4373 Movies

ザ・ホスト The Host (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2008年に発表された、ステファニー・メイヤーのSF恋愛小説”ザ・ホスト”を基に製作された作品。
人間に寄生する生命体に抵抗する人間たちの戦いと恋を描く、監督、脚本アンドリュー・ニコル、主演シアーシャ・ローナンマックス・アイアンズジェイク・アベルフランシス・フィッシャーダイアン・クルーガーウィリアム・ハートボイド・ホルブルックボイド・ホルブルック他共演のSFロマンス。


SF

シアーシャ・ローナン / Saoirse Ronan / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アンドリュー・ニコル
製作
ニック・ウェクスラー
スティーヴ・シュワルツ
ポーラ・メイ・シュワルツ
ステファニー・メイヤー
製作総指揮
ジム・セイベル
ビル・ジョンソン
マーク・バタン
クローディア・ブリュームフーバー
ウーヴェ・フォイヤーゼンガー
レイ・アンジェリク
原作:ステファニー・メイヤーザ・ホスト
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:ロベルト・シェイファー
編集:トーマス・J・ノードバーグ
音楽:アントニオ・ピント

出演
メラニー・ストライダー/ワンダラー(ワンダ):シアーシャ・ローナン
ジャレド・ハウ:マックス・アイアンズ
イアン・オシェイ:ジェイク・アベル
マギー・ストライダー:フランシス・フィッシャー
ジェイミー・ストライダー:チャンドラー・カンタベリー
シーカー/レイシー:ダイアン・クルーガー
ジェベダイア”ジェブ”ストライダー:ウィリアム・ハート
カイル・オシェイ:ボイド・ホルブルック
ドク:スコット・ローレンス
ソウル・フルー:レイチェル・ロバーツ
ウェス:ショーン・カーター・ピーターソン
アーロン:リー・ハーディー
シーカー・ウェイヴァリー:フィル・オースティン
リリー:レーデン・グリア
トレヴァー・ストライダー:J・D・エヴァーモア
ワンダラー/ワンダ(ペタルズ・オープン・トゥ・ザ・ムーン/ペット):エミリー・ブラウニング
ブラント:ムスタファ・ハリス
ネイト:ボキーム・ウッドバイン
シーカー・バーンズ:アレックス・ラッセル

アメリカ 映画
配給 オープン・ロード・フィルムズ
2013年製作 125分
公開
北米:2013年3月29日
日本:2014年6月14日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $26,627,200
世界 $63,365,860


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
様々な問題を解決して平和が保たれていた人類だったが、”ソウル “と呼ばれる小さな寄生エイリアンに侵略されていた。

目の銀のリングでホストは識別され、ソウルは人類の殆どの体を占領し、生き残ったわずかな人間は逃げ続けた。

人間のメラニー・ストライダー(シアーシャ・ローナン)は、ホストのシーカー(ダイアン・クルーガー)に追われ、ビルから自ら身を投げる。

一命を取り留めたメラニーは、シーカーらにより搬送される。

ヒーラー(治療者)に再生されたメラニーはソウルを埋め込まれてホストとなり、ワンダラーと呼ばれる。

ワンダラーは、自分のホストであるメラニーの記憶が残っていることに気づく。

ワンダラーと話したシーカーは、自分たちに逆らう人類の抵抗軍の一人がホストだと伝えて、記憶をたどり抵抗軍の居場所を特定するよう指示する。

ルイジアナ州生まれのメラニーは、占領支配から家族と共に逃亡するものの、居場所が見つかり父親トレヴァー(J・D・エヴァーモア)は自ら命を絶った。

それをシーカーに話したワンダラーだったが、メラニーが抵抗する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
人類は、”ソウル “と呼ばれる小さな寄生エイリアンに侵略されていた。
逃げ延びたメラニー・ストライダーは、弟ジェイミーを守るために、シーカーの追跡を逃れて自殺する。
一命を取り留めたメラニーは、シーカーらに再生されてソウルを移植され、ワンダラーと呼ばれようになる。
メラニーの記憶が残っているワンダラーは、抵抗軍の居場所を知ろうとするシーカーの指示で、それを探ることになるのだが・・・。
__________

トワイライト”シリーズで知られる人気作家ステファニー・メイヤーのSF恋愛小説”ザ・ホスト”を基に製作された作品。

人間に寄生する生命体”ソウル”に抵抗する人間たちの戦いと恋を描くSFロマンス。

近未来の地球を舞台にしたSFではあるが、高度に発展した未来の世界が描かれているのではなく、生命体に寄生されて絶滅寸前の人間そのものの戦いと愛が描かれた、ファンタジックでもある内容のドラマ。

脚本を兼ねるアンドリュー・ニコルの演出は平凡であり、ステファニー・メイヤーの描くロマンスの世界感もいまいち伝わってこない内容は、残念ながら批評家から酷評されてしまった。

注目は、主人公を演ずる若手演技派スター、シアーシャ・ローナンのパフォーマンスであり、撮影当時17~18歳の彼女は好演するものの、やや物足りなさを感じてしまうところが、彼女の実力の証明と言えるかもしれない。

主人公を愛する抵抗軍の青年マックス・アイアンズ、その仲間で主人公に移植された”ソウル”に惹かれるジェイク・アベル、その兄で主人公を嫌うボイド・ホルブルック、主人公の叔母フランシス・フィッシャー、主人公の弟チャンドラー・カンタベリー、主人公を追うシーカーのダイアン・クルーガー、主人公の叔父である抵抗軍のリーダー、ウィリアム・ハート、抵抗軍の医師スコット・ローレンス、ソウルに寄生された女性レイチェル・ロバーツ、主人公の父親J・D・エヴァーモア、主人公から摘出したソウルを受け継ぐエミリー・ブラウニング、人間の生存者ボキーム・ウッドバイン、その仲間であるシーカーのアレックス・ラッセルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021