5193 Movies

ゴヤの名画と優しい泥棒 The Duke (2020)

ゴヤの名画”ウェリントン公爵”が1961年にロンドンの”ナショナル・ギャラリー”から盗まれた事件の真相を描く、 監督ロジャー・ミッシェル、主演ジム・ブロードベントヘレン・ミレンフィン・ホワイトヘッドマシュー・グードアンナ・マックスウェル・マーティン他共演のコメディ・ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ロジャー・ミッシェル
製作:ニッキー・ベンサム
製作総指揮
キャメロン・マクラッケン
ジェニー・ボーガーズ
アンドレア・スカルソ
ヒューゴ・ヘッペル
ピーター・スカーフ
クリストファー・バントン
脚本
リチャード・ビーン
クライヴ・コールマン
撮影:マイク・エリー
編集:クリスティーナ・ヘザーリントン
音楽:ジョージ・フェントン

出演
ケンプトン・バントンジム・ブロードベント
ドロシー・バントン:ヘレン・ミレン
ジャッキー・バントン:フィン・ホワイトヘッド
ジェレミー・ハッチンソンマシュー・グード
ゴーリング夫人:アンナ・マックスウェル・マーティン
ケニー・バントン:ジャック・バンデイラ
アイリーン:エイミー・ケリー
エリック・クラウザー:ジョシュア・マクガイア
パミー:シャーロット・スペンサー
ネディ・カッセン:ジョン・ヘファナン
フィリップ・ヘンディ卿:アンドリュー・ハヴィル
カール・アールヴォルドジェームズ・ウィルビー
デビー:ヘザー・クレイニー
ラブ・バトラーリチャード・マッケイブ
ジョセフ・シンプソン卿:チャールズ・エドワーズ
アンズワース博士:シアン・クリフォード
少年:オースティン・ヘインズ

イギリス 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2020年製作 96分
公開
イギリス:2022年2月25日
北米:2022年4月22日
日本:2022年2月25日
北米興行収入 $1,526,970
世界 $14,233,030


ストーリー
1961年、ロンドン
60歳のケンプトン・バントンジム・ブロードベント)は、”オールド・ベイリー”(中央刑事裁判所)の第1法廷に出廷し、”ナショナル・ギャラリー”からフランシスコ・デ・ゴヤの名画”ウェリントン公爵”の肖像画を盗んだ罪他で裁かれ、すべて無罪を主張する。
半年前、ニューカッスル・アポン・タイン
元バスの運転手のケンプトンは、妻ドロシー(ヘレン・ミレン)と次男ジャッキー(フィン・ホワイトヘッド)と年金暮らしをしていた。
ケンプトンは、自転車の事故で18歳で亡くなった娘マリオンのことを想いながら戯曲を執筆してBBCに送り、タクシー会社で働いたりもしていた。
ドロシーは、地方議員の妻ゴーリング夫人(アンナ・マックスウェル・マーティン)の家政婦兼ベビーシッターとして働いていた。
ケンプトンは、BBCの受信料無料化を求める活動をして、年金受給者がそれを支払うことに反対し、自身の受信料未払いの罪で、ダラムの刑務所に13日間、服役する。
ボート職人になり独立を考えるジャッキーは、釈放されたケンプトンを迎えに行き、姉マリオンの墓参りをする。
長男ケニー(ジャック・バンデイラ)はリーズに住み、建設関係の仕事をしているが、犯罪に関わっていた。
ドロシーは、ジャッキーと共に署名運動をするケンプトンを見て呆れてしまう。
ケンプトンは、2日間ロンドンに行き、BBCや新聞社、そして議会で、受信料の件を嘆願することをドロシーに伝えて、理解を求める。
ロンドン
どこでも相手にされなかったケンプトンは、世間で話題になっていた、”ナショナル・ギャラリー”に展示されているゴヤの名画”ウェリントン公爵”の肖像画の新聞記事を見て気になる。
その夜、何者かがナショナル・ギャラリーに侵入し、ウェリントン公爵の肖像画を盗む。
翌朝、事件は大々的に報道され、当局の捜査が始まる。
帰宅したケンプトンは、ジャッキーと共に肖像画をタンスの奥に隠す。
(犯人はジャッキーで、発見者となり報奨金5000ポンドを手に入れて、ケンプトンに協力して年金受給者の受信料に充てることを考えていた。)
ドロシーは、ケンプトンが留守中に、彼が内緒で執筆していたマリオンについて書いた戯曲を見つける。
悲しい思いをしたくないドロシーは、マリオンのことを口にせず、ジャッキーに止められるもののそれを読む。
帰宅したケンプトンから、一部をBBCに送ったことを知ったドロシーは、不幸が世間に知られる可能性があると言って苛立つ。
行動を開始したケンプトンは、政府に手紙を送り、肖像画を利用して、年金受給者のためにBBCの受信料料化を求めるのだが・・・。


解説 評価 感想

ノッティングヒルの恋人」(1999)などのロジャー・ミッシェルが監督し(長編映画としては遺作)、主演はジム・ブロードベントヘレン・ミレンフィン・ホワイトヘッドマシュー・グードアンナ・マックスウェル・マーティンなどが共演した作品。

ゴヤの名画”ウェリントン公爵”が、1961年にロンドンの”ナショナル・ギャラリー”から盗まれた事件の真相を描くコメディ・ドラマ。

1960年代初頭のイギリスの中流階級以下の人々の生活感などが見事に再現された作品。

楽天家であり、人間味あふれる主人公のケンプトン・バントンをいい味で演ずるジム・ブロードベントと、夫の行動に戸惑いながら、苦しい生活を支える妻を演ずるヘレン・ミレンの、誰もを納得させる素晴らしい演技が見どころの作品でもある。

007シリーズ”第1作「ドクター・ノオ」(1962)の終盤、ドクター・ノオの海底施設にあった絵画”ウェリントン公爵”を、ボンドが気にするシーンがあり、それがドラマのクライマックスに登場する演出はファンには嬉しい。
犯人はドクター・ノオだったのか・・・、盗まれた肖像画が発見されていなかった時期に、その事件を利用した粋な演出が印象に残る。

主人公の次男で、肖像画を盗んだ犯人だったフィン・ホワイトヘッド、主人公の弁護を担当するジェレミー・ハッチンソンマシュー・グード、ドロシー(ヘレン・ミレン)を家政婦として雇う地方議員の妻アンナ・マックスウェル・マーティン、主人公の長男ジャック・バンデイラ、その恋人シャーロット・スペンサー、ジャッキー(フィン・ホワイトヘッド)の恋人エイミー・ケリージェレミー・ハッチンソンの同僚ジョシュア・マクガイア、弁護士のジョン・ヘファナンナショナル・ギャラリーの館長フィリップ・ヘンディ卿のアンドリュー・ハヴィル、事件の裁判の判事カール・アールヴォルドジェームズ・ウィルビー、裁判所書記官のヘザー・クレイニー内務大臣ラブ・バトラーリチャード・マッケイブ、警視庁長官ジョセフ・シンプソン卿のチャールズ・エドワーズ、手書き文字の専門家シアン・クリフォード、少年のオースティン・ヘインズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022