4383 Movies

ブレイブ The Brave (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1991年に発表された、グレゴリー・マクドナルドの小説”The Brave”を基に製作された作品。
家族のために命を売る覚悟を決めた、貧困生活を送る先住民男性の最期の日々を描く、監督、脚本、主演ジョニー・デップマーロン・ブランドエルピディア・カリロ他共演のドラマ。


ドラマ

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧
マーロン・ブランド / Marlon Brando / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョニー・デップ

製作
チャールズ・エヴァンスJr.
キャロル・ケンプ
製作総指揮:ジェレミー・トーマス
原作:グレゴリー・マクドナルド”The Brave”
脚本
ジョニー・デップ
ポール・マクカドン
D・P・デップ
撮影:ヴィルコ・フィラチ
編集:パスクァーレ・ブバ
音楽:イギー・ポップ

出演
ラファエル:ジョニー・デップ
マッカーシー:マーロン・ブランド
リタ:エルピディア・カリロ
ラリー:マーシャル・ベル
ルイス:ルイス・ガスマン
ストラットン神父:クラレンス・ウィリアムス3世
ルー:フレデリック・フォレスト
ルー・ジュニア:マックス・パーリック
フランキー:コディ・ライトニング
マルタ:ニコル・マンセラ
ラファエルの父:フロイド・レッド・クロウ・ウェスターマン
村の住人:イギー・ポップ
アレッサンドロ:ペペ・セルナ
マリア:ルーペ・オンティヴェロス
ヘイマン:アレクシス・クルス

アメリカ 映画
配給 Majestic Films International
1997年製作 123分
公開
北米:未公開
日本:1998年3月28日
製作費 $6,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
先住民のラファエル(ジョニー・デップ)は、ゴミ集積所に隣接する村で、妻リタ(エルピディア・カリロ)と幼い子供二人フランキー(コディ・ライトニング)とマルタ(ニコル・マンセラ)と共に貧困生活を送っていた。

仕事を探すためにバスで町に向かったラファエルは、荒れ果てたビルの一室でラリー(マーシャル・ベル)という男に会う。

特別な才能を持った者を探していると、バーである男に言われたと話すラファエルは、ラリーから前科や家族のことを聞かれる。

犯罪歴などを話したラファエルは別の場所に連れて行かれ(スナッフ・フィルムの撮影現場)、現れた車椅子の老人マッカーシー(マーロン・ブランド)に話しかけられる。

死が怖いかと聞かれたラファエルは、死の意味を語るマッカーシーから、死の苦痛が、生きる者にとっては想像的な刺激になる場合もあると言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
先住民のラファエルは、妻リタと二人にの子供達と共に貧困生活を送っていた。
ある日、町に向かったラファエルは、荒れ果てたビルの一室でラリーという男に会い、老人のマッカーシーを紹介される。
スナッフ・フィルムの製作者だったマッカーシーは、死と勇気についてをラファエルに語り、彼の命の価値として5万ドルを渡すことを伝える。
その一部を受け取ったラファエルは、最期の1週間を家族と過ごすために村に戻る。
金を使って家族を喜ばせようとしたラファエルだったが、再び犯罪を犯したのではないかとリタに疑われてしまう・・・。
__________

先住民チェロキー族の血を引くジョニー・デップが、初監督と脚本、そして主演を兼ねた意欲作であり、先住民社会の現状を切実に描く作品。

ジョニー・デップ他、先住民の血を引く著名人は多く、多人種国家アメリカ社会においての問題提起としてはややインパクトに欠けるような内容でもあり、国内での評価が思わしくなく反響も少なかった。

そのため、それに不満を示したジョニー・デップは、アメリカ国内での公開を拒否した経緯がある。

また、「ゴッドファーザー」(1972)でアカデミー主演賞を受賞するものの、アメリカ映画における先住民に対する差別を訴え受賞を拒否したマーロン・ブランドが、ジョニー・デップの考えに賛同してギャラなしで出演した。

カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールにノミネートされた。

日本では、ほとんど貧民街など存在しないため、世界一の超大国であり豊かなはずのアメリカで、本作のような悲惨な生活を送る人々がいることを映し出す映像に現実味はない。

本作で登場する先住民の村は、世界の最貧国とも思えるように描写され、その貧困から脱し家族を守るために命を捨てる主人公の姿に心が痛む。

悲惨な生活から脱し家族を守るために、命を売る覚悟を決める主人公を好演するジョニー・デップ、主人公に死に伴う勇気を説く、特別出演ではあるが流石に重厚な演技を見せるマーロン・ブランド、主人公の妻エルピディア・カリロ、主人公と関係する謎の仲介者マーシャル・ベル、主人公の犯罪仲間ルイス・ガスマン、主人公の家族と深く関わる神父クラレンス・ウィリアムス3世、村の住人フレデリック・フォレスト、その息子マックス・パーリック、主人公の息子コディ・ライトニング、娘ニコル・マンセラ、主人公の父親フロイド・レッド・クロウ・ウェスターマン、住人役で音楽も担当したイギー・ポップ、主人公の義兄ペペ・セルナ、その妻ルーペ・オンティヴェロスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021