That's Movie Talk!     4099 Movies

グリーンマイル The Green Mile (1999)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1996年に発表されたスティーヴン・キング同名小説を基に製作された作品。
死刑囚を収監し、刑を執行するのが務めの情の厚い看守達と、その獣のような容姿と巨体で、殺人犯にさせられた死刑囚との触れ合いを描いた、製作、脚本、監督フランク・ダラボントム・ハンクスデヴィッド・モースマイケル・クラーク・ダンカンバリー・ペッパーらが共演する感動のファンタジー・ドラマ。


ドラマ

トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:フランク・ダラボン

製作
デヴィッド・ヴァルデス
フランク・ダラボン
原作:スティーヴン・キング
脚本:フランク・ダラボン
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:トーマス・ニューマン

出演
トム・ハンクス:ポール・エッジコム
デヴィッド・モース:ブルータス“ブルータル”ハウエル
マイケル・クラーク・ダンカン:ジョン・コーフィ
バリー・ペッパー:ディーン・スタントン
ジェフリー・デマン:ハリー・ターウィルガー
ダグ・ハッチソン:パーシー・ウェットモア
ジェームズ・クロムウェル:ハル・ムーアズ所長
サム・ロックウェル:“ワイルド・ビル”ホアトン
マイケル・ジェッター:エデュアール“デル”ドラクロア
ボニー・ハント:ジャン・エッジコム
パトリシア・クラークソン:メリンダ・ムーアズ
ゲイリー・シニーズ:バート・ハマースミス
グラハム・グリーン:アーレン・ビターバック
ハリー・ディーン・スタントン:トゥート=トゥート
ウィリアム・サドラー:クラウス・デッターリック
ダブス・グリア:ポール・エッジコム(老人)
エヴァ・ブレント:エレイン・コネリー
ビル・マッキニー:ジャック・ヴァン・ヘイ

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ/北米
ユニバーサル・ピクチャーズUIP/世界
1999年製作 188分
公開
北米:1999年12月10日
日本:2000年3月25日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $136,801,400
世界 $286,801,400


アカデミー賞 ■
第72回アカデミー賞

・ノミネート
作品
助演男優(マイケル・クラーク・ダンカン)
脚色・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1999年、ルイジアナ州
老人介護ホームで暮すポール・エッジコム(ダブス・グリア)は、食堂でトーストをもらい、森の中に散歩に行くのが毎朝の日課だった。

ある日、テレビでフレッド・アステア主演の名作「トップ・ハット」を観ていたポールは、突然、涙して席を外してしまう。

60数年前のことを想い出したポールは、友人エレイン・コネリー(エヴァ・ブレント)に、その頃の話を始める。
__________

1935年、ルイジアナ州、コールド・マウンテン刑務所。
通称”グリーンマイル”と呼ばれる、Eブロックの死刑囚独居房の看守主任だったポール(トム・ハンクス)には、ブルータス“ブルータル”ハウエル(デヴィッド・モース)やディーン・スタントン(バリー・ペッパー)、そして、ハリー・ターウィルガー(ジェフリー・デマン)ら頼れる部下がいた。

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
”グリーンマイル”と言われる死刑囚独居房の看守主任ポール・エッジコムの元に、残虐な少女殺人犯ジョン・コーフィが連行されて来る。
その巨体に似合わず怯えるコーフィの姿を気にしながら、看守達と職務を続けるポールだった。
コーフィが、凶悪な殺人犯に思えないポールは、自分が苦しむ尿道炎を治し、死んだネズミを生き返らせる、コーフィの起こす奇跡を、目の当たりにするのだが・・・。
__________

スティーヴン・キング同名小説は刊行時に、ストーリーの結末を知られてしまうのを嫌い、毎月1冊ずつ6ヶ月続けて発行された。

第72回アカデミー賞では、作品賞をはじめ、物語のキーパーソンとなるマイケル・クラーク・ダンカンが助演賞、他、脚色、録音賞にノミネートされた。

北米で約1億3700万ドルの興行収入を記録して、全世界では約2億8700万ドルのヒットとなった。

スティーヴン・キングとは「ショーシャンクの空に」(1994)でもコンビを組んだフランク・ダラボンが、製作、監督、脚本を担当した作品。

規則で縛られ、単調な毎日を送る刑務所内で起きる数々のエピソードを興味深く描き、冒頭の謎が解ける、クライマックスまでのメリハリの効いた巧みな演出で、3時間を超える作品は全く飽きがこない。

派手さのない看守達のキャラクターが、バランスよく描写されていて、その脇を固める実力派揃いの共演者の演技も見所だ。

ショーシャンクの空に」(1994)と同じく、トーマス・ニューマンの音楽も、感動を効果的に盛上げる。

尿道炎に苦しむ看守主任を演ずるトム・ハンクスは、自分や病に苦しむ者を救ってくれた死刑囚の無実を知りながら、刑を執行しなければならない辛い立場の人物を、抑え気味に落ち着いた雰囲気で好演している。

長身で、人情味もある同僚デヴィッド・モースの役柄が、実に頼もしく好感度が高い。

世の中の悪行が見えてしまい、終始苦しんでいる、野獣のようなマイケル・クラーク・ダンカンの、内に秘める優しさと、死刑執行を前に、看守らの好意で「トップ・ハット」(1935)を見せられた際の安堵の表情は忘れ難い。
実際は、デヴィッド・モースと同じ身長(196cm)の彼は、30cm以上背を高く見せている。

老いた主人公を演ずる、82歳のダブス・グリアの好演も印象的だが、若い頃の彼がトム・ハンクスに似ているのは偶然だったのだろうか。

コーフィ(M・C・ダンカン)の処刑時に涙する若い看守バリー・ペッパーF・ダラボン作品の常連で看守のジェフリー・デマン、知事夫人のコネだけを頼る無能な看守ダグ・ハッチソン、妻の病気に悩む刑務所長のジェームズ・クロムウェル、コーフィに罪を負わせた少女殺人犯サム・ロックウェル、ネズミに芸を教え、刑執行で焼き殺されてしまうマイケル・ジェッター、主人公の献身的な妻ボニー・ハント、コーフィに不治の病を取り除かれて回復する刑務所長夫人パトリシア・クラークソン、コーフィの弁護はしたが、彼の有罪は疑わないゲイリー・シニーズ、死刑囚グラハム・グリーンと独居房雑務役のハリー・ディーン・スタントンキングタラボンコンビ3作に出演する、殺害された少女の父親役ウィリアム・サドラー、年老いた主人公の良き話し相手エヴァ・ブレント、電気椅子のスイッチを入れる係官ビル・マッキニーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up