4217 Movies

ベスト・キッド The Karate Kid (1984)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

いじめに遭う転校生と空手の達人である日本人との親交を描く、監督、編集ジョン・G・アヴィルドセン、主演ラルフ・マッチオノリユキ・パット・モリタエリザベス・シュー他共演によるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・G・アヴィルドセン
製作総指揮:R・J・ルイス
製作:ジェリー・ワイントローブ
脚本:ロバート・マーク・ケイメン
撮影:ジェームズ・クレイブ

編集
ジョン・G・アヴィルドセン

ウォルト・マルコネリ
バド・ S・スミス
音楽:ビル・コンティ

出演
ダニエル・ラルッソ:ラルフ・マッチオ
ケースケ・ミヤギ:ノリユキ・パット・モリタ
アリ・マイルズ:エリザベス・シュー
ジョニー・ローレンス:ウィリアム・ザブカ
ジョン・クリーズ:マーティン・コーヴ
ルシール・ラルッソ:ランディ・ヘラー
フレディ・フェルナンデス:イスラエル・フアルベ
ダッチ:チャド・マックイーン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1984年製作 126分
公開
北米:1986年6月22日
日本:1985年2月16日
北米興行収入 $90,815,560


アカデミー賞 ■
第57回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ノリユキ・パット・モリタ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
高校生のダニエル・ラルッソ(ラルフ・マッチオ)と母ルシール(ランディ・ヘラー)は、ニュージャージーからロサンゼルスサンフェルナンド・バレーに引っ越してくる。

ダニエルは、住居となるアパートに到着し、隣人のフレディ・フェルナンデス(イスラエル・フアルベ)と親しくなる。

その後、部屋の水道が壊れているのに気づいたダニエルは、アパートの管理人で異様な雰囲気の東洋人ケースケ・ミヤギ(ノリユキ・パット・モリタ)に修理を依頼する。

その夜、フレディからビーチ・パーティーに誘われたダニエルは、同じ高校に通うことになるはずの裕福な家庭の少女アリ・マイルズ(エリザベス・シュー)に一目惚れしてしまう。

しかしダニエルは、ビーチに現れたアリの元ボーイフレンドのジョニー・ローレンス(ウィリアム・ザブカ)に目を付けられ、得意の空手でのされてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ロッキー」(1976)で世界的な知名度を得たジョン・G・アヴィルドセンの監督作品にも拘わらず、公開前、そして直後も全く注目されずにいたところ、全世界で予想を遥かに超える大ヒットを記録した痛快青春ドラマ。
参考:
・「ベスト・キッド」(1984)
・「ベスト・キッド2」(1986)
・「ベスト・キッド3」(1989)
・「ベスト・キッド4」(1994)
・「ベスト・キッド」(2010)

*(簡略ストー リー)
東部から、ロサンゼルスに引っ越してきた高校生ダニエル・ラルッソは、同じ高校に通う裕福な少女アリに一目惚れしてしまう。
しかしダニエルは、アリの元ボーイフレンドのジョニーらに目を付けられ、空手で痛めつけられてしまう。
その後も、ジョニーらの嫌がらせを受けて、それを避けようとするダニーは怯える。
そんな時ダニエルは、アパートの管理人である日本人のミヤギと知り合い、彼から空手を習うことになるのだが・・・。
__________

転校してきた高校生、いじめ、恋、師匠との出会い、そして対決と勝利という、日本人とその文化との交流を、空手を通した単純で分かり易いストーリーで描きながら、ラストの盛り上がりで感動を呼ぶ。

ただの青春映画ではなく、少年と日本人の老人との心の触れ合いをメインに描いた、ジョン・G・アヴィルドセンの繊細な演出は、空手アクション映画の枠を超えた作品となっている。

ロッキー」(1976)でもジョン・G・アヴィルドセンと組んだビル・コンティの、感動を誘う爽やかな音楽も印象に残る。

第57回アカデミー賞では、ノリユキ・パット・モリタが、助演男優賞にノミネートされた。

主演のラルフ・マッチオは、「アウトサイダー」(1983)などにも出演していたものの、本作で一躍脚光を浴びることになる。

どこにでもいる少年という感じの彼は、初々しい演技が実に爽やかだ。

ダニエルの空手スタイルは、日本人から見ると滑稽に見えるが、その防御の心得を教え込むノリユキ・パット・モリタの、淡々とした演技がなかなかいい。

時々口にする、完璧な発音の日本語も嬉しい。

エリザベス・シューも、嫌味のない裕福なお嬢様役を好演している。

主人公の敵役で、最後には潔く負けを認めるウィリアム・ザブカ、彼の師匠マーティン・コーヴ、主人公の母親ランディ・ヘラー、隣人イスラエル・フアルベ等が共演している。
スティーヴ・マックィーンの息子チャド・マックイーンも、悪童一味で出演している。

本作での最大の疑問は、邦題に原題の「The Karate Kid」をなぜそのまま使わなかったかということだ。
本作で登場する空手を、本物と認めるわけにいかなかったのだろうか、不思議でならない。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020