That's Movie Talk!     4100 Movies

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 The Adventures of Tintin (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ベルギーの漫画家エルジェによるバンド・デシネ作品”タンタンの冒険旅行”シリーズの、”なぞのユニコーン号”、”レッド・ラッカムの宝”、”金のはさみのカニ”を原作にしたアニメーション作品。
ハリウッドのヒットメイカー、スティーヴン・スピルバーグピーター・ジャクソンが組んだ、3D作品として大きな話題となった。
少年記者タンタンが、偶然、手に入れた帆船の模型に隠された秘密と、財宝を巡る陰謀を描いたアクション・アドベンチャー大作。


アクション/アドベンチャー

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴン・スピルバーグ

製作総指揮
ケン・カミンズ
ニック・ロッドウェル
ステファーヌ・スペリ
製作
スティーヴン・スピルバーグ
ピーター・ジャクソン
キャスリーン・ケネディ
原作:エルジェタンタンの冒険旅行”-
脚本
スティーヴン・モファット
エドガー・ライト
ジョー・コーニッシュ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
タンタン:ジェイミー・ベル
アーチボルド・ハドック船長/フランソワ・ド・アドック:アンディ・サーキス
イワン・イワノヴィッチ・サッカリン/レッド・ラッカム:ダニエル・クレイグ
デュポン/トンプソン:サイモン・ペグ
デュボン/トムソン:ニック・フロスト
アリスティデス・シルク:トビー・ジョーンズ
デラクール中尉:トニー・カラン
バーナビー・ドーズ:ジョー・スター
ネストル/クラブツリー:エン・リーテル
ビアンカ・キャスタフィオーレ:キム・ステンゲル
オマル・ビン・サラード:ガッド・エルマレ
トム:マッケンジー・クルック
アラン:ダニエル・メイズ
パイロット:ケイリー・エルウィス
パイロット:フィリップ・リス
ユニコーンの船員:ロン・ボッティータ
蚤の市の似顔絵描き:ネイサン・マイスター

アメリカ/ニュージーランド 映画
配給
パラマウント・ピクチャーズ
コロンビア・ピクチャーズ
2011年製作 107分
公開
北米:2011年12月21日
ニュージーランド:2011年12月26日
日本:2011年12月1日
製作費 $130,000,000
北米興行収入 $77,591,800
世界 $373,994,000


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞

・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ヨーロッパのある町。
少年記者タンタン(ジェイミー・ベル)と愛犬スノーウィは、蚤の市楽しんでいた。

似顔絵を描いて見らっていたタンタンは、ある帆船の模型が目に留まる。

タンタンは、17世紀に、忽然と姿を消したいわれる伝説の帆船“ユニコーン”の模型を手に入れる。

その直後、見知らぬ男バーナビー・ドーズ(ジョー・スター)が現われ、タンタンの支払った倍額で模型を買おうとする。

それを断るタンタンに、バーナビーは危険を知らせ、その船を手放すようにとタンタンに警告する。

更に、怪しげな男イワン・イワノヴィッチ・サッカリン(ダニエル・クレイグ)がタンタンに近づく。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
少年記者タンタンは、蚤の市で帆船”ユニコーン”の模型を手に入れるが、次々とそれを買取ろうとする者が現われる。
タンタンは、17世紀に姿を消したユニコーンに、何かが隠されていたことを知るが、帆船は盗まれてしまう。
それを手に入れようと、蚤の市で近づいてきた男サッカリンの住居の城に向ったタンタンは、その場にも同じ模型があることを知る。
城の執事ネストルの言葉で、模型の折れたマストに何かが隠されていたことを知ったタンタンは、愛犬スノーウィが場所を知っていた、ケースに入った羊皮紙見をつけるある言葉と記号を確認したタンタンだったが、蚤の市で声をかけてきたインターポールのバーナビーが、家に現われた直後、目の前で殺される。
タンタンは、インターポールのデュポンとデュボンから、バーナビーがこの件を捜査していたことを知らされるのだが、羊皮紙を財布ごとスリに盗まれてしまう。
その後タンタンは、サッカリンに誘拐され、貨物船”カラブジャン”に監禁される。
そしてタンタンは、監禁されえていた、ユニコーンの船長アドック卿の子孫ハドック船長と共に、3つあった帆船の模型を探すため、サッカリンの目的地を知り、貨物船を脱出するのだが・・・。
__________

スティーヴン・スピルバーグが、長年温めていた企画だけに、彼自身初となるフル・デジタル3D他の最先端の技術を駆使した迫力映像と、奇想天外なファンタジックなストーリーを大いに楽しめる。

当然ながら、原作のキャラクター・イメージがあるので、登場人物を俳優に似せているわけでもなく声だけの出演となっている。

実写でも作れそうな雰囲気もあるが、アニメーションでしか表現できない映像や、個性溢れる多くの登場人物、一人一人の描写も実に細かく表現されていて、あらゆる年齢層が楽しめる、一級の作品に仕上がっている。

撮影のヤヌス・カミンスキー、編集マイケル・カーン、音楽ジョン・ウィリアムズ、そして製作のキャスリーン・ケネディなど、スピルバーグの盟友達が顔を揃えている。

第84回アカデミー賞では、作曲賞にノミネートされた。

意外だったのが北米興行収入で、これだけの話題作にも拘らず、約7600万ドルと平凡な結果に終わった。
しかし、全世界では、約3億7400万ドルのヒットとなった。

快活な少年記者タンタン(英語発音ではティンティン)ジェイミー・ベル、大活躍する、人間味溢れるハドック船長とアドック卿のアンディ・サーキス、その宿敵であるサッカリンとラッカムのダニエル・クレイグインターポールの二人デュポン/トンプソン(英語名)のサイモン・ペグとデュボン/トムソン(英語名)ニック・フロスト、スリのトビー・ジョーンズ、外人部隊の指揮官トニー・カラン、殺されてしまうインターポールのジョー・スター、アドック卿の城の執事アストルとユニコーンの船員のエン・リーテル、オペラ歌手キム・ステンゲル、アラブの豪商ガッド・エルマレ、貨物船”カラブジャン”の船員役マッケンジー・クルックダニエル・メイズ、貨物船の水上機パイロット、ケイリー・エルウィスフィリップ・リス、ユニコーンの船員ロン・ボッティータ、蚤の市の似顔絵描きネイサン・マイスターなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up