4219 Movies

ダイアナの選択 The Life Before Her Eyes (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

理想と現実を見つめながら生きる、銃乱射事件に巻き込まれた高校生の死の瞬間までを描く、ユマ・サーマンエヴァン・レイチェル・ウッド他共演、製作、監督ヴァディム・パールマンによるミステリー・ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ヴァディム・パールマン
製作総指揮
トッド・ワグナー

マーク・キューバン
マーク・バタン
製作
ヴァディム・パールマン

エイメ・ペロンネ
アンソニー・カタガス
原作:ローラ・カジシュキー
脚本:エミール・スターン
撮影:パヴェル・エデルマン
編集:デヴィッド・バクスター
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ダイアナ・マクフィー:ユマ・サーマン

ダイアナ(少女期):エヴァン・レイチェル・ウッド
モーリーン:エヴァ・アムリ
マーカス:オスカー・アイザック
エマ・マクフィー:ガブリエル・ブレナン
ポール・マクフィー:ブレット・カレン
マクロード:ジャック・ギルピン
マイケル・パトリック:ジョン・マガロ
ダイアナの母:モリー・プライス
アマンダ(少女期):ナタリー・ポールディング
アマンダ:マギー・レイシー

アメリカ 映画
配給 マグノリア・ピクチャーズ

2008年製作 89分
公開
北米:2008年4月18日
日本:2009年3月14日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $303,440
世界 $7,248,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
コネチカット州。
高校生のダイアナ・マクフィー(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、周囲に対して反抗的な態度を取り、問題ばかり起こす少女だった。

そんなダイアナは、乱れた生活を送る自分とは対照的な、信仰も厚いクラスメイトのモーリーン(エヴァ・アムリ)には心を許していた。

1年後。
校内のトイレにいたダイアナとモーリーンは、銃の乱射事件が起きたのに気づく。

多数の死者を出した高校はパニックとなり、周囲は警察に包囲される。
__________

15年後・・・。
哲学教授のポール・マクフィー(ブレット・カレン)と結婚し、美術史の教授になっていたダイアナ(ユマ・サーマン)は、娘エマ(ガブリエル・ブレナン)と共に幸せな日々を送っていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

2002年に発表されたローラ・カジシュキーの同名小説を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
周囲に反抗的で、奔放な毎日を送る高校生ダイアナ・マクフィーには、モーリーンという心の友がいた。
二人はある日、校内で起きた銃乱射事件に巻き込まれ、犯人に銃を突きつけられながら、”どちらを殺すか”の選択を迫られる。
乱れた生活の中で、理想の生活を思い描いていたダイアナは、自分を信じてその決断を下す・・・。
__________

過去と現実が目まぐるしく入れ替わる場面展開、はっきりと見えてこない”死の決断”の意味、監督ヴァディム・パールマンが、何をどのように訴えようとしているのか混乱してくる中で、随所に多くのヒントを残して、衝撃のクライマックスとラストを迎える。

見終わった後も、一瞬、腑に落ちない思いでいた方は多かったはずだ。

結局は、”悲劇の過去と現実”と思い込ませるストーリーのトリックを、どの次点で”現実と理想の未来”と見抜くかがポイントで、それに気づかないままエンドロールを迎えると混乱してしまうという、実に凝った仕上がりの作品。

”過去の惨劇と罪悪感”に悩まされながら毎日を送る、”現実ではない”主人公を演ずるユマ・サーマン、夫ブレット・カレン、娘のガブリエル・ブレナンユマ・サーマンを凌ぐ存在感で高校生時代のダイアナを演ずるエヴァン・レイチェル・ウッド、彼女のただ一人の友人で”死の選択”を迫られるエヴァ・アムリ、ダイアナ(E・R・ウッド)の恋人オスカー・アイザック、母モリー・プライス、彼女に理解を示す生物教師のジャック・ギルピン、銃乱射犯人ジョン・マガロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020