4213 Movies

インベージョン The Invasion (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1955年に発表された、ジャック・フィニイの小説”盗まれた街(The Body Snatchers)”を基に製作されたボディ・スナッチャー/恐怖の街」(1956)の3度目のリメイク。
感情のない人格に変わってしまうという地球外ウィルスによる侵略に対し、我が子を命がけで守ろうとする精神科医の戦いを描く、監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル、主演ニコール・キッドマンダニエル・クレイグジェレミー・ノーサムジェフリー・ライトヴェロニカ・カートライト他共演のSFサスペンス・ホラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
製作:ジョエル・シルヴァー
製作総指揮
ロイ・リー

スーザン・ダウニー
ブルース・バーマン
原作:ジャック・フィニイThe Body Snatchers
脚本
デヴィッド・カイガニック

ウォシャウスキー姉弟
撮影:ライナー・クラウスマン

編集
ハンス・フンク

ジョエル・ネグロン
音楽:ジョン・オットマン

出演
ニコール・キッドマン:キャロル・ベネル
ダニエル・クレイグ:ベン・ドリスコル
ジェレミー・ノーサム:タッカー・カウフマン
ジャクソン・ボンド:オリヴァー・ベネル
ジェフリー・ライト:スティーヴン・ガレアーノ
ヴェロニカ・カートライト:ウェンディ・レンク
アダム・ルフェーヴル:リチャード・レンク
ジョセフ・ソマー:ヘンリク・ベリチェク
セリア・ウェストン:リュドミラ・ベリチェク
ロジャー・リース:ヨリシュ・カゴニヴィッチ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2007年製作 99分
公開
北米:2007年8月17日
日本:2007年10月20日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $15,071,510
世界 $40,170,560


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
爆破墜落したスペースシャトルの機体残骸から、地球外生物に汚染された物質が見つかる。

ワシントンD.C.
疫病対策センターのタッカー・カウフマン(ジェレミー・ノーサム)は、残骸の調査に呼び出される。

カウフマンは、それを拾った住民から残骸を渡され、触れた瞬間に痛みを感じ、就寝後に身体に異状をきたす。

精神科医キャロル・ベネル(ニコール・キッドマン)は、元夫のカウフマンから、突然、息子オリヴァー(ジャクソン・ボンド)に会いたいと言われて戸惑う。

オリヴァーをハロウィン・パーティーに向かわせたキャロルは、親友の医師ベン・ドリスコル(ダニエル・クレイグ)の車に乗りオフィスに向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
スペースシャトルが墜落し、残骸から地球外生物に汚染された物質が発見される。
精神科医キャロル・ベネルは、元夫のカウフマンが別人のようになったことを不審に思う。
その後キャロルは、周囲の人々の異変をに気づく。
キャロルは、息子オリヴァーの手に張り付いていた物体を、親友の医師ベンに渡し、彼はそれを同僚のスティーヴンに分析してもらう。
そして、キャロルとベンは、例の物体が、知性を持つ生命体だということを、スティーヴンから知らされるのだが・・・。
__________

「ヒトラー~最期の12日間~」で注目されたドイツ人監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル、今を時めく大スター、ニコール・キッドマンダニエル・クレイグの共演、さらには巨額な製作費(8000万ドル)をかけて話題になった作品。

しかし、興行収入は、全世界を合計しても、製作費の半分を回収したにすぎず、商業的には大失敗に終わってしまった。

ニコール・キッドマンの美しさばかりが目立ち、そのような役柄ではないのだが、007シリーズのボンド役ダニエル・クレイグの活躍も物足りず、サスペンスとしての緊張感もそれほど感じない。

悪く言うと上記二人が出演していなければ、単なるB級ホラーとしか言えない作品とも言える。

とは言え、やはり映画というものは色々な見方があり、スクリーン上で輝くようなニコール・キッドマンや、ボンド役とはイメージが全く違うダニエル・クレイグの新鮮さを感じられるだけでも楽しめる。

二人は「ライラの冒険」(2007)で、D・クレイグは、ワクチンを開発するジェフリー・ライトとは、007シリーズで共演している。

感染しない免疫を持つ主人公の患者ヴェロニカ・カートライト、疫病対策センターの責任者であり、主人公の元夫役のジェレミー・ノーサムと息子のジャクソン・ボンド他、ウェンディ(V・カートライト)の夫アダム・ルフェーヴルロシア大使ジョセフ・ソマー、その妻役のセリア・ウェストン、外交官のロジャー・リースがなどが共演している。

ヴェロニカ・カートライトは、1978年バージョンの「SF/ボディ・スナッチャー」にも出演した。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020