きた保安官殺人事件の犯人で服役中のヒラリーの冤罪疑惑を調べるためこの地を訪れる。
ウォードはガレージをオフィスにして行動を開始し、ジャックが運転手として手伝うことになる。
そこに、獄中のヒラリーと婚約したシャーロットが協力者として現れ、ジャックは、一目で彼女に惹かれてしまう・・・。
__________

初心な青年と年齢も違う大人の女性の恋愛ドラマと思いきや、サスペンスとスリラーの要素を含めた物語は、リー・ダニエルズの繊細な演出で様々な展開を見せる。

1960年代末の雰囲気は出ているが、社会問題の描写が弱い気がするところなど、恋愛を重視したいのかも疑問でその辺りが曖昧だ。

豪華キャストは各々の役柄が新鮮であり、その点では観る者を引きつけるのだが、謎解きとも言えない物語の内容は単純で盛り上がりにも欠ける。

少々ジェームズ・ディーン的なキャラクターが注目のザック・エフロン、終盤である真実が分かり役柄が激変する、その兄役マシュー・マコノヒー、親子ほど年の違うザック・エフロンを相手に、体を張った演技で熱演しているニコール・キッドマン、彼女と交際する囚人役のジョン・キューザック、記者のデヴィッド・オイェロウォ、兄弟の父親役のスコット・グレン、その恋人役ニーラ・ゴードン、囚人の伯父ネッド・ベラミー、そして歌手のメイシー・グレイが、主人公の家の使用人役で好演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020