4297 Movies

緑色の髪の少年 The Boy with Green Hair (1948)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

両親から離れて暮らす少年の苦悩と成長を描く、 監督ジョセフ・ロージー、主演パット・オブライエンロバート・ライアンバーバラ・ヘイルディーン・ストックウェル他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョセフ・ロージー
製作:ドア・シャリー
原作:ベッツィ・ビートン
脚本
ベン・バーズマン

アルフレッド・ルイス・レヴィット
撮影:ジョージ・バーンズ
編集:フランク・ドイル
音楽:リー・ハーライン

出演
フライ:パット・オブライエン

エヴァンス博士:ロバート・ライアン
ブランド:バーバラ・ヘイル
ピーター・フライ:ディーン・ストックウェル
国王:ウォルター・キャトレット
クヌードソン医師:サミュエル・S・ハインズ
ジョーイ:ドウェイン・ヒックマン

アメリカ 映画
配給 RKO

1948年製作 82分
公開
北米:1948年12月27日
日本:1950年3月7日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ある坊主頭の家出少年(ディーン・ストックウェル)が、警察に保護される。

少年は一言も口をきかず、その場に現れた心理学者のエヴァンス博士(ロバート・ライアン)は、彼に優しく語り掛ける。

夕食を食べ損ねたと言うエヴァンスは、空腹だと思われる少年にもハンバーガーなどを与える。

専門医だと伝えたエヴァンスは少年に髪の毛のことを聞き、床屋が切ったと答える彼から長い話になる言われる。

その話に興味を示すエヴァンスは、ある手紙のせいだと言う少年が祖父のことも語り始めたため、分かり易く話すよう伝える。

そして少年は、幼き日々を裕福な家庭で育った話から語り始める。
__________

楽しいクリスマスを過ごし、翌年の夏には電報が届く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
警察に保護された坊主頭の少年ピーターは、心理学者のエヴァンスに体験したことを話し始める。
留守だった両親と離れ親戚に預けられていたピーターは、父親からの手紙だけを手にして老人である俳優のフライと暮らし始める。
陽気なフライとの生活にも慣れたピーターは、学校に通い始めバイトなどもする。
そんなある日、ピーターの髪の毛が緑色になってしまい、驚くフライと共に医師クヌードソンの診察を受ける。
何も異常がないと診断されたピーターだったが、町の人々からは奇異な目で見られ学校ではからかわれる。
ピーターは戸惑いながら、自分の髪の毛の変化の意味についてを考えるのだが・・・。
__________

その後”赤狩り”の影響でイギリスに亡命するジョセフ・ロージーの、実質的な長編デビュー作品。

もの悲しいテーマ曲”Nature Boy”、悲痛な表情の家出少年の登場から始まる暗い雰囲気の内容なのだが、少年と暮らす陽気な老人はユーモアを兼ね備え、ファンタジックな映像も加わるという不思議な雰囲気の展開が実に興味深い。

更に、少年の髪の毛が緑色になることに何の意味があるかが問われる後半は、反戦がテーマとなる重々しい内容となり深く考えさせられる。

少年は、離れて暮らす両親(既に亡くなっている)のことを想い、共に暮らす老人は、暗い社会情勢を忘れるために部屋に飾る緑色の植物に癒しを求める。
その環境下で暮らす少年に変化をもたらす髪の毛の色が、世界の変化にもつながるという、戦争の痛手が消えない終戦直後の人々の気持ちが察することができる作品でもある。

少年の心を癒そうとする共に暮らす老人を好演するパット・オブライエン、保護された少年に優しく接し、また厳しいものの捉え方もしながら話を聞く心理学者ロバート・ライアン、学校の担任教師バーバラ・ヘイル、主人公の少年を熱演する名子役ディーン・ストックウェル、国王のウォルター・キャトレット、町医者サミュエル・S・ハインズ、少年のクラスメイト、ドウェイン・ヒックマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020