4312 Movies

NYPD15分署 The Corruptor (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

チャイナタウンニューヨーク)のマフィアを捜査する中国系の刑事達の戦いを描く、監督ジェームス・フォーリー、主演チョウ・ユンファマーク・ウォールバーグリック・ヤン他共演の犯罪アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ジェームス・フォーリー

製作:ダン・ハルステッド
脚本:ロバート・プッチ
撮影:フアン・ルイス・アンチア
編集:ハワード・E・スミス
音楽:カーター・バーウェル

出演
ニコラス”ニック”チェン:チョウ・ユンファ
ダニエル”ダニー”ウォレス:マーク・ウォールバーグ
ヘンリー・リー:リック・ヤン
ピート・スカバッカー:ポール・ベン=ヴィクター
ボビー・ヴー:バイロン・マン
ショーン・ウォレス:ブライアン・コックス
ジャック:ジョン・キッド・リー
ウィリー・アング:アンドリュー・ペン
ルイーズ・デング:エリザベス・リンゼイ
ベンジャミン・ワン:キム・チャン
メイ:マリエ・マチコ
マーガレット・ウィーラー:トヴァ・フェルドシャー

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライン・シネマ
1999年製作 110分
公開
北米:1999年3月12日
日本:2000年4月8日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $15,164,490
世界 $24,493,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークチャイナタウン
香港を拠点とするの犯罪組織”トライアド”の”福建ドラゴン”のリーダーで、弱冠20歳のボビー・ヴー(バイロン・マン)は、チャイニーズ・マフィア最大の組織”トン”の店を爆破する。

ボビーは、トンのボスであるベンジャミン・ワン(キム・チャン)と補佐のヘンリー・リー(リック・ヤン)との敵対関係を激化させる。

ニューヨーク市警15分署の中国系の警部補ニコラス”ニック”チェン(チョウ・ユンファ)は、ランプ店にみかじめ料を要求しに来た男達と銃撃戦になる。

男達の1人ジャック(ジョン・キッド・リー)に銃を向けたチェンは、必ず逮捕することをボビーに伝えろと言って脅す。

爆破犯を逮捕したチェンは表彰され、彼に感謝したリーは、売春婦のメイ(マリエ・マチコ)を無料で派遣する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークチャイナタウン
最大の勢力を持つチャイニーズ・マフィア”トン”と、対立する”福建ドラゴン”の抗争が激化していた。
ニューヨーク市警15分署の中国系の警部補ニコラス”ニック”チェンは、トンのボスであるワンの補佐リーと組み、ドラゴンのリーダー、ボビーを捕えようとしていた。
そこに白人の刑事ダニーが赴任して来たため、中国人以外を信じないチェンは不満に思う。
ダニーを仲間に引き込もうとするリーの考えに賛成できないチェンは、独自の方法で捜査を続けるのだが・・・。
__________

前年の「リプレイスメント・キラー」でハリウッドに進出した、香港の人気スター、チョウ・ユンファ主演の犯罪アクション。

舞台がニューヨークチャイナタウンであるため、地元のように暴れ回るチョウ・ユンファの活躍が見所の作品。

大柄であるためにアメリカ人スターを相手にしても存在感では負けていないチョウ・ユンファなのだが、アジア人俳優独得のオーバーアクションがやや気になる。

マフィアの抗争に見せかけた権力争いや、ビジネス化しているような犯罪組織と警察のと癒着などが生々しく描かれ、何が正義か混乱してしまうところが、アメリカ社会の抱える大きな問題とも言える。

内務調査官である身を隠しながら、主人公と共に犯罪組織の捜査を行うマーク・ウォールバーグ、主人公らを陰で操ろうとするチャイニーズ・マフィアのドン(キム・チャン)の補佐リック・ヤン、主人公らと対立しながら捜査を続けるFBI捜査官のポール・ベン=ヴィクター、対立を偽装してリー(リック・ヤン)と裏で手を組むバイロン・マン、ダニー(マーク・ウォールバーグ)の父親ブライアン・コックス、主人公の同僚アンドリュー・ペンとエリザベス・リンゼイ、主人公が世話をする売春婦マリエ・マチコ、連邦検事補のトヴァ・フェルドシャーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020