4553 Movies

グリフィン家のウエディングノート The Big Wedding (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2006年に公開された、スイス・フランス合作映画”Mon frère se marie”のハリウッド版リメイク。
次男の結婚式のために顔を合わせた家族が巻き起こす騒動を描く、製作、監督、脚本ジャスティン・ザッカム、主演ロバート・デ・ニーロキャサリン・ハイグルダイアン・キートンベン・バーンズアマンダ・セイフライドトファー・グレイススーザン・サランドンロビン・ウィリアムズ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジャスティン・ザッカム
製作
リチャード・サルヴァトーレ
アンソニー・カタガス
クレイ・ペコリン
ハリー・J・アフランド
ジャスティン・ザッカム
製作総指揮
アヴィ・ラーナー
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ジョン・トンプソン
原作
”Mon frère se marie”
ジャン=ステファン・ブロン
カリン・サダン
脚本:ジャスティン・ザッカム
撮影:ジョナサン・ブラウン
編集:ジョナサン・コーン
音楽:ネイサン・バー

出演
ドナルド・ロバート”ドン”グリフィン:ロバート・デ・ニーロ
ライラ・グリフィン:キャサリン・ハイグル
エレノア”エリー”グリフィン:ダイアン・キートン
アレハンドロ・ソト・グリフィン:ベン・バーンズ
メリッサ”ミッシー”オコナー:アマンダ・セイフライド
ジャレド・グリフィン:トファー・グレイス
ベアトリス・マーサ”ビービー”マクブライド:スーザン・サランドン
ビル・モナハン神父:ロビン・ウィリアムズ
マフィン・オコナー:クリスティン・エバーソール
バリー・オコナー:デヴィッド・ラッシュ
マドンナ・ソト:パトリシア・ラエ
ヌリア・ソト:アナ・アヨラ
アンドリュー:カイル・ボーンハイマー
ジェーン:メーガン・ケッチ

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2013年製作 89分
公開
北米:2013年4月26日
日本:2013年11月29日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $21,819,350
世界 $46,519,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
彫刻家のドナルド・ロバート”ドン”グリフィン(ロバート・デ・ニーロ)は、10年前に妻エレノア”エリー”(ダイアン・キートン)と離婚した。

エリーは、養子であるハーバード大学卒の次男アレハンドロ(ベン・バーンズ)の結婚式のために、10年ぶりにグリフィン家を訪れる。

留守だと知ったエリーは、鍵を隠してある場所を知っていたために家に入る。

そこに、同居する恋人のベアトリス・マーサ”ビービー”マクブライド(スーザン・サランドン)と共にドンが戻り、二人はキッチンで愛し合おうとする。

エリーがいることに気づいた二人は驚き、ドンが彼女を部屋に案内する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
彫刻家のドナルド・ロバート”ドン”グリフィンは、養子である次男アレハンドロの結婚式に出席するために訪ねて来た、10年前に離婚した元妻エリーを歓迎する。
同居するドンの恋人ビービーとの関係も良好なエリーだったが、アレハンドロの実母であるコロンビア人のアマンダが保守的であることを知り、離婚したことを隠すために結婚式の間だけドンと夫婦を演ずることになる。
そのため、自分が邪魔な存在だと考えたビービーは家を出てしまう。
身勝手な父ドンを憎み、夫との関係に悩む長女のライラ、29歳にもなって女性とまともに付き合えない産婦人科医である長男のジャレドら、家族は再会を喜びつつもギクシャクする。
訪れたマドンナと娘のヌリアを歓迎したドンとエリーは、何とか円満夫婦を演じようとするのだが・・・。
__________

最高の人生の見つけ方」(2007)などの脚本でも知られるジャスティン・ザッカムが、製作、監督、脚本を担当したファミリー・コメディ。

次男の結婚式で巻き起こる騒動と、それをきっかけに絆を深める家族を描く愉快なコメディに仕上がっている。

豪華スター競演の注目作であり、興行的にも期待された作品ではあるが、北米で約2200万ドル、全世界では約4700万ドルという平凡な結果に終わった。

愉快で楽しい内容なのだが、スターの品評会的なシーンの連続であり、批評家からは酷評され、お決まりのと言っては気の毒だが、キャサリン・ハイグルはラジー賞にノミネートされてしまった。

家族の迷惑を顧みず自由気ままに生きる彫刻家のロバート・デ・ニーロ、その父を憎む娘で騒動により理解し合えるようになるキャサリン・ハイグル、主人公の元妻ダイアン・キートン、養子である次男のベン・バーンズ、そのフィアンセアマンダ・セイフライド、主人公の息子である産婦人科医で、女性とまともに付き合えないトファー・グレイス、主人公と同居する恋人のスーザン・サランドン、結婚式を執り行う神父のロビン・ウィリアムズ、花嫁の両親クリスティン・エバーソールデヴィッド・ラッシュ、次男の実母パトリシア・ラエ、その娘アナ・アヨラ、長女の夫カイル・ボーンハイマー、産婦人科病院の事務員メーガン・ケッチなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021