4219 Movies

雨の朝巴里に死す The Last Time I Saw Paris (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1930年に執筆され翌年”The Saturday Evening Post”に掲載された、F・スコット・フィッツジェラルドの短編”Babylon Revisited”を基に製作された作品。
第二次大戦下のパリ解放時に出会った、奔放な女性と従軍記者の愛を描く、監督リチャード・ブルックス、主演エリザベス・テイラーヴァン・ジョンソンウォルター・ピジョンドナ・リードエヴァ・ガボール、そして若き日のロジャー・ムーア他共演のロマンス。


ドラマ(ロマンス)

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・ブルックス
製作:ジャック・カミングス
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
Babylon Revisited”(The Saturday Evening Post)
脚本
ジュリアス・J・エプスタイン

フィリップ・G・エプスタイン
リチャード・ブルックス
撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
編集:ジョン・ダニング
音楽:コンラッド・サリンジャー
主題歌”The Last Time I Saw Paris
作曲:ジェローム・カーン

作詞:オスカー・ハマースタイン2世

出演
ヘレン・エルスワース:エリザベス・テイラー

チャールズ・ウィルス:ヴァン・ジョンソン
ジェームズ・エルスワース:ウォルター・ピジョン
マリオン・エルスワース:ドナ・リード
ロレイン・クオール:エヴァ・ガボール
モーリス:カート・カズナー
ポール・レーン:ロジャー・ムーア
クロード・マティヌ:ジョージ・ドレンツ
ヴィッキー・ウィルス:サンディ・デスチャー
キャンベル:ジョン・ドーセット

アメリカ 映画
配給 MGM

1954年製作 115分
公開
北米:1954年11月18日
日本:1955年4月3日
製作費 $1,960,000
北米興行収入 $
世界 $4,940,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
パリ
アメリカ人のチャールズ・ウィルス(ヴァン・ジョンソン)は、到着後に何か所かを回り思いに耽る。
あるカフェに向かったチャールズは、壁に描かれた女性に目をやる。

主人のモーリス(カート・カズナー)がチャールズに気づき、二人は2年ぶりの再会を喜ぶ。

娘に会いに来たとモーリスに伝えたチャールズは、当時のことを思い出す。

1944年8月。
第二次大戦下、ナチの占領からパリは解放され、”星条旗新聞”の記者チャールズは、喜びに沸く人々の中である女性(エリザベス・テイラー)にキスされる。

女性が気になったチャールズだったが、彼女は雑踏の中に消えてしまう。

モーリスのカフェに向かったチャールズは、店の奥で自分を見つめる女性に気づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
パリに戻ったアメリカ人チャールズ・ウィルスは、ある女性のことを想い起す。
1944年、パリ第二次大戦下、ナチの占領から解放され市民の喜びで湧く街角で、チャールズは見知らぬ女性ヘレン・エルスワースにキスされて別れる。
その後、カフェで出会ったマリオンの自宅パーティーに招かれたチャールズは、彼女の妹がヘレンだと知る。
マリオンはチャールズに惹かれたのだが、彼はヘレンと意気投合しやがて愛し合うようになる。
結婚したチャールズとヘレンには娘ヴィッキーも生まれるのだが、作家になる夢を果たせない彼は苦悩する。
やがて、派手な生活を好むヘレンとチャールズの生活にすれ違いが生ずる・・・。
__________

F・スコット・フィッツジェラルドの短編の内容を第二次大戦終戦直前から戦後の激動の時代に置き換え、リチャード・ブルックスが描いたドラマ。

苦難を乗り越えた様々な人々の個々の生活感が、その時代を象徴するように描かれている。

平和を手にした人々の希望に満ち溢れた雰囲気で始まる物語は、序盤で悲劇を予感させる場面もあり、終盤でそれが現実となるメロドラマ・タッチの展開となる。

やや単調とも思えるリチャード・ブルックスの演出だが、他人への憎しみが自分も不幸にすることを悟った主人公の姉が心を開き、義弟とその娘の幸福な姿を映し出すラストは爽やかに締めくくられる。

20代前半にして既に大女優の風格さえ漂う美しいエリザベス・テイラーの魅力は際立ち、少々欲張り過ぎな感はあるが、奔放な自由人から悲劇のヒロインまで変幻自在に演じている。

MGMの黄金期を支えた人気スター、ヴァン・ジョンソンも、典型的なアメリカ青年から苦悩する姿まで実力派らしい演技を見せてくれる。

主人公の父親を砕けた雰囲気で演ずる名優ウォルター・ピジョン、主人公の姉ドナ・リード、富豪夫人エヴァ・ガボール、カフェの主人カート・カズナー、主人公と親交を深めるテニス・プレイヤーで若き日のロジャー・ムーア、主人公の義兄ジョージ・ドレンツ、そして主人公の娘を演ずる、実に表情豊かなサンディ・デスチャーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020