4312 Movies

グリフターズ/詐欺師たち The Grifters (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1963年に発表された、ジム・トンプスンの小説”The Grifters”を基に製作された作品。
母と息子、そしてその恋人である三人の詐欺師のそれぞれの思惑と絡み合う関係を描く、製作マーティン・スコセッシ、監督スティーヴン・フリアーズ、主演ジョン・キューザックアンジェリカ・ヒューストンアネット・ベニングパット・ヒングル他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・フリアーズ

製作
マーティン・スコセッシ
ロバート・A・ハリス
ジム・ペインター
製作総指揮:バーバラ・デ・フィーナ
原作:ジム・トンプスンThe Grifters
脚本:ドナルド・E・ウェストレイク
撮影:オリヴァー・ステイプルトン
編集:ミック・オーズリー
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
ロイ・ディロン:ジョン・キューザック
リリー・ディロン:アンジェリカ・ヒューストン
マイラ・ラングトリー:アネット・ベニング
ボーボー・ジャステス:パット・ヒングル
シムズ:ヘンリー・ジョーンズ
グロスター・ヘビング:チャールズ・ネイピア
コール:J・T・ウォルシュ
ピアソン警部補:ザンダー・バークレー
ジョー:ゲイラード・サーテイン
宝石商:スティーヴン・トボロウスキー
ポール:ポール・アデルスタイン
フレッシュマン:ジェレミー・ピヴェン
スプーニー:グレゴリー・スポーレダー
カッグス:スティーヴ・ブシェミ
モーテルの受付:フランセス・ベイ
リリー・ディロン(少女期):ジュリエット・ランドー
オープニングの語り:マーティン・スコセッシ

アメリカ 映画
配給 ミラマックス
1990年製作 110分
公開
北米:1990年12月5日
日本:1991年9月14日
北米興行収入 $13,446,770


アカデミー賞
第63回アカデミー賞

・ノミネート
監督
主演女優(アンジェリカ・ヒューストン
助演女優(アネット・ベニング
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
詐欺師のリリー・ディロン(アンジェリカ・ヒューストン)は競馬場に向かう。

ロサンゼルス
同じく詐欺師であるリリーの息子ロイ(ジョン・キューザック)は、バーでバーテンダーに20ドルを見せてビールを頼み、10ドルにすり替えて10ドルの釣りを受け取りその場を去る。

次のレースでリリーは、二回に分けて単勝で同じ馬に賭ける。

別のバーでも同じ手口を使ったロイは、バーテンダーに詐欺を見破られて腹部を殴られてしまう。

宝石店に向かったロイの恋人マイラ・ラングトリー(アネット・ベニング)は、店主(スティーヴン・トボロウスキー)から、持参した宝石のダイヤが偽物だと言われたため、色仕掛けで彼に迫る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
25歳の詐欺師ロイ・ディロンは、14歳で自分を産んだ母で同じく詐欺師のリリーの元から家出して一人暮らしをしていた。
ケチなイカサマで日銭を稼いでいたロイは、色仕掛けで男達を騙すマイラと付き合っていた。
組織のボスのボーボーの指示で、競馬場でノミ行為をしていたリリーは、ラホヤに向かう途中でロイの元に向かう。
騙そうとしたバーテンダーに殴られたことで体調を崩したロイは、訪ねて来たリリーと8年ぶりに再会するものの病院に運ばれる。
無事だったロイは、自分を気遣うマイラを嫌うリリーの行動が気になる。
ロイの件でボーボーの指示に従わなかったリリーは、大穴で大金を逃したことで制裁を受け、儲けから現金をくすねていたたてめに怯える日々を過ごし、足を洗うことを考える。
一方ロイは、かつて大物詐欺師と派手に稼いでいたマイラから、一緒に組むことを提案されるのだが・・・。
__________

スタンリー・キューブリック作品「現金に体を張れ」(1956)や「突撃」(1957)の脚本にも参加したジム・トンプスンの原作を基に、「マイ・ビューティフル・ランドレット」(1985)や「危険な関係」(1988)など話題作を手掛けていたスティーヴン・フリアーズが監督した作品。

詐欺師である母子と、二人に絡む息子の恋人である同じく詐欺師の女の、それぞれの思惑と絡み合う関係を描く犯罪ドラマ。

常に危ない橋を渡る詐欺師達が、目まぐるしく変わる状況に対処しながらとる行動と運命を、スティーヴン・フリアーズネオノワールとして描く快作に仕上がっている。

上記のように、現代劇でありながら、街の様子やファッションなどを含め、かつてのハードボイルド映画のように進行していく、どこか古風な雰囲気が映画ファンを楽しませてくれる。

第63回アカデミー賞では、監督、主演女優(アンジェリカ・ヒューストン)、 助演女優(アネット・ベニング)、 脚色賞にノミネートされた。

若手とは言え既にキャリアを重ねていたジョン・キューザックは、その日暮らしに近いケチな詐欺師を好演し、母親である詐欺師をクールに演じるアンジェリカ・ヒューストンの雰囲気ある演技が光る。

色仕掛けで男を騙すロイ(ジョン・キューザック)の恋人をユーモアを交えて熱演するアネット・ベニング、リリー(アンジェリカ・ヒューストン)に指示を出す組織のボス、パット・ヒングル、ロイのアパートの管理人ヘンリー・ジョーンズ、詐欺師のアネット・ベニングJ・T・ウォルシュに騙される富豪チャールズ・ネイピア、マイラ(アネット・ベニング)に誘惑される家主のゲイラード・サーテイン、同じく宝石商のスティーヴン・トボロウスキー、ロイに騙される水兵ポール・アデルスタインジェレミー・ピヴェングレゴリー・スポーレダー、モーテルの受付の老女フランセス・ベイ、他スティーヴ・ブシェミジュリエット・ランドーが端役出演し、マーティン・スコセッシがオープニングの声で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020