4354 Movies

華麗なるギャツビー The Great Gatsby (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1925年に発表された、F・スコット・フィッツジェラルド同名小説を基に製作された、1926、1949年、そして1974年の「華麗なるギャツビー」のリメイク。
謎の大富豪が追い求める女性のためにとる行動・・秘められた過去を持つ男の生き様を描く、製作、監督、脚本バズ・ラーマン、主演レオナルド・ディカプリオトビー・マグワイアキャリー・マリガン他共演のドラマ。


ドラマ

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:バズ・ラーマン
製作
ダグラス・ウィック

バズ・ラーマン
ルーシー・フィッシャー
キャサリン・ナップマン
キャサリン・マーティン

製作総指揮:バリー・M・オズボーン
原作:F・スコット・フィッツジェラルドグレート・ギャツビー
脚本
バズ・ラーマン

クレイグ・ピアース
撮影:サイモン・ダガン
編集
マット・ヴィラ

ジェイソン・バランタイン
ジョナサン・レドモンド
衣装デザイン:キャサリン・マーティン

美術・装置
キャサリン・マーティン

ビヴァリー・ダン
音楽:クレイグ・アームストロング

出演
ジェイ・ギャツビー:レオナルド・ディカプリオ

ニック・キャラウェイ:トビー・マグワイア
デイジー・ブキャナン:キャリー・マリガン
トム・ブキャナン:ジョエル・エドガートン
マートル・ウィルソン:アイラ・フィッシャー
ジョージ・B・ウィルソン:ジェイソン・クラーク
キャサリン:アデレイド・クレメンス
ジョーダン・ベイカー:エリザベス・デビッキ
マイヤー・ウルフシャイム:アミターブ・バッチャン
ジェイ・ギャツビー(若年期):カラン・マッコーリフ
パーティーの女性:ジェマ・ワード
ウォルター・パーキンス医師:ジャック・トンプソン

アメリカ/オーストラリア 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2013年製作 142分
公開
北米:2013年5月10日
日本:2013年6月14日
製作費 $105,000,000
北米興行収入 $144,812,800
世界 $351,040,420


アカデミー賞 ■
第86回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1929年、冬、パーキンス療養所。
イェール大学を卒業して、第一次大戦にも従軍したニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は、アルコール依存症の治療のため療養生活を送っていた。

ニックは、自分の人生に大きな影響を与えた男”ギャツビー”のことをウォルター・パーキンス医師(ジャック・トンプソン)に話し始める。
__________

1922年、ニューヨーク
好景気に沸くウォール街の証券マンであったニックは、郊外のウエスト・エッグに家を借りた。

作家志望であったニックは、静かな家の生活を楽しむのだが、隣の屋敷に住む謎の男”ギャツビー”の存在が気になる。

そんなニックは、対岸のイースト・エッグに住むいとこデイジー・ブキャナン(キャリー・マリガン)の豪邸を訪ねる。

デイジーの夫トム(ジョエル・エドガートン)は、アメリカでも有数の富豪ブキャナン家の跡取りでニックの学友だった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1922年、ニューヨーク
作家志望である証券マンのニック・キャラウェイは、郊外の家を借りる。
隣の屋敷に住む謎の男ジェイ・ギャツビーの生活を気にしながら、ニックは、いとこのデイジーが住む対岸の大邸宅を訪ねる。
デイジーの夫トムは、アメリカ有数の大富豪の御曹司でニックの学友でもあった。
ニックは隣人ギャツビーのことを気にするデイジーが、トムの浮気を疑い生活に満足していないことを知る。
その後、ギャツビーからパーティーの招待を受けたニックは、絢爛豪華なその雰囲気に圧倒される。
普段からギャツビーの視線を感じていたニックは、若くて魅力的なギャツビーと対面する。
やがて、ギャツビーと親交を深めたニックは、彼がデイジーに会いたがっていることを知るのだが・・・。
__________

旧作(1974年版)が、1920年代と登場人物やその雰囲気を情緒的に描いているのに対し、バズ・ラーマンの特異な映像感覚を生かした視覚的な面に重点を置いた作品。

まず、3D作品ということが驚きで、この物語をそれにする必要があるのかやや疑問だが、上記のように、映像表現を重視したかったと思われる製作者の考えを尊重するしかない。

その甲斐あってか、バズ・ラーマン夫人キャサリン・マーティンは、第86回アカデミー賞で美術賞と衣装デザインをダブル受賞した。

1億ドルをかけた超大作は、北米興行収入で約1億4500万ドル、全世界では約3億5100万ドルのヒットとなった。

人気に加え誰もが認める実力派であるレオナルド・ディカプリオを良し悪しで判断したくないが、個人的に、今ではファンになった彼の演技は、旧作(1974年版)を無視して鑑賞することができず、そのことばかりが浮かび、それほど楽しめる作品でもなかった。

しかし、旧作(1974年版)の主演ロバート・レッドフォードに敬意を表しているのか、雰囲気などは似ていないものの、彼の仕草などを意識しているようなところが興味深い。

レオナルド・ディカプリオの存在感に押されてはいるが、物語的には主人公とも言える、上流社会の世界に翻弄される作家志望の青年を演ずるトビー・マグワイアや、主人公が愛する富豪夫人を演ずるキャリー・マリガンは共に好演している。

大富豪の御曹司ジョエル・エドガートン、その愛人アイラ・フィッシャー、その夫ジェイソン・クラーク、その義妹アデレイド・クレメンス、ヒロインの友人エリザベス・デビッキ、ギャンブラー、アミターブ・バッチャン、主人公の若年期カラン・マッコーリフ、パーティーの女性ジェマ・ワード、医師のジャック・トンプソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020