4294 Movies

テキーラ・サンライズ Tequila Sunrise (1988)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

足を洗おうとする麻薬ディーラーと敏腕刑事が、一人の女性と三角関係になりながら、麻薬組織の大物を捕らえようとするロマンスを絡めた犯罪アクション。
監督、脚本ロバート・タウン、主演メル・ギブソンミシェル・ファイファーカート・ラッセルラウル・ジュリア他共演。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・タウン
製作総指揮:トム・ショウ
製作:トム・マウント

脚本:ロバート・タウン
撮影:コンラッド・L・ホール
編集:クレア・シンプソン

音楽:デイヴ・グルーシン

出演
メル・ギブソン:デイル・”マック”マキュージック
ミシェル・ファイファー:ジョー・アン・ヴァレナリ
カート・ラッセル:ニック・フレシア
ラウル・ジュリア:カルロス/エスカランテ
J・T・ウォルシュ:マグワイア
アーリス・ハワード:リンドロフ
アン・マグナソン:シャリーン
アリー・グロス:アンディ・レナード
ガブリエル・ダモン:コディ・マキュージック

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1988年製作 115分
公開
北米:1988年12月2日
日本:1990年2月
製作費 $23,000,000
北米興行収入 $41,292,550


アカデミー賞 ■
第61回アカデミー賞
・ノミネート
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
麻薬ディーラーのデイル”マック”マキュージック(メル・ギブソン)は足を洗おうとするが、警察を含めてそれを信じる者はいなかった。

マックの親友でもある、麻薬取締局の警部に昇進したニック・フレシア(カート・ラッセル)は、尚も疑われ捜査対象になっていることを本人に警告する。

ニックは、マックを執拗に追う政府の捜査官マグワイア(J・T・ウォルシュ)を邪魔者扱いする。

マックは、別れた妻のシャリーン(アン・マグナソン)から、息子のコディ(ガブリエル・ダモン)を出しに金をせびられ、従弟のリンドロフ(アーリス・ハワード)からも借金を迫られる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
麻薬ディーラーのデイル”マック”マキュージックは足を洗おうと考える。
マックの親友でもある、麻薬取締局の警部に昇進したニックは、彼が尚も疑われ、捜査対象になっていることを本人に警告する。
ニックは、マックを執拗に追う政府の捜査官マグワイアを毛嫌いしていた。
しかし、マグワイアがマックを追う本当の理由を知らされる。
南米の麻薬王カルロスが動きを見せたため、彼を捕らえるための囮として、マグワイアはマックを利用しようとしていたのだ。
マックが出入りする高級レストランのオーナー、ジョー・アンに目をつけたマグワイアは、彼女が麻薬の取引に関係していると考える。
しかし、ニックはジョー・アンを解放し、マックの知るカルロスの情報を得ようとするのだが、二人は親密な関係になってしまう・・・。
__________

監督ロバート・タウンは、脚本家としての活躍が主流であり、本作でも脚本を兼ねているが、残念ながら、実力派揃いの豪華な出演者の魅力を生かせず、恋の行方や事件解決への展開などの話もチグハグで、名作「チャイナタウン」(1974)でアカデミー脚本賞を受賞した時の冴えは、作品の内容が違うとは言え、全く感じられない。

アカデミー賞候補になった、コンラッド・L・ホールの、美しい浜辺での夕陽の映像、デイヴ・グルーシンの粋な音楽は印象に残る。

前年の「リーサル・ウェポン」(1987)でついに大ブレイクして、ハリウッドのトップスターの道を歩み始めたメル・ギブソンは、まだ荒っぽさはあるが、若々しく生きのいい演技を見せてくれる。

同年、「危険な関係」(1988)でアカデミー助演賞候補にもなるミシェル・ファイファーは、若き女性実業家を好演はしているが、どっち付かずの(マックを選ぶ)優柔不断さが後味が悪い。

冒頭、刑事というより、彼が麻薬の売人に見えてしまうカート・ラッセルは、相変わらず、けれん味のないストレートな演技が爽やかだ。

麻薬組織の黒幕の割には憎めないラウル・ジュリア、優秀なのか無能なのか曖昧な捜査官J・T・ウォルシュ、組織から抜け切れず裏切りがばれて殺されるアーリス・ハワードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020