4237 Movies

三つ数えろ The Big Sleep (1946)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1939年に発表された、レイモンド・チャンドラーの小説”大いなる眠り”を基に製作された作品。
彼の処女長編であり、映画化された初めての作品。
脅迫の調査を依頼された私立探偵フィリップ・マーロウが、謎の多い難題の真相を突き止めるまでを描く、巨匠ハワード・ホークスとはまり役を演ずるハンフリー・ボガートが手を組み、ローレン・バコールドロシー・マローン共演による犯罪サスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest
ローレン・バコール / Lauren Bacall / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ハワード・ホークス
製作:ハワード・ホークス
原作:レイモンド・チャンドラー大いなる眠り
脚本
ウィリアム・フォークナー

リイ・ブラケット
ジュールス・ファースマン
撮影:シドニー・ヒコックス
編集:クリスチャン・ネイビー
音楽:マックス・スタイナー

出演
フィリップ・マーロウ:ハンフリー・ボガート

ヴィヴィアン・スターンウッド・ラトレッジ:ローレン・バコール
エディ・マース:ジョン・リッジリー
カルメン・スターンウッド:マーサ・ヴィッカーズ
本屋の店員:ドロシー・マローン
アグネス・ロージャー:ソニア・ダーリン
バーニー・オールズ:レジス・トゥーミイ
スターンウッド/将軍:チャールズ・ウォルドロン
ラッシュ・カニーノ:ボブ・スティール
モナ・マーズ:ペギー・クヌードセン
ハリー・ジョーンズ:エリシャ・クックJr.
ジョー・ブロディ:ルイス・ジーン・ヘイト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1946年製作 114分
公開
北米:1946年8月23日
日本:1955年4月20日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
私立探偵フィリップ・マーロウ(ハンフリー・ボガート)は、”将軍”と呼ばれる大富豪スターンウッド(チャールズ・ウォルドロン)の屋敷を訪れる。

ホールで待っていたマーロウは、スターンウッドの次女カルメン(マーサ・ヴィッカーズ)に声をかけられ、躾の悪さを執事に指摘する。

スターンウッドに温室に呼ばれたマーロウは、1年前にも脅されたカルメンが、再び古書商のアーサー・グウィン・ガイガーから、借金の返済を迫る手紙が届いたことを知らされる。

カルメンの姉ヴィヴィアン(ローレン・バコール)のことなども聞いたマーロウは、ギャンブルの借金だという借用書zサインがあるため、それを払うことをスターンウッドに助言する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
私立探偵フィリップ・マーロウは、“将軍”と呼ばれる大富豪スターンウッドから、娘のカルメンが脅迫されている件で調査を依頼される。
気乗りしないマーロウだったが、カルメンの姉であるヴィヴィアンからも、姿を消した使用人を捜すことを依頼される。
不躾なヴィヴィアンにそれを断ったマーロウは、早速、カルメンが要求される借金の相手、古書商のガイガーを調べ始める。
ところがガイガーは、カルメンが家に現れた直後に何者かに殺されてしまう。
その後、スターンウッドの運転手が、車で海に落ちて死亡し、更にマーロウは、カルメンが淫らな写真を撮られて再び脅されたことを、ヴィヴィアンから知らされる・・・。
__________

レイモンド・チャンドラーの原作は、ウィリアム・フォークナーリイ・ブラケットジュールス・ファースマンという大物により、綿密に練られた構成で見事な脚本に仕上り、ハワード・ホークスの骨太の演出も光る見応えある作品。

複雑で理解し難いという意見もあるが、謎めいた内容から気をそらすことなく鑑賞すると、味わい深い、サスペンスとしての醍醐味を満喫できる素晴らしい作品だ。

第二次大戦終結直後の時代背景などを考えながら観ると、大胆ではないがエロチシズムを感じる微妙な表現などが印象的で、荒っぽい世界に生きる男達を、大袈裟でなく端的に伝える描写など注目すべき点が多い。

1997年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

マックス・スタイナーらしいダイナミックな音楽もドラマを盛り上げる。

日本公開は、北米公開から9年後の1955年なのだが、雰囲気を出そうとして付けた邦題は頂けない。

脱出」(1944)の共演をきっかけに、親子程の年齢差も話題になりながら結婚したハンフリー・ボガートローレン・バコール夫妻出演も注目。
惹かれ合う雰囲気を維持しつつもぶつかり合い、ドラマの進行の妨げにならないよう、ロマンスは控えめに描かれているなど心憎い演出だ。

大富豪、美女、悪党、そして警察、全てに対し、アウトロー的な自らの考えで、物事に体当たりしていく雰囲気、オーラを感じる魅力的な主人公を演ずるハンフリー・ボガート、彼に一歩も引けを取らない、20代前半とは思えない貫録さえ感じる富豪令嬢ローレン・バコール、小悪魔のようなその妹マーサ・ヴィッカーズ、ギャングのボス役ジョン・リッジリー、その妻役のペギー・クヌードセン、妙に印象的な古書店の経営者役ドロシー・マローン、事件に絡む古書店の店員ソニア・ダーリン、彼女の恋人エリシャ・クックJr.、刑事のレジス・トゥーミイ、大富豪のチャールズ・ウォルドロン、ギャング役のボブ・スティール、ギャンブラーのルイス・ジーン・ヘイト等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020