4505 Movies

ヘイトフル・エイト The Hateful Eight (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

賞金稼ぎの二人の男と賞金首の女が、休息のために立ち寄った店で待ち構えていた者達と繰り広げる騒動を描く、監督、脚本クエンティン・タランティーノ、主演サミュエル・L・ジャクソンカート・ラッセルジェニファー・ジェイソン・リーウォルトン・ゴギンズティム・ロスマイケル・マドセンブルース・ダーンデミアン・ビチル他共演のミステリー・バイオレンス・ウェスタン。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:クエンティン・タランティーノ

製作
リチャード・N・グラッドスタイン
ステイシー・シェア
シャノン・マッキントッシュ
製作総指揮
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ジョージア・カカンデス
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:フレッド・ラスキン
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
マーキス・ウォーレン:サミュエル・L・ジャクソン
ジョン・ルース:カート・ラッセル
デイジー・ドメルグ:ジェニファー・ジェイソン・リー
クリス・マニックス:ウォルトン・ゴギンズ
ボブ/マルコ:デミアン・ビチル
オズワルド・モブレー/ピート・ヒコックス:ティム・ロス
ジョー・ゲージ/グラウチ・ダグラス:マイケル・マドセン
サンディ・スミザーズ:ブルース・ダーン
O.B.ジャクソン:ジェームズ・パークス
ミニー・ミンク:デイナ・グーリエ
6頭馬ジュディ:ゾーイ・ベル
エド:リー・ホースリー
スイート・デイヴ:ジーン・ジョーンズ
チャーリー:キース・ジェファーソン
チェスター・チャールズ・スミザーズ:クレイグ・スターク
ジェマ:ベリンダ・オウィノ
ジョディ・ドメルグ:チャニング・テイタム
ナレーター:クエンティン・タランティーノ

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2015年製作 168分
公開
北米:2015年12月25日
日本:2016年2月27日
製作費 $44,000,000
北米興行収入 $54,116,190
世界 $155,760,120


アカデミー賞
第88回アカデミー賞

・受賞
作曲賞
・ノミネート
助演女優(ジェニファー・ジェイソン・リー
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー

● 第1章 レッドロックへの最後の駅馬車

南北戦争後、ワイオミング
元騎兵隊の少佐で賞金稼ぎのマーキス・ウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)は、レッドロック行きの駅馬車を止める。

御者のO.B.ジャクソン(ジェームズ・パークス)に乗れるかと尋ねたウォーレンは、駅馬車を貸し切っている者に訊くようにと言われる。

”首吊り人”と言われる賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル)から、銃を岩の上に置き近づくようにと言われたウォーレンは、面識のある彼に、レッドロックに賞金首を運ぶところだと伝える。

連れている女デイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)が1万ドルの懸賞金なので、奪われる恐れがあるために乗せたくないと言われたウォーレンは、捕えた3人で8000ドル稼げるので、それで十分だと伝えてルースを信用させる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
南北戦争後、ワイオミング
雪山で駅馬車を止めた騎兵隊の元少佐で賞金稼ぎのマーキス・ウォーレンは、”首吊り人”と言われる同じ賞金稼ぎのルースが連れる女デイジーと、現れた町の新任保安官だと言うマニックスと共に目的地のレッドロックに向かう。
吹雪が近づくためにミニーの服飾店に寄ったウォーレンらは、留守のミニーから店を任されたメキシコ人のボブに迎えられる。
店には、前の駅馬車で着いた死刑執行人のモブレー、カウボーイのゲージ、そして南軍の将軍スミサーズがいたのだが、ミニーや店に詳しいウォーレンは、様子がおかしいことに気づく・・・。
__________

雪深い店に集った駅馬車の乗客が繰り広げる、賞金稼ぎの私欲と悪党の企みが絡む、監督、脚本クエンティン・タランティーノ、豪華キャスト競演によるミステリー・バイオレンス・ウェスタン。

二人の賞金稼ぎの男と賞金首の女という組み合わせで始まる物語は、重量級のサミュエル・L・ジャクソンカート・ラッセルの登場だけで満足感があり、二人に引けを取らないインパクトのあるじゃじゃ馬ぶりを発揮するジェニファー・ジェイソン・リーの存在が、また二人を際立たせる。

そして、駅馬車の乗客を装うものの、平凡な男には思えない者達が絡んでくるあたりから、ミステリアスな雰囲気に突入する。

70mmフィルムで撮影された映像を生かしたスケール感のあるガンプレー、更にはいかにもクエンティン・タランティーノらしい、ふんだんに盛り込まれたバイオレンス・シーン、巧みに練られた脚本など、見所満載、見応え十分の作品に仕上がっている。

第88回アカデミー賞で作曲賞を受賞した、80歳半ばとは思えないエンニオ・モリコーネの雰囲気ある音楽も素晴らしい。

同賞では、助演女優(ジェニファー・ジェイソン・リー)と撮影賞にノミネートされた。

北米興行収入は約5400万ドルに終わるものの、全世界では1億5600万ドルのひっととなった。

差別に遭いながらも戦功を残して戦後、賞金稼ぎとなり、たまたま駅馬車に拾われたことから事件に巻き込まれるサミュエル・L・ジャクソン、同じ賞金稼ぎで”首吊り人”の異名をとるカート・ラッセル、彼に連行される賞金首の女を熱演するジェニファー・ジェイソン・リー、新任保安官だという略奪団一家の息子をいい味で演ずるウォルトン・ゴギンズ、ギャング団の一味だったメキシコ人のデミアン・ビチル、その仲間である死刑執行人を装うティム・ロス、同じく仲間でカウボーイを装うマイケル・マドセン、事件に巻き込まれる南軍の将軍ブルース・ダーン、駅馬車の御者ジェームズ・パークス、服飾店の女店主デイナ・グーリエ、6頭の馬を御すという駅馬車の御者ゾーイ・ベル、同じく御者のリー・ホースリー、店で椅子に座っている男性ジーン・ジョーンズ、店の使用人キース・ジェファーソンとベリンダ・オウィノ、将軍の息子クレイグ・スターク、ギャング団のボスでデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)の弟チャニング・テイタム、そして、ナレーターをクエンティン・タランティーノが担当している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021