4236 Movies

ジャッカル The Jackal (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1971年に発表された、フレデリック・フォーサイスの小説”ジャッカルの日”を基にフレッド・ジンネマンが演出したサスペンス映画の傑作「ジャッカルの日」(1973)のリメイク。
MVD(ロシア内務省)少佐とアメリカの要人の暗殺を請け負った謎の暗殺者”ジャッカル”とそれを追うFBIと元IRAの戦いを描く、製作、監督マイケル・ケイトン=ジョーンズ、主演ブルース・ウィリスリチャード・ギアシドニー・ポワチエダイアン・ヴェノーラ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
製作総指揮
マーク・ゴードン

テレンス・クレッグ
ハル・リーバーマン

製作
マイケル・ケイトン=ジョーンズ

ジェームズ・ジャックス
ショーン・ダニエル
ケヴィン・ジャール
脚本:チャック・ファーラー
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
編集:ジム・クラーク
音楽:カーター・バーウェル

出演
ジャッカル:ブルース・ウィリス

デクラン・マルクィーン:リチャード・ギア
カーター・プレストンFBI副長官:シドニー・ポワチエ
ヴァレンティーナ・コスロヴァ少佐:ダイアン・ヴェノーラ
イザベラ・ザンコーナ:マチルダ・メイ
T・I・ウィザースプーン捜査官:J・ K・シモンズ
テレク・ムラド:デヴィッド・ハイマン
イアン・ラモン:ジャック・ブラック
マクマーフィー捜査官:リチャード・ラインバック
ドナルド・ブラウンFBI長官:ジョン・カニンガム
大統領夫人:テス・ハーパー

本人:ラリー・キング

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1997年製作 124分
公開
北米:1997年11月14日
日本:1998年6月20日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $54,910,560
世界 $159,330,280


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
モスクワ
FBI副長官カーター・プレストン(シドニー・ポワチエ)とMVD(ロシア内務省)のヴァレンティーナ・コスロヴァ少佐(ダイアン・ヴェノーラ)らは、アゼルバイジャンのマフィアを捕らえようとする。

あるクラブに乱入したプレストンとコスロヴァは、マフィアに逮捕状を突きつけるが、相手は暴言を吐きながら暴れ始める。

コスロヴァは、襲い掛かってきたマフィアを射殺してしまう。

ヘルシンキ
FBIに弟を殺されたマフィアの大物テレク・ムラド(デヴィッド・ハイマン)は、その連絡を受け、今回の件を宣戦布告と考え復讐を誓う。

ムラドは、謎の暗殺者ジャッカル(ブルース・ウィリス)に、弟を殺したMVD局員とアメリカの要人の暗殺を依頼する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

小説”ジャッカルの日”の原作者フレデリック・フォーサイスや監督フレッド・ジンネマンから横槍が入り、彼等としては”リメイク”と認めたくない作品のようだ。

フレッド・ジンネマンは公開の8ヶ月前に亡くなっている。

ジャッカルの日」(1973)とほぼ同じ状況のシーンが多くあり、第三者から見れば紛れもなく”リメイク”だと言える作品・・・。

*(簡略ストー リー)
1971年に発表された、フレデリック・フォーサイスの小説”ジャッカルの日”を基にフレッド・ジンネマンが演出したサスペンス映画の傑作「ジャッカルの日」(1973)のリメイク。

しかし、原作者のフレデリック・フォーサイスや監督フレッド・ジンネマンから横槍が入り、彼等としては”リメイク”と認めたくない作品のようだ。

フレッド・ジンネマンは公開の8ヶ月前に亡くなっている。

ジャッカルの日」(1973)とほぼ同じ状況のシーンが多くあり、第三者から見れば紛れもなく”リメイク”だと言える作品・・・。

*(簡略ストーリー)
FBIの副長官プレストンとMVD(ロシア内務省)のコスロヴァ少佐は、マフィアを捕らえようとして殺害してしまう。
弟を殺されたマフィアの大物ムラドは復讐を誓う。
ムラドは、弟を殺したMVD局員のコスロヴァとアメリカの要人の暗殺を謎の暗殺者”ジャッカル”に報酬7000万ドルで依頼する。
プレストンとコスロヴァは、ムラドの部下を捕らえ、”ジャッカル”の存在を確認するが、変装の達人で情報のない彼の捜査は困難を極める。
その頃ジャッカルは、武器の手配を済ませた後モントリオールに向い、準備を整えてアメリカに入国しようとする。
一方、プレストンらは、ジャッカルを知る元ETA(バスク祖国と自由)のイザベラの所在を捜すために、彼女と関係のあった元IRAのスナイパーで服役中のテロリスト、デクラン・マルクィーンに協力を要請する。
マルクィーンもジャッカルを知っているため、釈放とイザベルの保護を求めプレストンに了解させる。
そして、イザベルに再会したマルクィーンは、その後、ジャッカルがモントリオールで武器の準備をした形跡を見つけ、アメリカに向かった彼を追う・・・。
__________

時代背景が1960年代の前作は、当時のフランス大統領ドゴールの暗殺計画を描くサスペンスだったのに対して、本作はアクションを重視している。

北米興行収入は約5500万ドルに留まるが、全世界では、約1億6000万ドルのヒットとなった。

主演のブルース・ウィリスは、巧みな変装などで熱演はしているが、前作のエドワード・フォックスの、隙のない洗練された暗殺者”ジャッカル”には遥かに及ばないという感じだ。

前作にはないキャラクターで、元IRAのスナイパー、リチャード・ギアの方が新鮮な感じを受けるものの、ミス・キャストという声も聞かれた。
確かに、容姿、雰囲気共にテロリストには見えない。

FBIの副長官自らが、最前線で指揮を執るのだろうかと疑問も残るが、70歳を迎えたシドニー・ポワチエの燻し銀の存在は、本作に重厚さを与えてくれている。

男勝りで逞しいMVD局員ダイアン・ヴェノーラ、美しいバスクの闘士マチルダ・メイ、欲を見せて抹殺される銃の台座を作製する若者ジャック・ブラックFBI捜査官J・ K・シモンズリチャード・ラインバックFBI長官役のジョン・カニンガム、大統領夫人のテス・ハーパー、そして、本人役でラリー・キングも登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020