4217 Movies

コットンクラブ The Cotton Club (1984)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

実在の大物ギャングを登場させ、二組のカップルのロマンスとニューヨークの”コットン・クラブ”を舞台に繰り広げられる抗争を描く、監督、原案、脚本フランシス・フォード・コッポラ、原案マリオ・プーゾ、主演リチャード・ギアダイアン・レイングレゴリー・ハインズボブ・ホスキンスニコラス・ケイジローレンス・フィッシュバーン他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランシス・フォード・コッポラ
製作総指揮:ダイソン・ラヴェル
製作
ロバート・エヴァンス

シルヴィオ・タベット
原案
ウィリアム・J・ケネディ

フランシス・フォード・コッポラ
マリオ・プーゾ
脚本
ウィリアム・J・ケネディ

フランシス・フォード・コッポラ
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
編集
ロバート・Q・ロヴェット

バリー・マルキン
美術
リチャード・シルバート

ジョージ・ゲインズ
音楽:ジョン・バリー

出演
マイケル”ディクシー”ドワイアー:リチャード・ギア

ヴェラ・シセロ:ダイアン・レイン
デルバート”サンドマン”ウィリアムズ:グレゴリー・ハインズ
ライラ・ローズ・オリヴァー:ロネット・マッキー
オウニー・マドゥンボブ・ホスキンス
ダッチ・シュルツジェームズ・レマー
ヴィンセント・ドワイヤー:ニコラス・ケイジ
アバダバ・バーマン:アレン・ガーフィールド
フレンチー・デマンジ:フレッド・グウィン
ティッシュ・ドワイヤー:グウェン・ヴァードン
クレイ・ウィリアムズ:モーリス・ハインズ
ラッキー・ルチアーノジョー・ダレッサンドロ
ソル・ワインシュタイン:ジュリアン・ベック
パッツィー・ドワイヤー:ジェニファー・グレイ
フランセス・フレゲンハイマー:リサ・ジェーン・パースキー
アーヴィング・スターク:トム・ウェイツ
グロリア・スワンソンダイアン・ヴェノーラ
ホームズ:ウディ・ストロード
バンピー・ローデス:ローレンス・フィッシュバーン
ジョー・フリン:ジョン・P・ライアン
モンク:エド・オロス
バンピー・ローデスの手下:ジャンカルロ・エスポジート
ダンサー:マリオ・ヴァン・ピーブルズ
リンゴを売る子供:ソフィア・コッポラ

アメリカ 映画
配給 オライオン・ピク チャーズ

1984年製作 129分
公開
北米:1984年12月14日
日本:1985年3月23日
製作費 $58,000,000
北米興行収入 $25,928,721


アカデミー賞 ■
第57回アカデミー賞
・ノミネート
美術・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1928年、ニューヨークハーレム
あるクラブで、警官に扮したギャングの襲撃に遭った、街の顔役ダッチ・シュルツ(ジェームズ・レマー)は、コルネット奏者のディクシー・ドワイアー(リチャード・ギア)に命を救われる。

その場にいた歌手ヴェラ・シセロ(ダイアン・レイン)が酔っていたため、ディクシーは彼女を部屋に連れて行き眠らせる。

シュルツを救ったディクシーは、一夜にして英雄となり、弟のヴィンセント(ニコラス・ケイジ)は、その組織に入れると高をくくる。

そんなヴィンセントは、パッツィー(ジェニファー・グレイ)と結婚したことをディクシーに知らせる。

ディクシーの隣人サンドマン・ウィリアムズ(グレゴリー・ハインズ)は、憧れの”コットン・クラブ”のオーディションに受かり興奮する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

フランシス・フォード・コッポラが、自身が監督した「ゴッドファーザー」(1972)の原作者マリオ・プーゾウィリアム・J・ケネディとで構想を練った作品。

*(簡略ストー リー)
コルネット奏者ディクシーは、出演していたクラブで、ギャングのダッチ・シュルツの命を助ける。
それがきっかけでシュルツに気に入られたディクシーは、本位ではないまま彼に雇われる。
その後ディクシーは、シュルツの愛人ヴェラに心を寄せるが、それをどうすることも出来ずに悶々とした日々を送る。
そんな時、コットン・クラブの経営者でありギャングのオウニー・マドゥンが、厄介者のシュルツを排除するためにディクシーに接近する・・・。
___________

有名な、ダッチ・シュルツハーレムのナンバーズを支配する、ステファニー・セント・クレアの抗争も絡めた、暗黒街の揉め事に巻き込まれる音楽家青年が主人公のドラマ。

コットン・クラブがその舞台のため、トップ・ダンサーのグレゴリー・ハインズの恋愛と成功物語も同時に描き、人気急上昇中のリチャード・ギアを主演に置くという、多くを網羅した、やや欲張り過ぎの感じは否めず、コッポラらしい奥深さも感じられない。

第57回アカデミー賞では、美術、編集賞にノミネートされた。

5800万ドルをかけた大作であり、そのセットや衣装などはなかなか見応えあるが、批評家、一般の受けは非常に悪く、北米興行収入は、約2600万ドルという結果に終わってしまった。

人気だけで主演に抜擢されたという雰囲気の、いまいち物足りない主人公を演ずるリチャード・ギア、作品中のセリフではないが、撮影当時18歳とは思えない大人びて風格もあるダイアン・レイン、見事なタップを披露してくれるダンサーのグレゴリー・ハインズ、その恋人役ロネット・マッキー、ドラマでも兄を演ずる実兄モーリス・ハインズアイルランド系ギャングのオウニー・マドゥンボブ・ホスキンスダッチ・シュルツジェームズ・レマー、ギャングのフレッド・グウィンシュルツと敵対するジョン・P・ライアン、主人公の弟を魅力的に演ずるまだ10代のニコラス・ケイジシュルツの右腕アレン・ガーフィールドジュリアン・ベック、主人公の母親役グウェン・ヴァードン、その息子(N・ケイジ)の妻ジェニファー・グレイコットン・クラブのマネージャー役のトム・ウェイツセント・クレアの部下ローレンス・フィッシュバーンラッキー・ルチアーノジョー・ダレッサンドロ、その他リサ・ジェーン・パースキー、女優グロリア・スワンソンダイアン・ヴェノーラウディ・ストロードエド・オロスジャンカルロ・エスポジート、更にダンサーでマリオ・ヴァン・ピーブルズ、そしてリンゴを売る少女でコッポラの娘ソフィア・コッポラも出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020