4296 Movies

枢機卿 The Cardinal (1963)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

優秀な成績で神学校を卒業した青年神父が、野心家としての才能を発揮しながら、家族内や社会の問題、そして政治や許されぬ恋が絡む苦悩を経験して成長し枢機卿になるまでを描く、製作、監督オットー・プレミンジャー、主演トム・トライオンジョン・ヒューストンロミー・シュナイダー他共演の社会派・ヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:オットー・プレミンジャー
製作:オットー・プレミンジャー
原作:ヘンリー・モートン・ロビンソン
脚本:ロバート・ドジアー
撮影:レオン・シャムロイ
編集:ルイス・ローフラー
美術・装置
ライル・R・ウィーラー
ジーン・キャラハン
衣装デザイン:ドナルド・ブルックス
タイトルデザイン:ソウル・バス
音楽:ジェローム・モロス

出演
トム・トライオン:スティーブン・ファーモイル
ジョン・ヒューストン:グレノン枢機卿
ロミー・シュナイダー:アンネマリー・フォン・ハートマン
キャロル・リンレー:モナ・ファーモイル/レジーナ・ファーモイル
マギー・マクナマラ:フローリー・ファーモイル
ラフ・ヴァローネ:クワレンギ枢機卿
ドロシー・ギッシュ:セリア・ファーモイル
セシル・ケラウェイ:モナハン司教
バージェス・メレディス:ハーリー神父
ジョン・サクソン:ベニー・ランペル
チル・ウィルス:ウィトル司教
アーサー・ハニカット:ダブロウ保安官
パット・ヘニング:モントン
ジル・ハワース:ララージ・モントン
オジー・デイヴィス:ギリス神父
パトリック・オニール:シースル・ターナー
マーレー・ハミルトン:レイフ
トゥーリオ・カーミナティ:ジャコービ枢機卿
ジョセフ・マインラッド:イニッツァー枢機卿
キャメロン・プラドム:ディン・ファーモイル
ビル・ヘイズ:フランク・ファーモイル

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1963製作 179分
公開
北米:1963年12月12日
日本:1964年6月


アカデミー賞 ■
第36回アカデミー賞
・ノミネート
監督
助演男優(ジョン・ヒューストン)
撮影・編集・美術・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1917年。
アイルランド系アメリカ人スティーブン・ファーモイル(トム・トライオン)は、神学校を卒業して神父となる。

ファーモイルは、学校長クワレンギ司教(ラフ・ヴァローネ)にその才能を期待され、彼の家宝である”司教の指輪”を譲り受ける。

故郷ボストンに戻ったファーモイルは、妹フローリー(マギー・マクナマラ)、モナ(キャロル・リンレー)、弟フランク(ビル・ヘイズ)、母セリア(ドロシー・ギッシュ)そして父ディン(キャメロン・プラドム)ら家族と再会する。

モナハン司教(セシル・ケラウェイ)の下、助任司祭となったファーモイルは理想を掲げ、現実主義者の司教とは意見が合わなかった。

ファーモイルの妹モナは、カトリックにも拘らずユダヤ人で医師志望のベニー・ランペル(ジョン・サクソン)と付き合い、それを姉フローリーに責められる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1950年に発表されたヘンリー・モートン・ロビンソンの同名小説の映画化。

*(簡略ストー リー)
1917年。
神学校を卒業したアイルランド系アメリカ人スティーブン・ファーモイルは神父となる。
学校長クワレンギ司教から、期待されれるファーモイルは、故郷ボストンに戻り家族と再会する。
助任司祭となったファーモイルは、家族内のトラブルなどを解決しながら、自らの理想の実現のため日々を過ごす。
そんな時、ファーモイルは、枢機卿グレノン大司教に呼び出される。
ファーモイルは、自分の著書が野心的であり過ぎることをグレノン大司教に指摘され、それを致命的な欠陥と判断されてしまう。
そしてファーモイルは、田舎町の小さな教区である、聖ピーター教会への赴任を命ぜられ
ハーリー神父の助手となる・・・。
__________

全編に崇高さが漂うドラマではあるが、原題でもある様々なタイプの枢機卿他聖職者の生き方を通して、時に人情を、また醜い人々の姿も生々しく描き、終盤の第二次大戦前夜の展開はサスペンス・タッチで展開する。
3時間の長編ながら全く飽きの来ない、切れのいいオットー・プレミンジャーの演出は見応え十分だ。

第36回アカデミー賞では、監督、助演男優(ジョン・ヒューストン)、撮影(カラー)、編集、美術(カラー)、衣装デザイン(カラー)賞にノミネートされた。

ゴールデングローブ賞では、ドラマ部門の作品賞と助演男優賞(ジョン・ヒューストン)を受賞している。

威厳ある教皇庁や街並みのセットと衣装、美しいウィーンのロケ、ジェローム・モロスの重みのある音楽や、プレミンジャーの盟友であるソウル・バスのタイトル・デザイン、そして多くの名バイプレイヤーの共演など見所の多い作品でもある。

いかにも、アメリカ人のタフガイ風のトム・トライオンの神父役ということで注目していたが、精悍な顔つきと堂々たる体格が画面に映え、キャリア最高の熱演を見せる。

多くの出演者の中で、その迫力と存在感で異彩を放ち、人間味溢れる役柄を演ずるジョン・ヒューストンの名演は光る。
(アカデミー助演賞候補)

主人公の神父を愛してしまい、また戦火の犠牲者となるロミー・シュナイダー、主人公の師であるラフ・ヴァローネ、恋人との宗教の違いから、悲劇に見舞われる娘との二役キャロル・リンレー、その姉役マギー・マクナマラ、母親役、リリアン・ギッシュの妹で、本作が遺作のドロシー・ギッシュ、弟ビル・ヘイズ、父キャメロン・プラドム、妹の恋人ジョン・サクソン、貧しい教区で病に倒れるバージェス・メレディスと彼を献身的に介護する村娘ジル・ハワース、他、聖職者の面々、セシル・ケラウェイオジー・デイヴィスチル・ウィルストゥーリオ・カーミナティジョセフ・マインラッド、また、アーサー・ハニカットパトリック・オニールマーレー・ハミルトンもゲスト出演的に登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020