4134 Movies

ロード・オブ・ザ・リング The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1954~55年に発表された J・R・R・トールキンの、3部作からなる「指輪物語」を原作に製作された作品。
壮大なスケールで描く、映画史上に残るファンタジー・ドラマの傑作である3部作の第1作目。
監督ピーター・ジャクソンイライジャ・ウッドショーン・アスティンイアン・マッケランヴィゴ・モーテンセンオーランド・ブルーム他共演のファンタジジー超大作。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・ジャクソン
製作総指揮
マーク・オーデスキー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ロバート・シェイ
マイケル・リン
製作
ピーター・ジャクソン
バリー・M・オズボーン
ティム・サンダース
フラン・ウォルシュ
原作:J・R・R・トールキン
脚本
フラン・ウォルシュ
フィリパ・ボウエン
ピーター・ジャクソン
撮影:アンドリュー・レスニー
編集:ジョン・ギルバート
美術・装置
グラント・メジャー
ダン・ヘナ
音楽:ハワード・ショア
主題歌:エンヤMay It Be” “Aniron

出演
フロド・バギンズ:イライジャ・ウッド
サムワイズ・ギャムジー(サム):ショーン・アスティン
ペレグリン・トゥック(ピピン):ビリー・ボイド
メリアドク・ブランディバック(メリー):ドミニク・モナハン
ガンダルフ:イアン・マッケラン
アラゴルン/ストライダー:ヴィゴ・モーテンセン
ギムリ:ジョン・リス=デイヴィス
レゴラス:オーランド・ブルーム
ボロミア:ショーン・ビーン
ガラドリエル:ケイト・ブランシェット
サルマン:クリストファー・リー
エルロンド卿:ヒューゴ・ウィーヴィング
アルウェン:リヴ・タイラー
ビルボ・バギンズ:イアン・ホルム
ケレボルン:マートン・チョーカシュ
ゴラム:アンディ・サーキス
ラーツ:ローレンス・マコーレ
サウロン:サラ・ベイカー
イシルドゥア:ハリー・シンクレア

アメリカ/ニュージーランド 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ
2001年製作 178分(特別編208分)
公開
北米:2001年12月19日
日本:2002年3月2日
ニュージーランド:2001年12月20日
製作費 $93,000,000
北米興行収入 $314,776,110
世界 $869,797,420


アカデミー賞 ■
第74回アカデミー賞
・受賞
撮影・視覚効果・メイクアップ・作曲賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(イアン・マッケラン)
脚色・編集・録音・美術・歌曲・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
すべては指輪の誕生で始まる・・・

3つの指輪が”エルフ”のものになり、不死の命を持つ賢く美しい種族となる、7つは”ドワーフ”の族長に渡り、鉱石採掘と細工物に優れた種族に、そして9つは”人間”に贈られて、何よりも権力を欲すことになる。

各種族は指輪で自らを治める力を得たはずだったが、指輪はもう一つあり、彼らは欺かれたのだ。

モルドール国の”滅びの山”で、冥王サウロン(サラ・ベイカー)は、密かに他に勝る指輪を造ったのだ。

その指輪にサウロンが注いだのは、邪悪な残忍さと支配欲で、全世界を支配する指輪だった。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ロード・オブ・ザ・リング」旅の仲間(2001)
・「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」(2002)
・「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」(2003)

・「ホビット 思いがけない冒険」(2012)
・「ホビット 竜に奪われた王国」(2013)
・「ホビット 決戦のゆくえ」(2014)

*(簡略ストー リー)
遠い昔、冥王サウロンは、他の何者にも勝る魔力を秘め指輪を造った。
指輪の魔力に屈してしまった中つ国では、人間とエルフの連合軍がサウロンに抵抗するものの圧倒される。
希望を失いかけた時、勇者イシルドゥア がサウロンの指を切り落とし、そして敵は滅びる。
数千年の時を経て、指輪は新しい持ちゴラムに、そしてホビット族ビルボから養子のフロドの手に渡る。
しかし、サウロンの魂が指輪を奪い返そうと迫り、フロドは、指輪の秘密を魔法使いガンダルフから知らされ、庭師のサムや友人メリーとピピンと共に旅立つ。
途中フロドらは、流れ者ストライダー/アラゴルンに危険を知らされ、彼と共にエルフの国に向かう。
その後、指輪の僕ナズグルに襲われたフロドは負傷し、瀕死の彼はエルフの姫アルウェンに救われる。
エルロンドの館で回復したフロドは、サム達と合流しビルボとも再会する。
フロドは、指輪を葬るためには、モルドール国の滅びの山の火口に、それを投げ込むしかないことを知る。
そして、フロドが自らの手で指輪を葬る意思を示し、ガンドルフ、アルゴルン、ゴンドールの執政の息子ボロミア、レゴラス、ギムリ、サム、メリー、ピピン、を含めた9人が、”指輪が結ぶ旅の仲間”として、運命の旅に出る・・・。
__________

大スターが主演した作品ではないが、多彩な登場人物など、原作を読んでいないと解りにくい複雑なストーリーを、ゆるやかな展開で丁寧に描いたピーター・ジャクソンの演出で、物語を知らなくても、子供から大人まで十分楽しめる。

興行収入も、3作共に大ヒットとなったシリーズで、3部作の合計が、全世界で約30億ドルという、とてつもない記録を打ち立てた。

:本作
北米興行収入 $314,776,110
世界 $869,797,420

第74回アカデミー賞では、作品賞をはじめ、実に13部門にノミネートされ、撮影、視覚効果、メイクアップ、作曲賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演男優(イアン・マッケラン)
脚色・編集・録音・美術
歌曲・衣装デザイン賞

作曲賞を受賞したハワード・ショアの、ゆったりとした美しい音楽、同じく候補になったエンドロールで流れる、エンヤの主題歌”May It Be“は、ドラマの余韻が残る中で心地よく見終わることができる。

CGを多用してるとは言え、ニュージーランド・ロケの大自然の美しさは特筆すべきものとなった。

本作で度肝を抜かれた映像美やスケールの大きな戦闘シーンは、今後、続編ではそれを遥かに凌ぐ物になっていくところに驚かされる。

派手な部分だけでなく、人間とホビットとの身長差が違和感なく見える工夫や、メイクアップや衣装なども見事な出来栄えだ。

主人公イライジャ・ウッドは、メイクをしている訳でもない、いつもの彼なのだが、このファンタジー物語のイメージに妙に合っている。

9人の“旅の仲間”のリーダー、魔法使いのガンダルフを演ずるイアン・マッケランと、今後ドラマの中心人物となっていく、指輪の持ち主の末裔ヴィゴ・モーテンセンの、勇気と活躍が本作では目を引く。

主人公フロド(E・ウッド)に忠誠を誓う庭師の友人、女優パティ・デュークの息子ショーン・アスティンと、ビリー・ボイドドミニク・モナハン、ドワーフの戦士で、どう見ても本人に見えないメイクが見事なジョン・リス=デイヴィス、弓の名手で、貴公子のようだが実に頼もしいオーランド・ブルーム、旅の目的を理解しながらも、指輪を葬ることに疑問を抱きつつ命を落とす、ゴンドールの執政の長子ショーン・ビーン、正に妖精のような美しさで画面に映える、物語にアクセントを加える、二人ケイト・ブランシェットリヴ・タイラー、冥王サウロンに寝返るクリストファー・リー、裂け谷の主人ヒューゴ・ウィーヴィング、そして、この物語のきっかけを作るホビットのイアン・ホルム、今後、重要なキャラクターとなるゴラム役のアンディ・サーキスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020