4508 Movies

しあわせの帰る場所 Fireflies in the Garden (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

母の死をきっかけに父との確執について向き合う作家と家族の再生を描く、主演ライアン・レイノルズウィレム・デフォーエミリー・ワトソンキャリー=アン・モスジュリア・ロバーツヨアン・グリフィズ他共演、監督、脚本デニス・リーによるドラマ。


ドラマ

エミリー・ワトソン / Emily Watson / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デニス・リー

製作
マルコ・ウェバー
ヴァネッサ・コイフマン
シュキー・チュウ
製作総指揮
ジェリー・ハウスファター
ミルトン・リュウ
脚本:デニス・リー
撮影:ダニエル・モダー
編集
デデ・アレン
ロバート・ブレイキー
音楽:ハビエル・ナバレテ

出演
マイケル・テイラー:ライアン・レイノルズ
チャールズ・テイラー:ウィレム・デフォー
ジェーン・ローレンス:エミリー・ワトソン
ケリー・ハンソン:キャリー=アン・モス
リサ・テイラー:ジュリア・ロバーツ
ジェーン・ローレンス(少年期):ヘイデン・パネッティーア
アディソン・ウェスリー:ヨアン・グリフィズ
ライン・テイラー:シャノン・ルシオ
マイケル・テイラー(少女期):ケイデン・ボイド
ジミー・ローレンス:ジョージ・ニューバーン
クリストファー・ローレンス:チェイス・エリソン
レスリー・ローレンス:ブルックリン・プルー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2008年製作 98分
公開
北米:2011年10月14日
日本:未公開
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $70,600
世界 $3,393,160


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、ラークシュプール
英文学の教授であるチャールズ・テイラー(ウィレム・デフォー)は、妻のリサ(ジュリア・ロバーツ)と息子のマイケル(ケイデン・ボイド)と共に、義妹を迎えに行くために雨の中、車で空港に向かう。

マイケルに厳しいチャールズは、車の中で延々と小言を言って、不満そうな息子を降ろして、歩いて家に帰らせようとする。

意見するリサと言い争いになったチャールズは、マイケルが降りたために車を出す。

チャールズとの生活に限界を感じたマイケルは、叫び声をあげて走って家に帰る。
__________

作家として成功したマイケル(ライアン・レイノルズ)は、母リサの大学の卒業式のために帰郷しようとするが、未だに父チャールズとの溝は埋められなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、ラークシュプール
成功している作家のマイケル・テイラーは、母リサの大学の卒業式のために帰郷する。
大学教授の父チャールズに厳しく育てられたマイケルは、父を嫌い、その溝は埋まらないままだった。
卒業式に向かうチャールズは、リサの妹ジェーンの息子クリストファーが道路に飛び出したために、それを避けようとして電柱に激突してしまう。
同乗していたリサは死亡し、空港に迎えに来た妹のラインと共にその知らせを受けたマイケルは事故現場に向かい、母の死と父が無事だったことを知る。
悲しみの中で葬儀は行われ、別れた妻ケリーとラインと共に、リサの遺品の整理をチャールズから頼まれたマイケルは、母のある秘密を知ってしまう・・・。
__________

幼い頃に受けた父親からに仕打ち、それにより埋められなかった溝、母の死をきっかけにそれに向かい合う青年と、家族の再生までを描くドラマ。

自立を考えていた母親が、予期せぬ死ではあるものの、その死により、父親と息子の確執の解消の手助けをして、天国から家族を見守っているような雰囲気で展開する物語。

厳格とは言え、ほとんど虐待に思える父親の息子に対する行為や、死後に明らかになった母親の秘密が”浮気”だったという内容など、押しつけがましい脚本が個人的にやや違和感を感じる。

主人公と従姉の関係に深い何かがあったように思わせているところや、その従姉の生い立ちなどがはっきりと描かれていないのも、いいキャラクターだったために微妙に消化不良的に思える。

実力派スター豪華共演のキャスティング、その確かな演技、家族の再生に向けて盛り上がる終盤などが見どころの作品ではあるが、拡大公開もされずに商業的には成功しなかった。

本作の撮影は2007年だったために、主演のライアン・レイノルズはまだブレイクする前の時期ではあるが、父との確執、そしてその関係に向き合おうとする青年を好演している。

主人公に厳しく接する大学教授である父親ウィレム・デフォー、主人公の理解者でもある従姉を印象深く演ずるエミリー・ワトソン、その少女期ヘイデン・パネッティーア、主人公と復縁することになる妻キャリー=アン・モス、主人公を優しく見守る母親ジュリア・ロバーツ、彼女と関係を持っていた大学教授のヨアン・グリフィズ、主人公の妹シャノン・ルシオ、主人公の少年期ケイデン・ボイド、ジェーン(エミリー・ワトソン)の夫ジョージ・ニューバーン、その息子チェイス・エリソン、その妹ブルックリン・プルーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021