4507 Movies

ザ・ブルード The Brood (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

患者である妻にある治療をする心理療法士の秘密を探ろうとする男性の行動を描く、監督、脚本デヴィッド・クローネンバーグ、主演オリヴァー・リードサマンサ・エッガーアート・ヒンドル他共演のサイコロジカル・ホラー


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
製作
クロード・エロー
ピエール・デヴィッド
脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
撮影:マーク・アーウィン
編集:アラン・コリンズ
音楽:ハワード・ショア

出演
ハル・ラグラン博士:オリヴァー・リード
ノーラ・カーヴェス:サマンサ・エッガー
フランク・カーヴェス:アート・ヒンドル
ジュリアナ・ケリー:ナーラ・フィッツジェラルド
ルース・メイヤー:スーザン・ホーガン
マイク・トレラン:ゲイリー・マッキーハン
キャンディス・カーヴェス:シンディ・ハインズ
バートン・ケリー:ハリー・ベックマン
クリス:ニコラス・キャンベル
警部:マイケル・マギー
ジャン・ハートグ:ロバート・A・シルヴァーマン

カナダ 映画
配給 ニューワールド・ピクチャーズ
1979年製作 92分
公開
カナダ:1979年6月1日
北米:1979年5月25日
日本:1987年6月6日
製作費 CAD 1,400,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カナダトロント
ソマフリー医療施設を運営する心理療法士のハル・ラグラン博士(オリヴァー・リード)は、精神障害患者の感情を引き出す”サイコプラズミックス”と呼ばれる療法を行っていた。

ラグランが患者のマイク・トレラン(ゲイリー・マッキーハン)との公開治療を行う様子を見たフランク・カーヴェス(アート・ヒンドル)は、施設に収容されている妻ノーラ(サマンサ・エッガー)のことが気になる。

施設でノーラと過ごしていた娘のキャンディスを家に連れ帰ったフランクは、彼女の背中の傷に気づき驚く。

ラグランの元に向かったフランクは、ノーラとの面会を求めるが、集中治療中だと言われて断られる。

キャンディスを会わせたのは治療に必要だからだと言われたフランクは、苛立っている理由を訊かれて、娘がノーラから虐待を受けているとラグランに伝える。

ノーラには二度とキャンディスに会わせないと言うフランクに、今、娘を取り上げれば最悪の事態を招くと伝えたラグランは、ノーラの状態が改善しないことを追及される。

法的には母と娘を離せないと伝えたラグランは、裁判なら勝てる自信があると言うフランクに、キャンディスのことを思うならやめるべきだと忠告する。

来週もキャンディスを連れて来るようにと言われたフランクは、納得できないままその場を去る。

助手のクリス(ニコラス・キャンベル)に連絡したラグランは、今夜、ノーラに新しいを治療をすることを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カナダトロント
ソマフリー医療施設を運営する心理療法士のハル・ラグラン博士は、精神障害患者の感情を引き出す”サイコプラズミックス”と呼ばれる療法を行っていた。
収容されている患者である妻のノーラが、一緒に過ごした娘キャンディを傷つけた疑いを持ったフランクは、彼女に会わせようとしないラグランの治療の危険性を証明しようとする。
その後、キャンディスを預けた義母ジュリアナが何者かによって殺害される事件が起きたために、フランクは動揺する。
ジュリアナと離婚したバートンは、葬儀のために街に到着するが、娘のノーラとの面会を断られ、家に潜んでいた小人”ブルード”に殺される。
事件を知ったフランクはブルードの検死に立ち会い、それが人間でないことを知る・・・。
__________

短編を含めると既に10年以上のキャリアがあった、デヴィッド・クローネンバーグの脚本を兼ねた作品。

子供に扮する謎の小人”ブルード”の異様な雰囲気、終盤にかけては、ボディ・ホラーの特徴を生かしたデヴィッド・クローネンバーグの特異な演出など、初期の彼の作品の中で「ラビッド」(1977)、そして「スキャナーズ」(1981)と共に注目したい作品。

最先端技術を駆使した現代の作品とは比較にならない、”手作り”感覚がまた新鮮でもあり、謎めいた雰囲気の心理療法士オリヴァー・リードと、その実験台になる患者を演ずるサマンサ・エッガーの熱演にも注目したい。

心理療法士の治療の危険性を疑い、患者である妻の秘密を知ろうとするアート・ヒンドル、その娘シンディ・ハインズ、その祖父母でブルードに殺されるハリー・ベックマンとナーラ・フィッツジェラルド、同じく殺される保母のスーザン・ホーガン、精神患者のゲイリー・マッキーハン、主人公の助手ニコラス・キャンベル、警部のマイケル・マギー、主人公に助言をする元患者のロバート・A・シルヴァーマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021