4380 Movies

ザ・サークル The Circle (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

巨大SNS企業で才能を発揮するものの監視社会の恐ろしさに気づく女性の苦悩を描く、製作、監督、脚本ジェームズ・ポンソルト、主演エマ・ワトソントム・ハンクスジョン・ボイエガカレン・ギランエラー・コルトレーンパットン・オズワルトグレン・ヘドリービル・パクストン他共演のテクノスリラー。


スリラー/ホラー

エマ・ワトソン / Emma Watson / Pinterest
トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・ポンソルト
製作
ゲイリー・ゴーツマン
アンソニー・ブレグマン
ジェームズ・ポンソルト
製作総指揮
ステファニー・アズピアズー
ロン・シュミット
ピーター・クロン
スティーヴン・シェアシアン
エヴァン・ヘイズ
サリー・ウィルコックス
ラッセル・レヴィン
原作:デイヴ・エガーズThe Circle
脚本
ジェームズ・ポンソルト
デイヴ・エガーズ
撮影:マシュー・リバティーク
編集
リサ・ラセック
フランクリン・ピーターソン
音楽:ダニー・エルフマン

出演
メイ・ホランド:エマ・ワトソン
イーモン・ベイリー:トム・ハンクス
タイ・ラフィート:ジョン・ボイエガ
アニー・アラートン:カレン・ギラン
マーサー・レガラド:エラー・コルトレーン
トム・ステントン:パットン・オズワルト
ボニー・ホランド:グレン・ヘドリー
ヴィニー・ホランド:ビル・パクストン
ジェシカ・ヴィラロボス医師:プールナ・ジャガナサン
ダン:ネイト・コードリー
ミッチ:ジミー・ウォン
レナータ:エレン・ウォン
オリヴィア・サントス下院議員:ジュディ・レイエス
ジャレッド:ママドゥ・アティエ
本人:ベック

アメリカ 映画
配給
STX Films
ヨーロッパ・コープ
2017年製作 110分
公開
北米:2017年4月28日
日本:2017年11月10日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $20,497,840
世界 $40,656,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
水道会社の派遣社員でカヤックが趣味のメイ・ホランド(エマ・ワトソン)は、街道で車が故障してしまい、友人のマーサー・レガラド(エラー・コルトレーン)に来てもらう。

車を直してもらったメイはマーサーに感謝し、両親と夕食の約束をしているために実家に向かう。

父ヴィニー(ビル・パクストン)と母ボニー(グレン・ヘドリー)と食事したメイは、マーサーとのことで冷やかす多発性硬化症に苦しむ父のことが気になる。

翌日、世界的なSNS企業”サークル”の幹部社員である友人のアニー・アラートン(カレン・ギラン)からの電話を受けたメイは、就職のための面接が決まったことを知らされて喜ぶ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
世界的なSNS企業”サークル”の幹部社員である友人アニーの口添えで入社できたメイ・ホランドは、多発性硬化症に苦しむ父ヴィニーや介護する母ボニーのために仕事に励む。
CEOのイーモンは、高解像度の小型カメラを利用して映像を送信できる新システム”シーチェンジ”を発表する。
その後、才能を発揮したメイはイーモンに認められ、”透明化”して自分のすべてを公開するのだが・・・。
__________

2013年に発表された、デイヴ・エガーズの小説”The Circle”を基に製作された作品。

希望に燃えて巨大SNS企業に入社し才能を発揮した女性が、監視社会の恐ろしさに気づき苦悩する姿を描くテクノスリラー。

製作と脚本を兼ねるジェームズ・ポンソルトが演出し、監視社会化している現在の世界の状況に警鐘を鳴らす興味深い内容で、エマ・ワトソントム・ハンクスをはじめとした人気スター競演も見どころの作品。

最新のテクノロジーとアイデアを利用したシステムが、見事に機能していく前半の映像感覚などは楽しめるが、監視社会の弊害により、経営者が呆気なく葬られる展開などは滑稽であり、全体的に単調な内容は残念だ。

上記のように魅力的なキャストは注目なのだが、批評家には酷評され、北米興行収入は約2100万ドル、全世界では約4100万ドルに終わった。

主演のエマ・ワトソンは、システムを潰すのではなく、”変化”させようと努力する女性を熱演している。
あどけなさが残る魅力的な女性を演じているのだが、水道会社の派遣社員が、突然、サイバーエリートのように変身する姿は不自然だ。

巨大SNS企業”サークル”のCEOトム・ハンクス、システムの開発者であり、主人公と共に自分の考えと違う方向に向かうことを阻止しようとするジョン・ボイエガ、サークルの幹部社員である主人公の友人カレン・ギラン、ネット社会を嫌い、結局その犠牲者になってしまう主人公の友人エラー・コルトレーン、サークルのCOOパットン・オズワルト多発性硬化症に苦しむ主人公の父親役で、本作が遺作となったビル・パクストン、その妻役で、彼と同じ2017年に他界するグレン・ヘドリー、サークルの医師プールナ・ジャガナサン、主人公の面接を担当するネイト・コードリーロブ・コードリーの弟)、サークルの社員ジミー・ウォンエレン・ウォンママドゥ・アティエ、シーチェンジに参加してすべての情報を公開する下院議員のジュディ・レイエス、そして本人役でベックなどが共演している


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021