4213 Movies

必死の逃亡者 The Desperate Hours (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1954年に発表された、ジョセフ・ヘイズの小説”The Desperate Hours”を基に、1955年にブロードウェイで初演された舞台劇を映画化した作品。
三人の脱獄囚に襲われ恐怖に怯え怒りを感じながらそれに立ち向かう家族の姿を描く、製作、監督ウィリアム・ワイラー、主演ハンフリー・ボガートフレドリック・マーチアーサー・ケネディマーサ・スコットギグ・ヤング他共演のドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ウィリアム・ワイラー
製作:ウィリアム・ワイラー
原作:ジョセフ・ヘイズ
脚本:ジョセフ・ヘイズ
撮影:リー・ガームス
編集:ロバート・スウィンク
音楽:ゲイル・キュービック

出演
グレン・グリフィン:ハンフリー・ボガート

ダン・ヒリアード:フレドリック・マーチ
ジェス・バード:アーサー・ケネディ
エレノア”エリー”ヒリアード:マーサ・スコット
ハル・グリフィン:デューイ・マーティン
サム・コビッシュ:ロバート・ミドルトン
シンディ・ヒリアード:メアリー・マーフィ
ラルフ・ヒリアード:リチャード・アイアー
チャック・ライト:ギグ・ヤング
カーソン:ウィット・ビッセル
マスターズ保安官:レイ・コリンズ
パターソン:ウォルター・ボールドウィン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1955年製作 112分
公開
北米:1955年10月5日
日本:1956年3月16日
製作費 $2,388,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
インディアナ州、インディアナポリス
郊外の住宅地に住むダン・ヒリアード(フレドリック・マーチ)は、妻エレノア(マーサ・スコット)、娘シンディ(メアリー・マーフィ)、息子ラルフ(リチャード・ アイアー)とで平凡な暮らしをしていた。

ある朝、グレン・グリフィン(ハンフリー・ボガート)と弟ハル(デューイ・マーティン)、そしてサム・コビッシュ(ロバート・ミドルトン)が脱獄したという報せが、保安官補ジェス・バード(アーサー・ケネディ)の元に入る。

バードは、かつてグレンを殴り倒したことがあり、彼に恨みを持たれていたため警戒する。

その後、三人の脱獄囚は、庭に自転車が放置されていたことで、子供がいると判断したヒリアード家に目をつける。

グレンは道に迷ったと言って、入り口に現れたエレノアに銃を向け家に押し入り、三人はその場に留まる準備を始め、車をガレージに隠す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
平凡な家庭ヒリアード家に、三人の脱獄囚が押し入り、犯人のグレン・グリフィンは、女に逃亡資金を届けさせる手はずを整えて立て篭もる。
帰宅した主人のダンは、怯える妻エレノアや娘シンディ、そして息子のラルフを落ち着かせて、犯人らが出て行くのを待つ。
グレンに恨まれていた保安官補のバードは、彼らを逮捕するために、非常線を張るが手がかりを掴めない。
そんな時、泳がせていたグレンの女が逮捕されてしまい、バードの捜査は行き詰ってしまう。
その後、グレンの女がダンの会社に送金することになり、彼は出社して、警察に危険を知らせるメモを届けさせる。
一方、犯人の一人サムは、廃品業者が不審車に気づいたため、彼を追い殺害してしまう。
それがきっかけで、関連を調べたバードは、犯人らが潜伏する地域を限定して捜査を続ける。
金が届かないまま帰宅したダンだったが、犯人達は出て行くのではなく、自分達が人質として連れ去られる危険性に気づき始める・・・。
__________

パラマウント・ピクチャーズが新開発した、”ビスタビジョン”方式で製作された最初のモノクロ作品。

カラー作品は、前年に公開された「ホワイト・クリスマス」(1954)。

1990年に、製作、監督マイケル・チミノミッキー・ローク主演で、リメイク作「逃亡者」が公開された。

実際に起きた事件を基にした、ウィリアム・ワイラーらしい、繊細な人物描写が際立つ作品に仕上げられている。
小さな子供から、 わずかな出番の廃品回収業者までもが、心に刻み込まれるような表情や仕草を見せる演出は見ものだ。

ラストで、事件を解決した主人公が、娘の恋人を家に招き入れるシーン以外は、息を抜ける間がほとんどなく、苛立つ犯人と、緊張感が続いてヒステリックになる女性達に、ややストレスがたまってしまう感じを受けないでもない。

閑静な住宅街、平穏な家庭に突如として訪れる危機、それに直面した、家族を守る責任のある家長の正義感と勇気も、いかにもアメリカ的に表現されている。

汚れ役を演じても、人間味を見せる場合が多いハンフリー・ボガートが、非情な男に徹していて、彼が悪役を演ずる最後の作品でもある。

その悪に毅然として立ち向かい、堂々たる演技を見せるフレドリック・マーチの戦いぶりが見所でもある。

犯人を追う保安官補のアーサー・ケネディ、ダン(F・マーチ)の妻マーサ・スコット、娘のメアリー・マーフィ、息子リチャード・アイアー、家族に同情する犯人デューイ・マーティンと巨漢で粗暴なロバート・ミドルトン、シンディ(M・マーフィ)の恋人ギグ・ヤングFBI捜査官ウィット・ビッセル、保安官レイ・コリンズ、廃品回収業者ウォルター・ボールドウィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020