4310 Movies

ボビーZ The Death and Life of Bobby Z (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

伝説の麻薬ディーラーに似ていたため連邦捜査官の指示で替え玉にされた受刑者の逃亡と戦いを描く、監督ジョン・ハーツフェルド、主演ポール・ウォーカーローレンス・フィッシュバーンオリヴィア・ワイルドキース・キャラダインジェイソン・フレミングジョアキム・デ・アルメイダ他共演の犯罪アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ハーツフェルド
製作
ピーター・シュレッセル
マット・ルーバー
製作総指揮:キース・サンプルズ
原作:ドン・ウィンズロウ”The Death and Life of Bobby Z”
脚本
ボブ・クラコワー
アレン・ローレンス
撮影:ジョン・ベイリー
編集
ブルース・キャノン
アラン・ジャクボヴィッツ
音楽:ティム・ジョーンズ

出演
ティム・カーニー:ポール・ウォーカー
タッド・クルーズ:ローレンス・フィッシュバーン
エリザベス:オリヴィア・ワイルド
ジョンソン:キース・キャラダイン
ブライアン・セルヴィエ:ジェイソン・フレミング
ドン・ワテロ:ジョアキム・デ・アルメイダ
キット:J・R・ビリャレアル
ボビーZ/ロバート・J・ザカライアス:ジェイソン・ルイス
モンク:ジョシュ・スチュワート
ブーン・ブーン:M・C・ゲイニー
マッドドッグ:チャック・リデル
デューク:マイケル・ボーウェン
メイシー:マーゴ・マーティンデイル
パーティーの客:ジョシュア・レナード
メキシコ人刑事:ジュリオ・オスカー・メチョソ
ホルヘ・エスコバル:ジェイコブ・ヴァルガス
ウェイン:デヴィッド・ラムゼイ
ワン・ウェイ:トレイシー・ウォルター
浮浪者:ブルース・ダーン

アメリカ 映画
配給
MGM
Millennium Films
2007年製作 97分
公開
北米:2007年9月4日(DVD)
日本:2007年11月17日
製作費 $22,000,000
世界 $413,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ゴールド・コースト
海岸にいた浮浪者の老人(ブルース・ダーン)は、姿を消して6年になる、サーファーそして麻薬ディーラーである伝説の男”ボビーZ”が必ず戻って来ると語る。

カリフォルニア州、ロンポック、フンボルト刑務所。
連邦捜査官のタッド・クルーズ(ローレンス・フィッシュバーン)とホルヘ・エスコバル(ジェイコブ・ヴァルガス)は、子供時代からの札付きの悪で、家族もいない囚人ティム・カーニー(ポール・ウォーカー)に目をつける。

海兵隊員で服役中のティムは、終身犯のバイカー、マッドドッグ(チャック・リデル)に因縁をつけられ、襲われたために殺す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1997年に発表された、ドン・ウィンズロウの著書”The Death and Life of Bobby Z”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
刑務所で度々、問題を起こす受刑者ティム・カーニーは、連邦捜査官のタッドに呼ばれる。
伝説の麻薬ディーラー”ボビーZ”に似ていたティムは、メキシコの麻薬王ワテロに捕らえられたタッドの相棒と交換するための取引に協力するよう強要される。
その後の自由を約束されたティムはそれに応ずるが、国境の取引現場でタッドに裏切られて逃亡しようとする。
ワテロの部下ライアンにボビーZとして捕らえられたティムは、ボビーZの元恋人だったエリザベスと彼の息子キットの存在を知る。
ワテロに殺されるとエリザベスから言われたティムは、キットと共に逃亡し、同じ頃、タッドも彼の捜索を始める・・・。
__________

札付きの悪党である受刑囚が、大物麻薬ディーラーに似ていたことで替え玉にさせられ、裏切られたことによる逃亡と組織との戦いを描く犯罪アクション。

ワイルド・スピード」シリーズのヒットでスターとなったポール・ウォーカー主演、ローレンス・フィッシュバーンら個性派が共演する注目作なのだが、日本他数か国で劇場公開されただけで、北米などはDVDリリースしかされなかった作品。

やや手抜きとも言える脚本は単調で、頭を傾げるシーンも多々ある。
例えば、足を銃で撃たれたにも拘らず、主人公は裸足で山を歩き町にたどり着き、靴を購入して履き替えただけで、その後は何事もなかったかのようにしている・・・、また、替え玉になる本人とは似ているかな?という程度であり、関係者であれば即バレてしまうはず、などなど・・・。

とは言え、話は単純明快で、腕っぷしの強い小悪党の囚人役の主演ポール・ウォーカーの個性を生かした軽快な展開が見所であり、キャスティングもいいので楽しめる作品には仕上がっている。

主人公を利用する連邦捜査官のローレンス・フィッシュバーン、麻薬組織に関わる女で主人公の協力者となるオリヴィア・ワイルド、組織の一員で主人公を追跡するキース・キャラダイン、同じくジェイソン・フレミング、麻薬組織のボス、ジョアキム・デ・アルメイダ、ボビーZ(ジェイソン・ルイス)の息子で主人公を慕う少年のJ・R・ビリャレアル、ボビーZと組む組織の幹部ジョシュ・スチュワート、バイカー・グループのM・C・ゲイニー、そのリーダー、マイケル・ボーウェン、その弟で、主人公に刑務所で殺されるチャック・リデル、貸しキャビンの女主人マーゴ・マーティンデイル、パーティーの客ジョシュア・レナードメキシコ人刑事のジュリオ・オスカー・メチョソ、連邦捜査官のジェイコブ・ヴァルガス、主人公の強盗仲間デヴィッド・ラムゼイ、ビーチでボビーZと主人公のことを語る浮浪者の老人ブルース・ダーン、他トレイシー・ウォルターなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020