4234 Movies

モンタナの風に抱かれて The Horse Whisperer (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1995年に発表された、ニコラス・エヴァンズの小説”The Horse Whisperer”を基に製作された作品。
落馬事故で親友と片足を失った娘、そして愛馬の心を癒そうとする母親と、その手助けをすることになる馬の心を読み会話をすると言われる”ホース・ウィスパラー”との切ない恋を描く、製作、監督ロバート・レッドフォード、共演クリスティン・スコット・トーマスサム・ニールダイアン・ウィーストスカーレット・ヨハンソンクリス・クーパーによるドラマ。


ドラマ(ロマンス)

スカーレット・ヨハンソン / Scarlett Johansson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・レッドフォード
製作総指揮:レイチェル・フェファー
製作
ロバート・レッドフォード

パトリック・マーキー
原作:ニコラス・エヴァンズThe Horse Whisperer
脚本
エリック・ロス

リチャード・ラグラヴェネーズ
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:トム・ロルフ
音楽:トーマス・ニューマン
主題歌:”A Soft Place To Fall”
アリソン・ムーアラー

ギル・オーウェン

出演
トム・ブッカー:ロバート・レッドフォード

アニー・マクリーン:クリスティン・スコット・トーマス
ロバート・マクリーン:サム・ニール
ダイアン・ブッカー:ダイアン・ウィースト
グレイス・マクリーン:スカーレット・ヨハンソン
フランク・ブッカー:クリス・クーパー
リズ・ハモンド:チェリー・ジョーンズ
ジョー・ブッカー:タイ・ヒルマン
ジュディス:ケイト・ボスワース

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ

1998年製作 169分
公開
北米:1998年5月15日
日本:1998年10月17日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $75,370,760
0世界 $186,883,563


アカデミー賞 ■
第71回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク郊外。
ある冬の日の早朝、少女グレイス・マクリーン(スカーレット・ヨハンソン)は、親友ジュディス(ケイト・ボスワース)と待ち合わせて厩舎に向かう。

雑誌”カバー”の編集長である、グレイスの母アニー(クリスティン・スコット・トーマス)は、記者にオフレコの話を記事にされて苛立つ。

グレイスは、愛馬ピルグリムに乗りジュディスと乗馬を楽しんでいた。

しかし、林の中で落馬したジュディスは、愛馬ガリバーから落馬して街道に転げ落ち、トラックに轢かれて死亡する。

連絡を受けて病院に駆け付けたアニーは、弁護士である夫ロバート(サム・ニール)から、ジュディスが死亡し、彼女を助けようとしたグレイスも重傷を負ったことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
仕事に追われ、忙しい日々を送る雑誌社の編集長アニー・マクリーンだったが、娘のグレイスが落馬事故に遭い、親友と右足を失ってしまう。
グレイスは心を閉ざし、彼女の愛馬ピルグリムは、人間を受け付けない暴れ馬になってしまう。
グレイスと愛馬ピルグリムの心の傷を癒すため、アニーは、馬と語るという”ホース・ウィスパラー”のトム・ブッカーの力を借りようとする。
アニーは、気乗りしないグレイスとピルグリムを連れて、モンタナのトムを訪ねる決断をするが、夫ロバートと意見が分かれる。
考えを変えないアニーは、自分を理解しようとしないグレイスに、思いが伝わらないまま旅立つ。
アニーを迎えたトムは、グレイスの協力を条件に、ピルグリムを預かり心を読む。
やがてアニーは、仕事に忙殺されていた、自分の心も癒してくれる、トムに心を寄せるようになるのだが・・・。
__________

大自然の中でしか生きられない男、心に傷を負う娘と、理解し合えないまま彼に惹かれる母親、その許されない恋を情感を込めて描く、ロバート・レッドフォードの繊細な演出が光る作品。

”馬好きにはたまらない・・・”などという、決まりきった言葉では言い尽くせない、人間と馬の触れ合いを映し出す描写は、芸術絵画を見ているような美しさだ。

その雰囲気を伝えきれない、気恥ずかしくなるような邦題は、個人的にどうも好きになれない。
原題”The Horse Whisperer”をそのまま使ってほしかった。

作品は、女性を中心とした多くの人々の指示を受け、北米興行収入は約7500万ドル、全世界では約1億8700万ドルのヒットとなった。

第71回アカデミー賞では、歌曲賞にノミネートされた。

実際には、親子ほど年齢差(24歳)のある主人公の二人、60歳を過ぎているようには見えないロバート・レッドフォードの、その雰囲気を感じさせる名演、キャリアウーマンとして登場しながら、自尊心を失いかける弱い面を見せる後半が、彼女の魅力とも言えるクリスティン・スコット・トーマスは、揺れ動く女心を見事に演じている。

家族の再生を願う思慮深いヒロインの夫を、彼らしく落ち着いて演ずるサム・ニール、心を閉ざすその娘役を好演するスカーレット・ヨハンソン、主人公の弟クリス・クーパーとその妻ダイアン・ウィースト、二人の息子役ながら、その物腰や気の利いたセリフが印象に残るタイ・ヒルマン、獣医チェリー・ジョーンズ、そして、グレイス(S・ヨハンソン)の親友で冒頭で事故死するケイト・ボスワースなど、豪華競演者も注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020