4508 Movies

襲われた幌馬車 The Last Wagon (1956)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妻子を殺され復讐を果たそうとしたコマンチに育てられた男が、囚われの身となりながら幌馬車隊と合流しアパッチの襲撃に対抗する姿を描く、監督デルマー・デイヴィス、主演リチャード・ウィドマークフェリシア・ファースーザン・コーナーニック・アダムス他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:デルマー・デイヴィス

製作:ウィリアム・B・ホークス
脚本
ジェームズ・エドワード・グラント
デルマー・デイヴィス
グウェン・バグニー・ギルガット
原案:グウェン・バグニー・ギルガット
撮影:ウィルフリッド・クライン
編集:ヒュー・S・ファウラー
音楽:ライオネル・ニューマン

出演
コマンチ”トッド:リチャード・ウィドマーク
ジェニー:フェリシア・ファー
ジョリー・ノーマンド:スーザン・コーナー
ビリー:トミー・レティグ
ヴァリンダ・ノーマンド:ステファニー・グリフィン
クリント:レイ・ストリックリン
リッジ:ニック・アダムス
オリバー・O・ハワード将軍:カール・ベントン・リード
ノーマンド大佐:ダグラス・ケネディ
ブル・ハーパー保安官:ジョージ・マシューズ
コール・ハーパー:ティモシー・ケリー
ケリー中尉:ジェームズ・ドルーリー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1956年製作 98分
公開
北米:1956年9月21日
日本:1956年12月1日
製作費 $1,670,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1873年、アリゾナ準州
両親を亡くしコマンチに育てられた”コマンチ”トッド(リチャード・ウィドマーク)は、ブル・ハーパー保安官(ジョージ・マシューズ)と二人の弟と対決していた。

弟の一人を倒したトッドは、弾切が切れたためにアパッチの居住地に逃げ込む。

それを知ったハーパーと弟のコール・ハーパー(ティモシー・ケリー)は、トッドが3日間何も食べていないはずであり、逮捕は武勇伝になると考えて追跡する。

疲労困憊して空腹に耐えながら相手を待ち伏せしたトッドは、コールに襲いっかってナイフで刺し殺す。

しかし、現れたハーパーに腕を撃たれたトッドは捕らえられ、オーククリークに連行されることになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1873年、アリゾナ準州
20年間コマンチに育てられた”コマンチ”トッドは、妻子を殺したハーパー4兄弟と対決していた。
3人を殺したトッドだったが、ハーパー保安官に捕らえられ、その後、幌馬車隊に合流する。
幌馬車隊のジェニーと弟のビリーは、拘束されるトッドを気の毒に思う。
その夜、隠れて川に水浴びに行ったノーマンド大佐の娘でナバホ族との混血児のジョリーと異母姉ヴァリンダらとビリーを連れ戻しに行ったジェニーは、幌馬車隊がアパッチの襲撃を受けて全員が殺されたことを知る。
馬車と共に崖下に落とされるものの無事だったトッドは助けられ、自分を信じるジェニーとビリーと共に、アパッチの襲撃を前にその場を去ろうとするのだが・・・。
__________

保安官とその兄弟に妻子を殺されたコマンチに育てられた男の復讐と、アパッチの襲撃を受けた幌馬車隊の生存者が、親交を深めると共に反発し合いながら、命を懸けて敵に立ち向かう姿を描く正統派西部劇。

白人と先住民の戦いを単純に描くのではなく、人種偏見や先住民に対する白人の率直な考え、そして軍による討伐の正当性の追及などを描く、深いドラマに仕上がている。

勇気や正義が伴う犠牲などを一貫して説く主人公と、彼に惹かれる姉弟との親交や愛情、主人公の行動が人間の心を動かす姿なども描く、デルマー・デイヴィスの力強い演出が見どころの作品。

オーククリーク・キャニオンなどで行われたロケは効果を上げてドラマを盛り上げ、シネマスコープに映える風景なども美しく、ライオネル・ニューマンの音楽も印象に残る。

主演のリチャード・ウィドマークは、勇気ある行動で、その瞬間に最善を尽くす正義感溢れる男を熱演している。
リチャード・ウィドマークは冒頭から登場するものの、上映から20以上も一言もセリフを発しないことで、長年コマンチとして生きてきた男の雰囲気を演出している。

主人公に惹かれながら彼を常に支えるフェリシア・ファー、同じく主人公を信頼する弟のトミー・レティグナバホ族と白人の混血である陸軍大佐(ダグラス・ケネディ)の娘スーザン・コーナー、彼女を軽蔑するその異母姉ステファニー・グリフィン、家族をアパッチに殺される幌馬車隊の少年レイ・ストリックリン、当初は主人公に反発する青年ニック・アダムス、軍の司令官で判事も兼ねる将軍のカール・ベントン・リード、弟達と共に主人公の妻子を殺した保安官のジョージ・マシューズ、その弟ティモシー・ケリー、主人公の勇気に敬意を表する軍の中尉ジェームズ・ドルーリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021