4508 Movies

ジェーン・ドウの解剖 The Autopsy of Jane Doe (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

身元不明女性の遺体を調べる検死官が体験する恐怖を描く、監督アンドレ・ウーヴレダル、主演エミール・ハーシュブライアン・コックスオフィリア・ラヴィボンドマイケル・マケルハットン他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:アンドレ・ウーヴレダル
製作
フレッド・バーガー
エリック・ガルシア
ベン・ピュー
ロリー・エイトキン
製作総指揮
スチュアート・フォード
マット・ジャクソン
スティーヴン・スクイランテ
脚本
イアン・ゴールドバーグ
リチャード・ナイン
撮影:ロマン・オーシン
編集
パトリック・ラーシュゴード
ピーター・グヴォザス
音楽
ダニー・ベンジー
ソーンダー・ジュリアーンズ

出演
オースティン・ティルデン:エミール・ハーシュ
トミー・ティルデン:ブライアン・コックス
エマ:オフィリア・ラヴィボンド
シェルドン・バーク保安官:マイケル・マケルハットン
ジェーン・ドウ:オルウェン・ケリー
コール巡査:パーカー・ソウヤーズ

アメリカ 映画
配給 IFC Films
2016年製作 86分
公開
イギリス:年月日
北米:2016年12月21日
日本:2017年5月20日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $10,470
世界 $5,983,420


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
バージニア州、グランサム。
殺人事件現場を調べていたシェルドン・バーク保安官(シェルドン・バーク保安官:マイケル・マケルハットン)は、地下室で身元不明の女性の死体”ジェーン・ドウ”が見つかったことを知らされ、それを確認する。

検死官のトミー・ティルデン(ブライアン・コックス)と医療技術者で助手である息子のオースティン(エミール・ハーシュ)は、自宅で遺体安置所と火葬場を兼ねていた。

その日の仕事を終えたオースティンは、通気ダクトから愛猫のスタンリーが現れたことに気づく。

物音がしたために内部を調べたオースティンは、映画に行く約束をしていた恋人のエマ(オフィリア・ラヴィボンド)に脅かされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
バージニア州、グランサム。
検死官のトミー・ティルデンと助手である息子のオースティンは、殺人事件現場で発見された身元不明女性の遺体”ジェーン・ドウ”を調べることをバーク保安官から依頼される。
検死を始めたトミーとオースティンは、外傷もない遺体の両手と足首が骨折していることに気づき不思議に思う。
舌を切り取られている遺体の内臓を調べた二人は、胃の中から、抜いた歯が包まれた文字が書かれた布が見つかり、心臓など臓器が傷つけられていることに気づき驚く。
不吉な予感と共に異変も起きる中で、トミーとオースティンは、外部の損傷が全く見られない、ジェーン・ドウの異常な状態の遺体の秘密を解こうとするのだが・・・。
__________

「トロール・ハンター」(2010)で知られるノルウェー人監督アンドレ・ウーヴレダルが監督し、ハリウッド・デビュー果たしたた超常現象をテーマにしたホラー。

身元不明女性の遺体”ジェーン・ドウ”を調べることになった、検死官親子に襲い掛かる恐怖を描く作品。

遺体の検死による身元不明女性の秘密の解明が描かれるミステリーとして進行し、それが、歴史を越えた怨念と復讐につながり、関係した主人公らに襲い掛かるという内容と、人体解剖のリアルな映像が見所の作品。

外傷が全くない女性の遺体を芸術作品のように映し出す美しい映像が印象的で、本来ならば目を背けたくなるような解剖の場面も構えることなく観られる。

検死官である父の助手をする医療技術者であり、恋人と出かけなかったために事件に巻き込まれるエミール・ハーシュ、その父親で、息子を守ろうとする検死官のブライアン・コックス、誤って殺されてしまう主人公の恋人オフィリア・ラヴィボンド、保安官のマイケル・マケルハットン、身元不明女性の遺体”ジェーン・ドウ”を演ずるオルウェン・ケリー、巡査パーカー・ソウヤーズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021