4505 Movies

ユタから来た男 The Man from Utah (1934)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロデオ大会の不正を暴こうとする連邦保安官補の捜査を描く、監督ロバート・N・ブラッドベリー、主演ジョン・ウェインポリー・アン・ヤングエドワード・ピールSr.ジョージ”ギャビー”ヘイズヤキマ・カナット他共演の西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロバート・N・ブラッドベリー

製作:ポール・マルヴァーン
原作:リンズレイ・パーソンズ
脚本:リンズレイ・パーソンズ
編集:カール・ピアソン
撮影:ルイス・クライド・ストゥーメン

出演
ジョン・ウェストン:ジョン・ウェイン
マージョリー・カーター:ポリー・アン・ヤング
ドロレス:アニタ・カンピロ
スパイク・バートン:エドワード・ピールSr.
ジョージ・ヒギンズ連邦保安官:ジョージ”ギャビー”ヘイズ
シャイアン・ケント:ヤキマ・カナット
カーター:レイフ・マッキー
ダルトン・ヴァレーの保安官:ジョージ・クリーブランド

アメリカ 映画
配給 Monogram Pictures
1934年製作 55分
公開
北米:1934年5月14日
日本:1956年7月20日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ネバダ州。
ユタ準州から来た流れ者のジョン・ウェストン(ジョン・ウェイン)は、ギターを弾き歌いながら小さな町にたどり着く。

国有林の消防士を募集する貼り紙を見たジョンは、ジョージ・ヒギンズ連邦保安官ジョージ”ギャビー”ヘイズ)から、人は決まってしまったことを知らされる。

その時、3人の強盗が発砲しながら逃げようとする。

強盗とヒギンズは銃撃戦になり、ジョンが加勢して2人を射殺し、手を撃たれた男は逮捕される。

ジョンは、ヒギンズが自分も捕まえようとしたために、馬に乗って逃げる。

ヒギンズに追跡されたジョンは落馬してしまい、加勢したことを彼に伝える。

それを承知のヒギンズは、銃と馬を扱える者を探していたとジョンに伝えて、ダルトン・ヴァレー・ロデオ大会のチラシを見せる。

大会の主催者がいつも同じグループで、かならず彼らが優勝することを疑問に思っていたヒギンズは、他の候補は急病になったり死んだ者もいることをジョンに話す。

また、ヘビに噛まれて落馬する者もいると言うヒギンズは、ロデオに出場して捜査してもらいたいとジョンに伝える。

自分も後から現地に向かい、他人のフリをするというヒギンズの話を聞いたジョンは、その仕事を引き受ける。

ロデオを主宰する一味のリーダー、スパイク・バートン(エドワード・ピールSr.)は、不正がバレて捜査されることを恐れていた。

その前に、ロデオの賞金を積み国境に向かう駅馬車を襲うことを手下のシャイアン・ケント(ヤキマ・カナット)らに伝えたバートンは、ドロレス(アニタ・カンピロ)が駅馬車に乗り合図をする計画を話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ネバダ州。
ユタ準州から来た流れ者のジョン・ウェストンは、強盗を倒したことで、ヒギンズ連邦保安官に馬と銃の腕を認められ部下になる。
ジョンは、ダルトン・ヴァレーで行われるロデオ大会の不正を暴く捜査を任され、現地に向かい競技に参加することになる。
現地に着いたジョンはヒギンズと共に、ロデオの主催者バートン一味を探るために調査を始めるのだが・・・。
__________

まだ20代の若きジョン・ウェイン主演で1933年から製作された、17作の”Lone Star Western”の6作目。

ロデオ大会の不正を暴こうとする、連邦保安官補の捜査を描く西部劇。

サイレント時代から俳優、脚本家としても活躍していたロバート・N・ブラッドベリーの監督作品で、彼は、1930年代のジョン・ウェインの初期作品の多くを監督したことで知られる。
その殆どの作品に、本作にも登場するジョージ”ギャビー”ヘイズが出演している。

当時のアクションの見せ場となる、馬の追跡シーンなどが印象的で、ロデオ大会が舞台であるため、実際の各種競技が、迫力ある映像でたっぷりと見られるのも注目だ。

ジョン・ウェインのアクションに加え、彼の盟友でもあるヤキマ・カナットが、”本職”と言えるロデオの腕前を見せてくれるのはファンには嬉しいばかりだ。

主演のジョン・ウェインは、見かけはまだ細身で長身の青年なのだが、撮影当時26歳とは思えない、貫禄さえ感じる頼もしい男を演じ、見事な乗馬やアクションを披露して大活躍する。
彼がギターを弾きながら歌い登場するオープニングは注目だ。

主人公と惹かれ合う銀行の頭取の娘役で、ロレッタ・ヤングの姉として知られるポリー・アン・ヤング、悪党一味ではあるものの、最後には主人公に協力するアニタ・カンピロ、悪党一味のリーダー役エドワード・ピールSr.、主人公と共に悪党の不正を暴こうとする連邦保安官ジョージ”ギャビー”ヘイズ、悪党一味でロデオにも参加するヤキマ・カナット、ヒロインの父親である銀行の頭取レイフ・マッキー、保安官のジョージ・クリーブランドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021