4298 Movies

狩人の夜 The Night of the Hunter (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1953年に発表された、デヴィッド・グラブのスリラー小説”狩人の夜”を基に製作された作品。
ある家族から現金を奪おうとする、福音伝道師に扮した連続殺人犯の狂気の行動と、彼から逃れようとする幼い子供達の恐怖の体験を描く、名優チャールズ・ロートンが監督した唯一の作品であり、主演ロバート・ミッチャムシェリー・ウィンターズリリアン・ギッシュ他共演による、フィルム・ノワールの傑作。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・ロートン
製作:ポール・グレゴリー
原作:デヴィッド・グラブ狩人の夜
脚本:ジェームズ・エイジー

撮影:スタンリー・コルテス
編集:ロバート・ゴールデン
音楽:ウォルター・シューマン

出演
ハリー・パウエル:ロバート・ミッチャム

ウィラ・ハーパー:シェリー・ウィンターズ
レイチェル・クーパー:リリアン・ギッシュ
バーディ・ステップトウ:ジェームス・グリーソン
ベン・ハーパー:ピーター・グレイブス
アイシー・スプーン:イヴリン・ヴァーデン
ウォルト・スプーン:ドン・ベドー
ジョン・ハーパー:ビリー・チャピン
パール・ハーパー:サリー・ジェーン・ブルース
ルビー:グロリア・カスティロ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1955年製作 92分
公開
北米:1955年7月26日
日本:1990年3月9日
製作費 $795,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1930年代、ウェストバージニア州。
福音伝道師を装う殺人鬼のハリー・パウエル(ロバート・ミッチャム)は、窃盗容疑で逮捕され30日間の禁固刑を言い渡される。

オハイオ川沿い。
大恐慌下で苦しい生活を続けていたため、銀行を襲い殺人を犯したベン・ハーパー(ピーター・グレイブス)は、警官に追われながら自宅に向かう。

奪った現金を隠したハーパーは、息子ジョン(ビリー・チャピン)に妹パール(サリー・ジェーン・ブルース)を守ることと、隠した現金1万ドルの件は誰にも話さないことを誓わせる。

ハーパーは駆けつけた警官に逮捕連行され、妻ウィラ(シェリー・ウィンターズ)は子供達と共に夫の行方を見守る。

強盗殺人罪で絞首刑の判決を受けたハーパーは、パウエルと同じ監房に入れられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1930年代、大恐慌下のウェストバージニア州。
連続殺人犯である福音伝道師に扮したハリー・パウエルは、窃盗容疑で逮捕され服役する。
生活苦のため銀行強盗と殺人を犯したハーパーは、奪った1万ドルを隠し、その件を誰にも言わないように息子ジョンに誓わせるものの逮捕される。
ハーパーは絞首刑を宣告されて服役し、同じ監房のパウエルに奪った現金のことを知られてしまう。
その後ハーパーは処刑され、出所したパウエルは牧師を装いハーパーの家に向かい、彼の妻ウィラとの結婚を考える。
ジョンはパウエルを警戒するが、ウィラは知人に勧められてパウエルとの結婚を決意する。
そしてパウエルは、幼いジョンと妹パールを脅し、現金の隠し場所を聞き出そうとするのだが・・・。
__________

「ヘンリー八世の私生活」(1933)で、30歳前半にしてアカデミー主演賞を受賞したイギリスの名優チャールズ・ロートンの監督デビュー作品で、製作は彼の盟友ポール・グレゴリー

公開当時は不評で興行的にも大失敗した作品であるため、チャールズ・ロートンの監督作は本作だけなのだが、その後に評価は高まり、1950年代を代表するスリラー映画として映画史に残る傑作となった。

1992年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

日本でも、評価が上がった後に公開が検討され、北米公開からなんと35年後の1990年にそれが実現した。

1955年当時を考えると凄まじい内容の作品で、聖職者を装う連続殺人鬼が、幼い子供達に容赦なく襲い掛かるというストーリーは、神への冒涜に近いと捉えられても致し方ないところだろうか。

その殺人鬼から逃れようとする子供達を追うショットにダブらせる、生物や植物そしてかわいらしい動物達を映し出す映像や、ファンタジックで神秘的な雰囲気を感じる描写が実に印象的だ。

また、少年が、憎んでいた主人公が逮捕される姿を見て、犯罪者ではあるが彼を父親に投影し精神的に錯乱する姿など、上記の描写も含めたチャールズ・ロートンの細やかな演出も注目したい。

現金に執着する暴力的な男の恐怖の行動を徹底的に描く物語かと思いきや、テーマには”神の救い”があり、主人公は、指に彫られた刺青”L-O-V-E”(愛)と”H-A-T-E”(憎しみ)で常に人間の善悪を語るなど、神の教えを歪んだ側面も含めてきっちりと描いているところなど深い内容となっている。

誰もが思うだろう、後年公開される「恐怖の岬」(1962)の主人公を彷彿させ、更にそれを上回るような異常者を熱演するロバート・ミッチャムの怪演は光る。

主人公が偽善者とも気づかぬまま、その教えを信じてしまい殺されるシェリー・ウィンターズ、後半のドラマを支える、身寄りのない子供達を世話する、全く隙を見せない老女を好演す名女優リリアン・ギッシュ、桟橋の老人ジェームス・グリーソン、銀行強盗殺人で絞首刑となるピーター・グレイブス、町の店主イヴリン・ヴァーデンドン・ベドー、主人公から必死に逃れる兄妹ビリー・チャピンサリー・ジェーン・ブルース、老女に世話になる少女グロリア・カスティロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020