4214 Movies

コラテラル・ダメージ Collateral Damage (2002)

  •  
  •  
  • 100
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

テロで妻子を亡くした消防隊長が難航する犯人捜査に業を煮やし単独で戦いを挑む姿を描く、監督アンドリュー・デイヴィス、主演アーノルド・シュワルツェネッガークリス・カーティスイライアス・コティーズジョン・タトゥーロジョン・レグイザモ他共演のアクション大作。


アクション/アドベンチャー

アーノルド・シュワルツェネッガー / Arnold Schwarzenegger 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:アンドリュー・デイヴィス
製作
デヴィッド・フォスター
スティーヴン・ルーサー

製作総指揮
ホーク・コッチ

ニコラス・メイヤー
原案
ロナルド・ルース
デヴィッド・グリフィス
ピーター・グリフィス
脚本
デヴィッド・グリフィス
ピーター・グリフィス
撮影:アダム・グリーンバーグ

編集
ドヴ・ホーニグ

デニス・ヴァークラー
音楽:グレーム・レヴェル

出演
ゴーディ・ブルーアー:アーノルド・シュワルツェネッガー

クラウディオ・ペッリーニ/ウルフ:クリス・カーティス
ピーター・ブラント:イライアス・コティーズ
セリーナ・ペッリーニ:フランチェスカ・ネリ
ショーン・アームストロング:ジョン・タトゥーロ
フェリックス・ラミレス:ジョン・レグイザモ
ジョー・フィップス:ミゲル・サンドヴァル

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2002年製作 108分
公開
北米:2002年2月8日
日本:2002年4月20日
製作費 $85,000,000
北米興行収入 $40,048,330
世界 $78,382,430


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
消防士ゴーディ・ブルーアー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、コロンビア総領事館前広場で妻子と待ち合わせをする。

警官(クリス・カーティス)に駐車の許可を得たブルーアーは、妻子を見つけるが、彼の目の前で爆破が起きる。

車に激突したブルーアーは、意識を失うものの一命を取り留めるが妻子は死亡し、絶望する彼を同僚が励ます。

ブルーアーは、盗まれた警察のバイクが爆発したことを知り、自分が話しかけた警官が犯人だと考える。

監視カメラを見たブルーアーは、警官に扮していた男が、テロリストのクラウディオ・ペッリーニ(クリス・カーティス)、別名”ウルフ”だということを、FBIのジョー・フィップス捜査官(ミゲル・サンドヴァル)から知らされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
消防士ゴーディ・ブルーアーは、テロの巻き添えで妻子を亡くす。
事件の直前に、不審な警官を目撃していたブルーアーは、その男がテロリスト”ウルフ”だったことをFBIから知らされる。
失意のブルーアーは、ウルフの犯行声明などで、犠牲者達が”コラテラル・ダメージ”(目的を果たすための巻き添え)だと話すのを聞き、怒りを露にする。
その後、政治的な駆け引きの結果、政府はウルフの捜査から手を引こうとする。
そのためブルーアーは、単独で情報を入手し、ウルフへの復讐のために、パナマ経由でコロンビア入りするのだが・・・。
__________

沈黙の戦艦」(1992)や「逃亡者」(1993)などの話題作を手がけた、アンドリュー・デイヴィスと、アーノルド・シュワルツェネッガーが組んだことが、大いに話題になった作品。

しかし、当初の公開予定2001年10月5日の前月9月11日に”同時多発テロ”が起きてしまい、その内容から、被害者などの心情を考慮し、公開が延期された曰く付きの作品。
結局、翌年の2月4日にプレミアが行われて、2月8日に一般公開された。

上記のように、大物二人の組んだ話題作ではあったが、さすがにテロ後遺症の影響は隠せず、シュワルツェネッガー作品にしては興行収入は低迷し、全世界トータルでも製作費8500万ドルを回収できなかった。

北米興行収入 $40,048,332
世界 $78,382,433

完全無欠のスーパーヒーローでない、一般人に近い主人公シュワルツェネッガーを新鮮と見るか、物足りなく思うかで、大きく評価は変わってくる作品とも言える。

設定が消防士ということで、ゲリラに立ち向かってもそれほどの強さを発揮するわけでもなく、彼にしては肉体的には控えめな作品になっている。

知的なテロリスト兼ゲリラの指導者クリス・カーティス、その妻で共犯者フランチェスカ・ネリCIA南米担当諜報員イライアス・コティーズFBI捜査官役ミゲル・サンドヴァル、意外にあっさり画面から消えてしまうのが残念な詐欺師ジョン・タトゥーロと、ゲリラの麻薬を管理する男ジョン・レグイザモ等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020