5185 Movies

ミスエデュケーション The Miseducation of Cameron Post (2018)

同性愛者の改心施設で治療を受ける少女の苦悩を描く、製作総指揮、監督、脚本デジレー・アカヴァン、主演クロエ・グレース・モレッツジョン・ギャラガーJr.ジェニファー・イーリーサッシャ・レインフォレスト・グッドラック他共演のドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ

クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デジレー・アカヴァン
製作
セシリア・フジュエレ
マイケル・B・クラーク
アレックス・タートルトーブ
ジョナサン・モンテペア
製作総指揮
デジレー・アカヴァン
オリヴィエ・ケンプファー
原作:エミリー・M・ダンフォースThe Miseducation of Cameron Post
脚本
デジレー・アカヴァン
セシリア・フジュエレ
撮影:アシュリー・コナー
編集:サラ・ショウ
音楽:ジュリアン・ワス

出演
キャメロン・ポスト:クロエ・グレース・モレッツ
リック・マーシュ牧師:ジョン・ギャラガーJr.
リディア・マーシュ博士:ジェニファー・イーリー
”ジェーン・フォンダ”:サッシャ・レイン
アダム・レッド・イーグル:フォレスト・グッドラック
ベサニー:マリン・アイアランド
マーク:オーウェン・キャンベル
ルース・ポスト:ケリー・バトラー
コーリー・テイラー:クイン・シェパード
エリン:エミリー・スケッグス
ヘレン・ショウォルター:メラニー・エアリック
スティーヴ・クロンプス:アイザック・ジン・ゾルスタイン
ジェイミー:ダルトン・ハロッド ボーイフレンド
デイン・バンスキー:クリストファー・ディラン・ホワイト
クロフォード牧師:スティーヴン・ホーク
ブレット:マッケイブ・スライ
祖母:デイル・ソウルズ

アメリカ 映画
配給 FilmRise
2018年製作 90分
公開
北米:2018年8月3日
日本:未公開
製作費 $900,000
北米興行収入 $904,700
世界 $1,474,580


ストーリー
1993年。
高校生のキャメロン・ポスト(クロエ・グレース・モレッツ)は、友人のコーリー・テイラー(クイン・シェパード)と密かに同性愛の関係にあった。
両親が他界しているキャメロンは、叔母のルース(ケリー・バトラー)と暮らしていた。
ホームカミングの夜、キャメロンとコーリーは会場を抜け出し、車の中で愛し合う。
そこにキャメロンのボーイフレンドのジェイミー(ダルトン・ハロッド)が現れ、キャメロンとコーリーは動揺する。
事態を重く見た敬虔なクリスチャンであるルースは、キャメロンを若者たちのための同性愛者の改心療法施設である教会”神の約束”に連れて行き、リック・マーシュ牧師(ジョン・ギャラガーJr.)に彼女のことを任せる。
エリン(エミリー・スケッグス)と同部屋になったキャメロンは、戸惑いながらも彼女と親交を深める。
施設は、厳格なリディア・マーシュ博士(ジェニファー・イーリー)とリックが運営していた。
ルディアとリックのセラピーを受けるキャメロンは、リックもかつて同性愛から救われたことを知らされる。
リックは、ゲイバーで教会の仲間に見つかり、リディアの治療で同性愛を克服したことをキャメロンに話す。
キャメロンは、林の中でマリファナを栽培している”ジェーン・フォンダ”(サッシャ・レイン)とアダム・レッド・イーグル(フォレスト・グッドラック)から、リックがリディアの弟で、彼女の実験台にされたという話を聞く。
その後キャメロンは、様々な問題を抱える若者たちと接しながら、自分を見つめ直そうとするのだが・・・。


解説 評価 感想

2012年に発表された、エミリー・M・ダンフォースの小説”The Miseducation of Cameron Post”を基に製作された作品。

俳優としても活躍するデジレー・アカヴァンが、製作総指揮と脚本を兼ねて監督し、主演は主演クロエ・グレース・モレッツジョン・ギャラガーJr.ジェニファー・イーリーサッシャ・レインフォレスト・グッドラックなどが共演した作品。

同性愛者の改心施設で治療を受ける少女の苦悩を描くドラマ。

人気スターのクロエ・グレース・モレッツが、同性愛者のティーンエイジャーを演ずることで話題になった作品。

矯正改心施設に入れられた少女や同じ境遇の若者たちが、他の問題を抱えながら、自分らしさを見つけようとする姿が切実に描かれるドラマとして、批評家から高い評価を得た作品。

コメディ、ロマンス、アクションからサスペンス、ホラーまで、若くして様々な役柄を演じられる主演のクロエ・グレース・モレッツは、自分の生き方や考えに苦悩する少女を見事に演ずる、そのシリアスな演技が見どころの作品でもある。

施設を管理する牧師で自身も同性愛者だったジョン・ギャラガーJr.、その姉で施設の責任者である厳格な女性ジェニファー・イーリー、主人公と親交を深めるサッシャ・レインフォレスト・グッドラック、施設の教師マリン・アイアランド、治療を受ける問題を抱える少年オーウェン・キャンベル、両親のいない主人公を育てる叔母ケリー・バトラー、主人公と愛し合う友人クイン・シェパード、主人公のルームメイト、エミリー・スケッグス、治療を受けるメラニー・エアリック、アイザック・ジン・ゾルスタイン、クリストファー・ディラン・ホワイト、主人公のボーイフレンド、ダルトン・ハロッド ボーイフレンド、牧師のスティーヴン・ホーク、主人公の祖母デイル・ソウルズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022