4236 Movies

特攻野郎Aチーム The A-Team (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

NBCで、1983年1月23日から1987年3月8日まで放映された人気テレビ・ドラマ”特攻野郎Aチーム”(邦題)の映画化。
軍特殊チームが政府のお尋ね者となり、その潔白を晴らすための戦いを描く、製作総指揮リドリー・スコット、製作トニー・スコット、監督、脚本ジョー・カーナハン、主演リーアム・ニーソンブラッドレイ・クーパークイントン”ランペイジ”ジャクソンシャールト・コプリージェシカ・ビールパトリック・ウィルソン他共演のアクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョー・カーナハン
製作総指揮
リドリー・スコット

マーク・シルベストリ
ロス・テイラー・ファンガー
製作
スティーブン・J・キャネル

ジュールズ・デイリー
アレックス・ヤング

イアイン・スミス
スパイク・セルディン
トニー・スコット

原案:スティーブン・J・キャネル
脚本
スキップ・ウッズ

ブライアン・ブルーム
ジョー・カーナハン
撮影:マウロ・フィオーレ
編集
ロジャー・バートン

ジム・メイ
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
ジョン“ハンニバル”スミス大佐:リーアム・ニーソン

テンプルトン“フェイスマン”ペック中尉:ブラッドレイ・クーパー
ボスコ・アルバート“B.A.”.バラカス伍長:クイントン”ランペイジ”ジャクソン
H・M”ハウリング・マッド”マードック大尉:シャールト・コプリー
キャリサ・ソーサ大尉:ジェシカ・ビール
バンス・バーレス/リンチ調査官:パトリック・ウィルソン
ブロック・パイク:ブライアン・ブルーム
ラッセル・モリソン将軍:ジェラルド・マクレイニー
マクレディ長官:ヘンリー・ツェニー
ペンサコーラの囚人ミルト:ダーク・ベネディクト
ドイツ人医師:ドワイト・シュルツ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2010年製作 119分(133:特別編)
公開
北米:2010年6月11日
日本:2010年8月20日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $77,222,100
世界 $177,238,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
メキシコ
連邦警察に捕らえられたジョン“ハンニバル”スミス大佐(リーアム・ニーソン)は、拷問の末に犬のエサにされそうになる。

その場を脱出したハンニバルは、原野で元レンジャー部隊員ボスコ・アルバート“B.A.”.バラカス伍長(クイントン”ランペイジ”ジャクソン)の車を止め、部下のテンプルトン“フェイスマン/フェイス”ペック中尉(ブラッドレイ・クーパー)を助けるために現場に向かう。

フェイスを救出したハンニバルは、陸軍病院で、変わり者のパイロット、H・M”ハウリング・マッド”マードック大尉(シャールト・コプリー)を仲間に引き入れ、医療ヘリコプターで脱出する。

8年後、イラク
80の作戦に成功したハンニバルのチーム”アルファ部隊”に、CIAのリンチ(パトリック・ウィルソン)が接触する。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ある事件がきっかけで、ジョン“ハンニバル”スミス大佐は、フェイス、B.A.、マードックら”アルファ部隊”別名”Aチーム”を結成して、多くの作戦で実績を上げていた。
イラク戦争末期、フセインの残党がドル紙幣印刷のための原版を持ち逃走する情報を得たCIAのリンチは、ハンニバルと接触し、それを奪うよう依頼する。
親友でもある上官モリソン将軍からもそれを命ぜられたハンニバルは、ライバル・チームのパイクを出し抜き、原版を奪取することに成功する。
しかし、モリソンは殺害され、その犯人と思われるパイクに原版が奪われてしまう。
ハンニバルら4人は、軍法会議にかけられて有罪となり刑務所に送られる。
その後ハンニバルは、接触してきたリンチに原版を取り戻すことを約束し、自由を条件に脱獄の手助けをさせてメンバーも救い出す。
4人は、自分達を追っている、ファイスの元恋人で国防犯罪調査局のソーサの動きを警戒しながら、原版をパイクから奪い返すのだが・・・。
__________

政府のお尋ね者のはみ出し部隊”Aチーム”の劇場用映画として、大いに期待され話題になった作品。

巨額の製作費(1億1000万ドル)をかけた、ど派手なアクションシーンなどは、テレビ版とは比較にならない迫力だ。

しかし、豪華顔合わせにも拘らず、今一各配役の個性にインパクトが欠けている感じは否めない。

そのせいか、北米興行収入は予想を遥かに下回り約7700万ドルで、全世界では約1億7700万ドルと健闘したものの、期待ほどの数字は残せなかった。

ストーリーやアクションも、大掛かりなだけという感じで、残念ながらジョー・カーナハンの演出も平凡だ。

エンドロールの終わりに、テレビ・シリーズのオリジナル・キャストであるダーク・ベネディクトが、彼がテレビで演じたフェイスの同僚の囚人、ドワイト・シュルツは、彼がテレビで演じたマードックを治療する医師で登場し、お馴染みのテーマ曲もファンとしては嬉しい。

但し、本編終了で席を立った方は見逃してしまう。

実力派らしく、どのような役でも存在感を発揮する、統率力のあるチームのボスを貫禄で演ずる、ハンニバルのリーアム・ニーソン、その部下、女好きの物資調達担当フェイスのブラッドレイ・クーパー、豪傑タイプながら非暴力の誓いを立てたりもするB.A.役の格闘家クイントン”ランペイジ”ジャクソン、精神異常者で、トラブル・メーカーでメンバー入りするパイロットのマードック役シャールト・コプリー、4人を追うフェイス(B・クーパー)の元恋人で、国防犯罪調査局の大尉役ジェシカ・ビール、謎のCIA、黒幕的存在のパトリック・ウィルソン、ライバル・チームを率いる裏切り者ブライアン・ブルーム、彼らに加担する将軍ジェラルド・マクレイニー、ソーサ(J・ビール)の上官ヘンリー・ツェニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020