4233 Movies

アパートの鍵貸します The Apartment (1960)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

大企業の上役の欲求のために利用される、一社員やエレベーター係の悲哀と、やがて訪れる真実の愛を描く、製作、監督ビリー・ワイルダーと盟友I・A・L・ダイアモンドによる脚本、ジャック・レモンシャーリー・マクレーンフレッド・マクマレイ共演、映画史上に残るロマンチック・コメディの傑作。


ロマンチック・コメディ

シャーリー・マクレーン / Shirley MacLaine / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
脚本
ビリー・ワイルダー
I・A・L・ダイアモンド
撮影:ジョセフ・ラシェル
編集:ダニエル・マンデル
美術・装置
アレクサンドル・トローネル
エドワード・G・ボイル
音楽:アドルフ・ドイッチュ

出演
ジャック・レモン:C・C”バド”バクスター
シャーリー・マクレーン:フラン・キューブリック
フレッド・マクマレイ:ジェフ・D・シェルドレイク
レイ・ウォルストン:ジョー・ドビッシュ
ジャック・クラスチェン:Dr.ドレイファス
デヴィッド・ルイス:カークビー
ホープ・ホリデー:マーギー・マクドゥーガル
ジョーン・ショウリー:シルヴィア
エディー・アダムス:オルセン
ジョニー・セヴン:カール・マトゥシュカ
ジョイス・ジェイムソン:バーのブロンド女性

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1960年製作 124分
公開
北米:1960年1月15日
日本:1960年10月8日
製作費 $3,000,000


アカデミー賞 ■
第33回アカデミー賞
・受賞
作品・監督・脚本・編集・美術賞(白黒)
・ノミネート
主演男優(ジャック・レモン)
主演女優(シャーリー・マクレーン)
助演男優(ジャック・クラスチェン)
撮影(白黒)・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークの大保険会社の若手社員C・C・バクスター(ジャック・レモン)は、出世至上主義者だった。

バクスターは、数人の上司に自分のアパートの鍵を貸し、 そこを逢い引きの場に使わせていた。

今日もバクスターは、上司カークビー(デヴィッド・ルイス)と会社の電話交換係シルヴィア(ジョーン・ショウリー)の密会のため、部屋に入れないでいた。

ようやく部屋に戻れたバクスターは、隣部屋のドレイファス医師(ジャック・クラスチェン)に、”客人”が空けた大量の酒瓶や、毎晩聞こえる”激しい物音”について質問される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
大保険会社の若手社員C・C・バクスターは、出世至上主義者であり、数人の上司に自分のアパートの鍵を貸し、そこを逢い引きの場に使わせていた。
昇進のために、自分の生活を犠牲にして、上司のスケジュール合わせに奔走するバクスターは、会社のエレベーターガールのフランに思いを寄せていた。
そんなバクスターは、夜も部屋を追い出され、辛い思いをする日もあった。
ある日、人事部のシェルドレイク部長に呼び出されたバクスターは、自分の行為が上にバレたことを察知して観念する。
しかし、シェルドレイクの目的は、バクスターの”鍵”だった。
バクスターは、一気に昇進するチャンスだと考えて、シェルドレイクに部屋を提供するために、フランを食事とミュージカルに誘うのだが、彼女には、ある人物との約束があった・・・。
__________

前年の「お熱いのがお好き」(1959)でもコンビを組んだ、ビリー・ワイルダーと盟友I・A・L・ダイアモンドの、良質の舞台劇を見ているような、テンポのよい凝った脚本と、ビリー・ワイルダーの流れるような演出は冴え渡る。

1994年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第33回アカデミー賞では、作品賞以下5部門を受賞した。
・受賞
作品、監督、脚本、編集、美術賞(白黒)
・ノミネート
主演男優(ジャック・レモン)
主演女優(シャーリー・マクレーン)
助演男優(ジャック・クラスチェン)
撮影(白黒)、録音賞

ジャック・レモン演ずる主人公が、エリートのようではあるがそそっかしく、要領がいいのか悪いのかわからないところ、また、あの身のこなしや仕草が愛嬌があり、その雰囲気だけで大いに笑わせてくれる。
コメディアンかつ演技派としての、彼の才能を最高に発揮できた作品とも言える。

顔立ちがアジア人に近いシャーリー・マクレーンに、ハリウッド的美人とは違う親近感を感じた人も多いと思う。

部長役のフレッド・マクマレイは、いかにもやり手で強かな上役がはまっている。
彼は俳優としての実績の他、実業家としても成功し、ハリウッドでも有数の富豪として知られた。

他にも、「スティング」(1973)で絶妙な詐欺師ぶりを見せた、上司役のレイ・ウォルストンオスカー候補になった隣人医師役のジャック・クラスチェンの好演も印象に残る。

また、この時代のアメリカの豊かさを強調するために、ビリー・ワイルダーは、主人公が勤める巨大保険会社のビルのオフィスのセットを広く見せようとして、手前のデスクより奥のデスクをわざと小さく作り、遠近感を出す工夫などをしている。

その甲斐あって、アカデミー美術賞も受賞した。

本作を初めて見た時に、リモコン・テレビを見ながら冷凍食品を食べ、風邪気味の主人公はティッシュペーパー持参で出社、クーラーやオーブン、電気毛布も当たり前という、一平社員の生活を見て、アメリカでは既にこの時代に、どこの家庭でもこんな生活をしていたのかと驚き、興味を抱いたことを
思い出す。

上司デヴィッド・ルイス、主人公がバーで出会う女性ホープ・ホリデー、会社の電話交換係ジョーン・ショウリー、部長秘書のエディー・アダムス、フラン(S・マクレーン)の兄ジョニー・セヴン、バーのブロンド女性ジョイス・ジェイムソン等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020