4509 Movies

オーメン The Omen (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1976年に公開されたオカルト映画の名作「オーメン」のリメイク。
悪魔の子を養子にしたアメリカ人外交官夫妻に襲いかかる恐怖を描く、製作、監督ジョン・ムーア、主演リーヴ・シュレイバージュリア・スタイルズミア・ファローデヴィッド・シューリスピート・ポスルスウェイト他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ムーア

製作
ジョン・ムーア
グレン・ウィリアムソン
製作総指揮
デヴィッド・ハーフィールド
ジェフリー・ストット
脚本:デヴィッド・セルツァー
撮影:ジョナサン・セラ
編集:ダン・ジマーマン
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ロバート・ソーン:リーヴ・シュレイバー
キャサリン・ソーン:ジュリア・スタイルズ
ベイロック夫人:ミア・ファロー
キース・ジェニングス:デヴィッド・シューリス
ダミアン・ソーン:シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック
ブレナン神父:ピート・ポスルスウェイト
スピレット神父:ジョヴァンニ・ロンバルド・ラディス
ブーゲンハーゲン:マイケル・ガンボン
トム・オースティン:レジー・オースティン
レポーター:ハーヴィー・スペンサー・スティーヴンス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2006年製作 110分
公開
北米:2006年6月6日
日本:2006年6月6日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $54,606,190
世界 $119,496,520


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ローマバチカン天文台。
ある彗星が観測され、それが及ぼす影響が法王に報告される。

ヨハネの黙示録”第8章7節による予言は世界で起きた惨事と一致し、ハルマゲドンの日が迫り暗黒の王が生まれ、戦いが始まる・・・。

アメリカの外交官ロバート・ソーン(リーヴ・シュレイバー)は、出産する妻キャサリン(ジュリア・スタイルズ)の元に向かう。

病院に着いたロバートは、キャサリンは無事ではあったが、子供が亡くなったことをスピレット神父(ジョヴァンニ・ロンバルド・ラディス)知らされる。

キャサリンには伝えていないと神父から言われたロバートは、彼女が二度と子供を産めないと言われてショックを受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
参考:
・「オーメン」(1976)
・「オーメン2/ダミアン」(1978)
・「オーメン/最後の闘争」(1981)
・「オーメン4」(1991)*テレビ映画

・「オーメン」(2006)

*(簡略ストー リー)
ローマ、アメリカの外交官ロバート・ソーンは、妻キャサリンの出産に立ち会い、子供が死産だったとことを知らされる。
ロバートは、その場にいた神父から、同じ日の6月6日の午前6時に産まれた男の子を養子にするよう提案される。
キャサリンには秘密で、子供を我が子として育てることを決めたロバートは、その後、イギリス大使に任命されてロンドンに滞在する。
ダミアンと名付けられた子供は5歳の誕生日を迎えるが、そのパーティーの席で、彼の乳母が首吊り自殺をする。
その後ロバートは、現れたブレナン神父から、悪魔の子であるダミアンが人を殺し、それを繰り返すと言われる。
ダミアンの出産の場に立ち会った神父が、母親がジャッカルだったと言っていたとも、ブレナン神父はロバートに伝える。
やがて、ダミアンを守るために、乳母に扮した悪魔の手先ベイロック夫人が現れる。
そして、ロバートとキャサリンに、魔の手が襲いかかる・・・。
__________

監督リチャード・ドナー、主演グレゴリー・ペックリー・レミック共演によるオカルト映画の名作「オーメン」の30年振りのリメイクと言うことで話題になった作品。

社会現象にまでなった傑作「エクソシスト」(1973)の大ヒットにより、突然巻き起こったオカルト・ブームの中で、それと並び称される名作として、旧作「オーメン」は非常に評価の高い作品である。

物語のキーになる悪魔の証”666”の数字に因み、全世界同時となる、2006年6月6日に公開された。

細かい部分での違いはあるが、旧作とほぼ同じ展開で進行するため、当時を想い懐かしく感じたファンも多いはずだ。

旧作でダミアン役を演じたハーヴィー・スペンサー・スティーヴンスが、レポーター役でカメオ出演している。

北米興行収入は約5500万ドル、全世界では約1億2000万ドルのヒットとなった。

旧作の外交官夫妻グレゴリー・ペックリー・レミックに比べると、人気スターではあるが、やや役柄に合わないような気もする、主人公を演ずるリーヴ・シュレイバーと妻役のジュリア・スタイルズ、悪魔の手先である乳母役ミア・ファロー、主人公に協力する写真家のデヴィッド・シューリス、独特の表情で悪魔の子ダミアンを演ずるシーマス・デイヴィー=フィッツパトリック、主人公に悪魔の存在を伝える神父ピート・ポスルスウェイト、ダミアンの出生の秘密を知る神父ジョヴァンニ・ロンバルド・ラディス、主人公に悪魔の子の殺し方を教えるマイケル・ガンボン、主人公の補佐官レジー・オースティンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021