4296 Movies

ファウンテン The Fountain (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

若くして不治の病に侵された妻の近づく死を受け入れられない医師の苦悩を描く、監督、原案、脚本ダーレン・アロノフスキー、主演ヒュー・ジャックマンレイチェル・ワイズエレン・バースティン他共演によるSFファンタジー・タッチのメロドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ダーレン・アロノフスキー
製作
エリック・ワトソン
アーノン・ミルチャン
イアイン・スミス
製作総指揮:ニック・ウェクスラー
原案
ダーレン・アロノフスキー
アリ・ハンデル
脚本:ダーレン・アロノフスキー
撮影:マシュー・リバティーク
編集:ジェイ・ラビノウィッツ

音楽:クリント・マンセル

出演
ヒュー・ジャックマン:トマス/トミー/トム・クレオ
レイチェル・ワイズ:イザベル/イジー・クレオ
エレン・バースティン:リリアン・グゼッティ博士
マーク・マーゴリス:アヴィラ神父
スティーヴン・マクハティ:シレチオ
クリフ・カーティス:アリエル
ショーン・パトリック・トーマス:アントニオ
ドナ・マーフィ:ベティ
イーサン・サプリー:マニー
リチャード・マクミラ:ヘンリー
ローン・ブラス:アラン・リッパー博士

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
20世紀FOX(世界)
2006年製作 96分
公開
北米:2006年11月22日
日本:2007年7月14日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $10,139,250
世界 $15,978,420


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
医師トミー・クレオ(ヒュー・ジャックマン)は、脳腫瘍の癌細胞増殖を抑える動物実験をしていたが失敗してしまう。

実験に使われた猿を、安楽死させようとしたトミーだったが、グアテマラにある、木の幹から採った物質を試すことを思いつき実験を続行する。

医学的問題を抱えたこの実験に、リリアン・グゼッティ博士(エレン・バースティン)は苦言を呈するが、トミーは癌に侵された妻イジー(レイチェル・ワイズ)のため、侵食を忘れて研究に没頭していたのだ。

トミーが帰宅すると、イジーは天体望遠鏡で見ている金色の星雲について話し始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
医師トミー・クレオは、脳腫瘍の癌細胞増殖を抑える動物実験に失敗する。
しかしトミーは、グアテマラにある木の幹から採った物質を試し実験を続ける。
医学的問題を抱えた実験に、批判的な意見があるものの、癌に侵された妻イジーのためトミーは研究に没頭する。
マヤの人々が、”死者が甦る場所”と言った星雲についてを本にしているイジーは、それをトミーに読ませようとする。
16世紀のスペインイザベラ女王は、南米にある、永遠の命を得られるという、木の樹液を探し出すため、遠征隊長のトマスにそれを命ずるという物語の完成を、イジーはトミーに託すのだが・・・。
__________

鬼才ダーレン・アロノフスキーの、斬新且つ幻想的な作風が特徴の異色作であり、過去、現代、未来の物語が複雑に絡み合う、やや難解な内容でもある。

当初は、2002年に7000万ドルの製作費でブラッド・ピットケイト・ブランシェット主演で製作される予定の作品だった。
しかし、ブラッド・ピットが役を降りたために、ヒュー・ジャックマンが起用された。
そしてダーレン・アロノフスキーは、当時のパートナーであるレイチェル・ワイズをヒロインに決めたという経緯がある。

永遠の生命、死、そして癒される現実を、神秘的な映像と重厚なテーマで丁寧に仕上げてはいるが、批評家、観客の評価はかなり低く、商業的には失敗に終わってしまった作品でもある。

製作費 $35,000,000
北米興行収入 $10,139,250
世界 $15,978,420

苦悩する、3人の男を演ずるヒュー・ジャックマンは、肉体派のイメージを封印し、ほとんど笑みを浮かべず、殺気立つほどの熱演を見せてくれる。

呆気なく息を引き取る妻と、イザベラ女王役のレイチェル・ワイズも、実力派らしく、各物語で見事に演技を使い分けている。

主人公二人を温かく見守る医師で、大ベテランのエレン・バースティンマヤの秘密の短剣を見つける神父マーク・マーゴリス、遠征隊の士官クリフ・カーティスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020