4383 Movies

裸の銃を持つ男PART33 1/3 Naked Gun 33⅓: The Final Insult (1994)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1982年からABCでテレビ放映されたデヴィッド・ザッカージム・エイブラハムズジェリー・ザッカーによるコメディ・シリーズ”Police Squad!”を基に製作された「裸の銃を持つ男」シリーズの第三作。
結婚して警官を引退していた主人公が再び起きるテロを阻止しようとして巻き起こす騒動を描く、製作総指揮、原作、脚本デヴィッド・ザッカー、監督ピーター・シーガル、主演レスリー・ニールセンプリシラ・プレスリージョージ・ケネディO・J・シンプソンフレッド・ウォードキャスリーン・フリーマンアンナ・ニコル・スミス他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ピーター・シーガル

製作
ロバート・K・ワイス
デヴィッド・ザッカー
ギル・ネッター
製作総指揮
ジム・エイブラハムズ
デヴィッド・ザッカー
ジェリー・ザッカー
原作
Police Squad!
デヴィッド・ザッカー
ジム・エイブラハムズ
ジェリー・ザッカー
脚本
デヴィッド・ザッカー
ロバート・ロキャッシュ
パット・プロフト
撮影:ロバート・M・スティーヴンス
編集:ジェームズ・R・シモンズ
音楽:アイラ・ニューボーン

出演
フランク・ドレビン:レスリー・ニールセン
ジェーン・スペンサー=ドレビン:プリシラ・プレスリー
エド・ホッケン:ジョージ・ケネディ
ノードバーグ:O・J・シンプソン
ロッコ・ディロン:フレッド・ウォード
ミュリエル・ディロン:キャスリーン・フリーマン
タニヤ・ピータース:アンナ・ニコル・スミス
パプシュミア:レイ・バーク
テッド・オルセン:エド・ウィリアムス
ルイーズ:エレン・グリーン
タイロン:ブルース・A・ヤング
看守:R・リー・アーメイ
アイゼンドラス医師:アール・ボーエン
指揮者:ビル・アーウィン
テレプロンプター:デヴィッド・ザッカー
チューバ奏者:ロバート・K・ワイス
本人:ジェームズ・アール・ジョーンズ
本人:オリンピア・デュカキス
本人:モーガン・フェアチャイルド
本人:ヴァンナ・ホワイト
本人:メアリー・ルー・レットン
本人:ウィアード・アル・ヤンコビック
本人:エリオット・グールド
本人:マリエル・ヘミングウェイ
本人:ラクエル・ウェルチ
本人:フローレンス・ヘンダーソン
本人:シャナン・ドハーティー
本人:ピア・ザドラ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1994年製作 82分
公開
北米:1994年3月18日
日本:1994年8月13日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $51,132,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
結婚して警察を退職したフランク・ドレビン(レスリー・ニールセン)は、未だに捜査する夢に見てうなされ、妻ジェーン(プリシラ・プレスリー)は、そんな彼を心配する。

ステッツビ刑務所。
爆弾の専門家で凶悪犯である息子のロッコ・ディロン(フレッド・ウォード)に面会した母親ミュリエル(キャスリーン・フリーマン)は、テロリストのパプシュミア(レイ・バーク)を伴っていた。

パプシュミアは、アメリカでの更なる破壊活動をディロンに依頼する。

500万ドルの報酬でそれを受けたディロンは、ある計画を考えていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「裸の銃を持つ男」(1988)
・「裸の銃を持つ男PART2 1/2」(1991)
・「裸の銃を持つ男PART33 1/3」(1994)

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
結婚して警察を退職したフランク・ドレビンは、弁護士の妻ジェーンに代わり主夫をする日々を送っていた。
爆破テロ事件捜査の協力を、元上司ホッケン警部から求められたドレビンは復職するものの、それを不満に思うジェーンは家を出てしまう。
囚人に扮して刑務所に入ったドレビンは、爆弾犯である収監中のディロンに近づく。
その後、ドレビンと共に脱獄したディロンは、アカデミー賞授賞式会場を爆破する計画を実行しようとする。
自分を追って現れたジェーンが、妻だということを隠して人質にしたドレビンは、彼女と共にディロンの爆破計画を阻止しようとするのだが・・・。
__________

大爆笑人気シリーズの第三弾で最終作であり、デヴィッド・ザッカーは製作総指揮と脚本を担当し、前二作の彼に代わったピーター・シーガルの監督デビュー作となった。

物語の舞台は、前作のワシントンD.C.から再びロサンゼルスに戻り、結婚した主人公は警官を引退した設定になっている。

また、ドラマのキーマンとなる実在の大物が登場しない代わりに、テロのターゲットになるのがアカデミー授賞式会場と言うことで、豪華スターが登場する終盤は見ものだ。

冒頭の「アンタッチャブル」(1987)と「戦艦ポチョムキン」(1925)、「テルマ&ルイーズ」(1991)、「大脱走」(1963)など、お馴染みの名作パロディーも登場し、映画ファンを大いに楽しませてくれる。

北米興行収入は、前二作に比べて減ったものの、約5100万ドルの結果は、まずまず健闘したと言える。

結婚して警察を退職したものの、再び起きようとするテロを阻止するために復職する主人公を熱演するレスリー・ニールセン、夫婦の危機も乗り越える主人公の妻プリシラ・プレスリー、主人公を復職させる上司のジョージ・ケネディ、本作公開の三か月後に社会現象にまでなる”殺人事件”が起きる、主人公の同僚O・J・シンプソン、テロリストの要請を受けアカデミー賞授賞式会場爆破を企むフレッド・ウォード、その母親キャスリーン・フリーマン、その仲間であるアンナ・ニコル・スミス、第一作にも登場したテロリストのレイ・バーク、全作出演の鑑識主任エド・ウィリアムス、ジェーン(プリシラ・プレスリー)の友人エレン・グリーン、囚人のブルース・A・ヤング、刑務所の看守R・リー・アーメイ、主人公夫妻を診察する医師アール・ボーエン、指揮者ビル・アーウィン、テレプロンプター役でデヴィッド・ザッカー、チューバ奏者役で製作者のロバート・K・ワイスアカデミー賞授賞式に登場するスター達、ジェームズ・アール・ジョーンズオリンピア・デュカキスモーガン・フェアチャイルドヴァンナ・ホワイトメアリー・ルー・レットンウィアード・アル・ヤンコビックエリオット・グールドマリエル・ヘミングウェイラクエル・ウェルチフローレンス・ヘンダーソンシャナン・ドハーティーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021