4217 Movies

脳内ニューヨーク Synecdoche, New York (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人生や仕事に行き詰った劇作家が、本来の自分を表現する壮大な構想を実現しようとする姿と人生を描く、製作、監督、脚本チャーリー・カウフマン、主演フィリップ・シーモア・ホフマンサマンサ・モートンミシェル・ウィリアムズキャサリン・キーナーエミリー・ワトソンダイアン・ウィーストジェニファー・ジェイソン・リー他共演のドラマ。


ドラマ

エミリー・ワトソン / Emily Watson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:チャーリー・カウフマン
製作総指揮:ウィリアム・ホーバーグ
製作
チャーリー・カウフマン

スパイク・ジョーンズ
シドニー・キンメル
脚本:チャーリー・カウフマン
撮影:フレデリック・エルムズ
編集:ロバート・フレイゼン
音楽:ジョン・ブライオン

出演
ケイデン・コタード:フィリップ・シーモア・ホフマン

ヘイゼル:サマンサ・モートン
クレア・キーン:ミシェル・ウィリアムズ
アデル・ラック:キャサリン・キーナー
オリーブ:ロビン・ワイガート
オリーヴ(幼少期):セイディ・ゴールドスタイン
タミー:エミリー・ワトソン
ミリセント・ウィームズ:ダイアン・ウィースト
マリア:ジェニファー・ジェイソン・リー
マドレーヌ・グラヴィス:ホープ・デイヴィス
サミー・バーナサン:トム・ヌーナン
フランセスを演ずる女優:アリス・ドラモンド
エレンの母:ディアドラ・オコネル

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス

2008年製作 124分
公開
北米:2008年10月24日
日本:2008年11月14日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $3,081,930


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
劇作家ケイデン・コタード(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、画家である妻アデル(キャサリン・キーナー)と娘オリーヴ(セイディ・ゴールドスタイン)とで郊外に暮していた。

ある朝、洗面台の水道の蛇口が額に当たり、ケイデンは怪我をしてしまう。

外科医から眼科へ行くよう言われたケイデンは、さらに検査のために神経科を勧められる。

体調不良を抱えていたケイデンは、鬱病にもなりかけていた。

新しい舞台が上演されたケイデンは、自分の演技に満足出来ず、気落ちする出演女優のクレア・キーン(ミシェル・ウィリアムズ)を慰める。

ケイデンは、劇場の切符売り場で働くヘイゼル(サマンサ・モートン)が、自分に好意を持っていることを知りつつも、 それを受け入れることが出来ない。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
働き盛りの劇作家ケイデンは、体調不良などもあり覇気のない毎日を送る。
ケイデンの新作舞台を見た画家でもある妻アデルは、彼の現在をそのまま物語ったような内容に失望して、個展のために向かうベルリンに娘を連れて行く。
夫婦別居状態となったケイデンはショックを受け、彼に言い寄る、劇場で働いているヘイゼルの誘いにも気乗りしない。
そんな時ケイデンは、”マッカーサー・フェローシップ/天才賞”を受賞して大金を得ることになる。
そこでケイデンは、自分の真の姿を投影する、新作舞台作りの構想を思いつくのだが・・・。
__________

マルコヴィッチの穴」(1999)、「アダプテーション」(2002)、「エターナル・サンシャイン」(2004)など、奇想天外な脚本で注目をのチャーリー・カウフマンの監督デビュー作品。

構想と現実の生活、そして人間関係が複雑化していく後半は、限りなく広がる発想が予想不可能に発展していくストーリーで、いかにもチャーリー・カウフマン作品らしい仕上がりとなっている。

壮大なプロジェクトが進められる、現場となる採算を度外視した巨大倉庫のセットなども圧巻で、演技派、実力派スター競演のキャストも注目だ。

夫婦間を含めた最悪な人間関係と健康状態、そして、無気力感から鬱病寸前の劇作家を演ずるフィリップ・シーモア・ホフマンの、感性が伝わる確かな演技力は見ものだ。

結局は他の男性と結婚するものの、主人公を想い長い付き合いとなり、彼の傍らで息を引き取るサマンサ・モートン、主人公に励まされる立場の女優から妻になるミシェル・ウィリアムズ、先妻で序盤のみの出演となるキャサリン・キーナー、娘役のロビン・ワイガート、同じく幼少期セイディ・ゴールドスタイン、舞台の中でヘイゼル(S・モートン)を演ずる、個性派女優エミリー・ワトソン、同じく女優のダイアン・ウィースト、先妻(C・キーナー)の友人の芸術家役ジェニファー・ジェイソン・リー、セラピストのホープ・デイヴィス、舞台で主人公を演ずるトム・ヌーナン、掃除人を迎える女優アリス・ドラモンド、掃除人の母役の女優ディアドラ・オコネルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020